松岡修造のくいしん坊!万才

毎週日曜 ひる11時45分

これまでの放送内容

20214月〜5
千葉・安房特集

女性漁師さんが定置網で獲った朝獲れピチピチの地魚
2021516日放送
千葉県館山市
女性漁師さんが定置網で獲った朝獲れピチピチの地魚
定置網とウスバハギ
定置網とウスバハギ
千葉県・房総半島の南端は、潮通しが良く、一年を通しておいしい魚が水揚げされます。その中の伊戸という小さな港に、全国的にも珍しい若い女性の漁師さんがいます。彼女は生まれも育ちも東京都。魚が好きで沖縄に移住し、ダイビングのインストラクターをしていましたが、魚への愛が止められず、もっと魚と密な関係を目指し「漁師になりたい!」と一念発起。昨年6月から住まいを移して伊戸で漁師生活を送っています。今回は、彼女が定置網で獲ったピチピチのウスバハギをごちそうしてくれました。獲れたその日は身が透明な刺身は、ねっとりとした舌触りと甘みがたまりません。まかないで良く食べるというみそ汁は、上品な良いだしが出ています。骨も多くなく、身離れが良いので、唐揚げや煮付けにしてもおいしいんだそうです。あまり流通しない魚ですが、彼女のがんばりを通して新たなおいしさに出会えました。
千葉県館山市伊戸963-1
「漁港食堂だいぼ」
梅木 蘭さん
TEL:0470-29-1221
202159日放送
千葉県館山市
ネットで検索しても出てこない台湾グルメ
ローポースタン
ネットで検索しても出てこない台湾グルメ
ローポースタン
タピオカをはじめとするスイーツや「滷肉飯(ルーロー飯)」など、近年日本でも注目を集める台湾グルメですが、日本人が知っている料理はお店や屋台で食べられるものが中心です。今回は台湾出身の葉さんに「日本でこの料理出してる店見たことない」かつ「友人に振舞うと一番人気」という郷土料理「ローポースタン」を教えて頂き、一緒に作りました。ローポースは「大根」、タンは「湯」の意味で、「大根団子のスープ」といった感じ。粗くすりおろした大根に塩を加えて水分を絞り、干しエビや干しシイタケ、紫玉ねぎ、ひき肉などを加えて団子にした後、10分程蒸してスープを加え、さらに加熱したら出来上がり。味の決め手はスープに白だしを入れること。そこまで複雑なレシピじゃないのに、すごく複雑に絡み合う多彩な味に自分でもビックリ!おうちで台湾気分を味わえる最高の一品です。
千葉県館山市
「グッディプラン」
葉 思妤さん
TEL:0470-29-7364
202152日放送
千葉県南房総市
南房総の旬を盛り込んだおもてなし料理
出張女将料理
南房総の旬を盛り込んだおもてなし料理
出張女将料理
都内の料亭で女将として働いた後、千葉県へ移住したことを契機に「出張女将」を始めた木村さん。お店を持たず、依頼のあった場所へ出向き、依頼主ごとのリクエストに沿ったその日のみの2つとない料理を振舞っています。今回は「僕、松岡修造をおもてなしする春の野草を使った里山料理」をご考案いただきました。ビーツを和風だしで合わせたすり流しやサザンカの花びらを甘酢漬けにした手毬寿司、筍とつくしの茶碗蒸しなど、オリジナル料理のクオリティの高さは驚きの一言!更に、器も全て女将の手作りというから半端なこだわりではありません。おいしい料理とおもてなしの行き届いた接客で、どんな場所でも料亭にいる気分にさせてくれます。
千葉県南房総市
木村 優美子さん
Mail:yumi.luglio20825.sett@gmail.com
2021425日放送
千葉県南房総市
里山で仲間と楽しむ!アメリカンスタイルのジビエバーベキュー!!
ジビエBBQ
里山で仲間と楽しむ!アメリカンスタイルのジビエバーベキュー!!
ジビエBBQ
千葉県南房総市のヤマナハウスは、東京に住む人や移住者、地元の人々が集まるコミュニティスペース。築300年の古民家でDIYをしたり、畑で野菜を育てたり、裏山でイノシシを獲ったり…まるで子供の頃に憧れた“秘密基地”に集う「大人の部活動」。今回はヤマナハウスに集う「南房総BBQ協会」の皆さんと一緒にイノシシ肉のBBQを楽しみました。日本で一般的なBBQとは違い、アメリカ式BBQをマスターした彼らの手にかかれば、「臭い」「硬い」といわれるイノシシ肉も、高級フレンチ店顔負けのごちそうに。火入れ加減が絶妙で、肉はやわらかく、脂はしたたるほどジューシー!衝撃のおいしさです。野菜やフルーツも切らずに丸ごと蒸し焼きにすることで、素材の旨みが凝縮されます。のどかな田舎の風景の中で解放感に包まれ、こんなにおいしい料理が食べられるなんて最高ですね。
