フジテレビ開局60周年特別企画「教場」主演:木村拓哉、脚本:君塚良一/2020年 新春放送

トピックス

イントロダクション

主演・木村拓哉、脚本・君塚良一という豪華初タッグのスペシャルドラマが実現する!原作は「週刊文春ミステリーベスト10」(2013年)第1位、「このミステリーがすごい!」(2014年)第2位を獲得し、2013年にミステリー界の話題を総ざらいした長岡弘樹の『教場』(きょうじょう)。警察小説の新境地としてベストセラーとなりシリーズ化、多くのファンの間で映像化が待ち望まれてきた作品だ。待望の初映像化にあたり、主人公のカリスマ教官を演じるのは、日本を代表するトップ俳優、木村拓哉。数多くの大ヒット作で主演を張り、検事、総理大臣、天才外科医、ボディーガードなど多彩な主人公を演じてきた木村が、今回、ヒーローではなく“謎に満ちたヒール”に挑み、他を寄せ付けない凄(すご)みのある圧倒的な姿で、これまでにない冷酷無比な役どころを演じる。そして、脚本を手がけるのが『踊る大捜査線』シリーズのヒットメーカー君塚良一。木村とは初タッグとなる。また、木村とは『若者のすべて』(1994年)、『眠れる森』(1998年、主演)、『プライド』(2004年、主演)などの作品で共に伝説を作ってきた中江功が演出を手がけ、総計4時間越えの大作となる今作をフジテレビ開局60周年特別企画として2020年新春に二夜連続放送でお送りする。

“風間教場”を生き抜けるか? 極上のサスペンス。

教場相関図

教場相関図

警察学校という密室…そこで、何が起きたのか。

“教場”と呼ばれる警察学校の教室。冷酷無比な教官・風間公親(かざま・きみちか/木村拓哉)が務める初任科第198期短期課程の教場では、生徒たちが日々、早朝6時起床から激しいトレーニングにさらされている。何より厳しいのがルール厳守。その行動は、常に監視体制に置かれ、誰かのミスは連帯で責任を負う。「警察学校は適性のない人間をふるい落とす場である」と考える教官・風間は、生徒がトラブルを抱えた途端、退校届を突きつける非常な男だ。そんな辛苦ともいえる究極の試練が待ち受ける警察学校には、様々な背景を持つ生徒たちが様々な動機で集まってきている。また、警察学校という閉塞(へいそく)した極限状態で生徒たちが抱える葛藤も様々。教場という名のサバイバルゲームを生き抜くため、生徒たちの秘密と思惑が渦巻く中、窃盗、薬物、ガス中毒、傷害といった事件が次々と巻き起こっていく…。“風間教場”のクラスメートは30人。果たして何人が最後までふるい落とされずに生き残り、誰が卒業証書を手にすることができるのか?さらに風間は、生徒たちが起こす様々な事件、複雑に絡み合った真相をそれぞれ解決していくことはできるのか?そして、生徒たちに非常識ともいえる謎の試練を与え続ける風間の真の狙いとは?

警察学校は生徒をふるいにかける場所…木村演じる冷徹な教官・風間。

木村拓哉演じる教官・風間公親は、クールで落ち着いた物腰の教師であり、卓越した観察眼と推理力を備えた名探偵でもある、謎に満ちた存在だ。学生を恫喝するようなことはないが、何を考えているかが全くわからない孤高の男。警察学校内にある花壇で花に水をやりながら、学生の動向を鋭く観察している。「警察学校は生徒をふるいにかける場所」という考えのもと、生徒たちの深層心理に迫る。冷徹なまでのリアリズムは生徒たちを震撼させるが、本質を見極めているからこそ、警察官に向いていないと判断した生徒を徹底的にはじき出す。なぜなら現場に立つ警察官にとって小さなミスも命とりになるから。また風間は、とある一部の生徒にはマンツーマンで指導にあたる。まさに修羅場ともいえる試練を与え、極限まで追い詰め、心を折ることも辞さない。風間の真の意図とは…? 果たして風間の指導を受けた生徒たちは、“覚醒"し、自らの本質に気づくことができるのか?

厳しすぎる警察学校…現代社会に一石を投じる問題作。

警察学校という場所がクローズアップされることも新鮮な上、その実態がリアルに描かれ過ぎているとも言える今作。何より厳しすぎる規律、守れなかった際の厳罰制度、絶対服従の上下関係など、そのリアルな描写は一見、前時代的とも言えるほど壮絶なため、体罰問題、働き方改革といった世論が高まる昨今の社会に一石を投じ、論争を巻き起こし得るテーマである。人権意識、民主主義的感覚を奪い、上下関係に忠実な人間に調教する場と捉えられても過言ではない厳しさを持つ警察学校だが、それは何より現実の社会で市民と向き合い“法律の番人”となる警察官だからこそ、自らを律する必要があるためだ。脚本の君塚、演出の中江をはじめとした強者(つわもの)揃いの制作陣のもと、そのような警察学校が抱えるリアリティーをあえて描ききる衝撃の問題作にぜひご注目いただきたい。

大型エンターテインメント企画、始動。

木村は今回の“風間公親”に並々ならぬ思いで挑んでいる模様。脚本がまだできていない段階から実際の警察学校へ視察に訪れ、本物の『教場』を目の当たりにし、プロデューサーや監督と細かい設定や過去などを話し合い、脚色を加え原作とはまた違う“風間像”をスタッフとともに作り上げている。クランクイン前には警察学校の所作訓練にも積極的に参加、生徒役のキャストと共に厳しい訓練を受けて撮影に臨んでいる。

2020年の新春を飾るフジテレビ開局60周年特別企画『教場』は、稀代のトップ俳優・木村拓哉が冷徹な教官を演じ、警察ドラマの新境地を切り開くエンターテインメント超大作。ご期待いただきたい。

キャスト

木村拓哉


工藤阿須加

川口春奈

林 遣都

葵 わかな


井之脇 海

西畑大吾(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)

富田望生

味方良介

村井良大


佐藤仁美

和田正人

石田明(NON STYLE)

高橋ひとみ


筧利夫

光石研(友情出演)


大島優子

三浦翔平


小日向文世


スタッフ

原 作
長岡弘樹『教場』シリーズ(小学館)
脚 本
君塚良一
演 出
中江 功
プロデュース
中江 功 西坂瑞城 髙石明彦(The icon)
制作協力
The icon
制作著作
フジテレビ

Twitter