2022.7.4 Mon. Update
NEWS undefined

主題歌はコロナ禍に曲を作り始めた超新人!
突如現れ、音楽業界で注目を集めるidomがドラマ主題歌を担当!
デビュー前のZ世代ソロアーティストとして
史上初『月9ドラマ』の主題歌に抜てき!

『競争の番人』<7月11日(月)スタート 毎週(月) 21時~21時54分※初回30分拡大>では、主題歌を担当するアーティストが idom(イドム)さんに決定しました。idomさんは、現在、デビュー前のインディーズでの活動ながら、驚異の才能を持つ新人アーティストとして音楽業界で注目を集めています。その理由は、彼の音楽の才能だけではなく、現在我々が直面している、生活する上で常に意識しなければならなくなった新型コロナウイルスの影響で音楽活動を始めたという、時代性のあるバックボーンも話題になったから。月9ドラマ主題歌に起用されることとなった“コロナ自粛中に曲を作り出した超新人”idomさんとは一体何者なのでしょうか?  また、デビュー前のZ世代ソロアーティストで『月9ドラマ』の主題歌を担当するのは史上初となります。

兵庫県神戸市生まれ、岡山県在住24歳のidomさんは、大学時代にデザインを専攻し、2020年4月からイタリアのデザイナー事務所に就職する予定でしたが、新型コロナウイルスの影響でイタリアへ行くことを断念。自粛期間も重なり、空白となった時間を埋めるべく、以前から興味があった音楽制作に初めて挑戦。活動を始めてから約1年でリリースした『Awake』の全編英語の歌詞やシンセサイザーによる壮大なサウンド、R&BやHIP HOPなど、ジャンルの垣根を超えた楽曲が注目を集めました。既にCMのタイアップソングに起用されるなど、早くも活躍しつつある新進気鋭かつベールに包まれた謎多きアーティストidomさんが放つ月9主題歌のタイトルは『GLOW』。新型コロナウイルスにより挫折を味わい、そこからまた立ち上がるために音楽活動を始めたidomさんが制作したこの曲は、“たとえ弱くても不正と戦い、弱者に寄り添う”ダイロクの姿を想起させ、人々にとっての希望の楽曲となること間違いなし!  気になるその楽曲は7月11日(月)の『競争の番人』第一話の放送をもっての解禁となりますので、初回放送をお見逃しなく!  

idomさんコメント

音楽を始めて日の浅い僕のような無名アーティストを月9ドラマという大きな場で起用する決断をしてくださった方々に本当に感謝しております。これまでにない挑戦を出来ることがすごくうれしかったです。聴く人を勇気づける “応援歌”のような楽曲をリクエスト頂いたのですが、僕の中で “強さ”は辛い経験や、自分自身の弱さを乗り越えようとする姿なのではないかという思いがありました。楽曲全体を通して仲間という “光” と共に、弱い自分自身を乗り越えようとする姿を曲にしました。ぜひドラマと共に『GLOW』という曲も楽しんでいただけるとうれしいです。

野田 悠介プロデューサー

本作は“弱くても、戦え!” をテーマにしており、どれだけ傷付いても、切り裂かれても一歩前に進む。そんな人の背中を押せる楽曲を作りたいと思っていました。そんな中でidomさんの『帰り路』を聞いた時のはかなさや弱さを抱えている歌声がこの作品に合うのではないかと思い、idomさんにお願いをさせて頂きました!  もがき苦しみながらも希望や光を見つけ、戦おうと鼓舞される素敵な楽曲に仕上げて頂きましたので、7月11日の初回放送を是非お楽しみに!

バックナンバー