千葉県南房総市山名1395
「ヤマナハウス」
永森 昌志さん
Mail:yamanahouse@gmail.com
2021418日放送
千葉県館山市
鮮魚にこだわり地元の定置網を買い取る宿の絶品料理
金目鯛琥珀煮
鮮魚にこだわり地元の定置網を買い取る宿の絶品料理
金目鯛琥珀煮
料理自慢の宿は数あれど、ここまで食材にこだわった旅館もそうありません。千葉県館山市の「海の湯宿 花しぶき」は、魚の質と新鮮さを追求するあまり、地元の定置網を買い取って運営しているというこだわりぶり。漁師さんたちも「漁協の組員」ではなく宿を運営する会社の「社員」なので、「おもてなしは海から始まっている」と魚を丁寧に扱います。地魚を中心としたお造りやイセエビの鬼殻蒸しから始まり、映える料理のオンパレード。中でも料理長が生み出した宿の名物「金目鯛琥珀煮」は迫力満点!キレイな金目鯛の赤色とフォルムは食べるのがもったいないくらいです。一般的な煮付けと違って白しょうゆで煮ているので、見た目もキレイで味もさっぱり。食べ進むうちに味付けがくどく感じることもありません。「飽きない料理」をコンセプトに考案されただけあって、気付けば箸は止まらず最後までおいしく完食、という逸品です。
千葉県館山市塩見233-4
「海の湯宿 花しぶき」
及川 真衣さん
Tel:0470-29-0236
2021411日放送
千葉県館山市
菜花農家が教えてくれた菜花の一番おいしい食べ方
菜花のイカメンチ
菜花農家が教えてくれた菜花の一番おいしい食べ方
菜花のイカメンチ
千葉県は食用菜花の生産量日本一!中でも館山市や南房総市は一大産地で、温暖な気候と日当たりの良い土地が生産に適しています。春を感じさせる食材として人気ですが、おひたしや辛子和えなど、和え物レシピがメジャーなイメージです。しかし、菜花農家の加藤家で伺うと「一番おいしいと思うのはイカメンチ」。今回はその加藤家イチ推し料理にチャレンジしました。菜花の茎を5mm幅に切り、葉はみじん切りに。フードプロセッサーにかけたイカと玉ねぎ、小麦粉、塩、こしょうを加えて丸めた後、溶き卵にからめてパン粉をまぶします。あとは高温の油でキツネ色になるまで揚げれば完成。油を通すことで菜花の旨みが増し、サクサクジューシーな食感もおいしさに拍車をかけます。ソースをかけてもおいしいですが、オススメはしょうゆ。上品で一気に料亭の味に変身します。「農業が楽しい」と語る若手農家の加藤さんの笑顔もまた印象的でした。
千葉県館山市北条2542-23
「加藤菜園」
加藤 博光さん
Tel:0470-24-2403
202144日放送
千葉県館山市
ワインで有名な東ヨーロッパの小国 モルドバのイースター料理!
モルドバのイースター料理
ワインで有名な東ヨーロッパの小国 モルドバのイースター料理!
モルドバのイースター料理
最近、日本でも人気のイースター。今年のイースターは今日4月4日ということで、モルドバご出身の羽山アンナさんとご主人にモルドバのイースター料理をごちそうになりました。日本人にはあまり馴染みのない国ですが、ルーマニアの文化を中心に旧ソ連の文化がブレンドされた国というイメージです。モルドバでのイースターの過ごし方は、家族そろって料理を持って教会へ行き、家に戻って朝からワインとともにその料理を食べるんだそう。見知らぬ国の料理というのは、それだけでワクワクします。まずはお祭りに欠かせないというモルドバ風ロールキャベツ「サルマーレ」。モルドバではパプリカの中に具材を詰め、お米を入れるところも特徴的。ケーキのような華やかな見た目の甘いパン「コゾナク」との相性も抜群です。イースターエッグは幸運の色とされる赤に色付けされていて、家族みんなでぶつけ合い「誰が最後まで割れないか」を競う遊びも楽しみの1つ。僕たち3人の中ではアンナさんが優勝!笑顔いっぱいで幸せなイースターでした。
千葉県館山市 
羽山 アンナさん