スペシャルドラマ 炎の経営者 3月19日(日)16時~17時25分

トピックス

2017.3.1

s出演者からコメントが届きました!

真田幸造役山口智充さん

台本を読んだ感想

自分の好きな世界観だったのでスーッとカラダに馴染みました! 仲間とは?優しさとは?情熱とは?人から信頼される生き方とは? いつの時代にも大切な要素が詰まったストーリーだとおもいました。

演じる上や役作りでこころがけられたこと

軽すぎず、重すぎず、破天荒さもあるんだけど、人格者。そんな雰囲気を意識しました。

演じられた感想

将棋の指し方を初めてプロの方に習いました。なぜパチン!っていうのかがわかりました。

今作品の見どころと視聴者の方々へメッセージ

移り行く時代の中で人と人とがしっかりと向き合って生きている姿はまさしく今、この時代に見るべきものであると思います。

谷田部さと子役戸田菜穂さん

台本を読んだ感想

戦中戦後、これほどまでに心血を注いで日本の科学技術の発展のために生きた男たちの姿にしびれました。昔の男の人たちは骨太でかっこいいなあと‼︎と。

演じる上や役作りでこころがけられたこと

谷田部のわずかな変化にも気付く妻。なにがあっても明るく支える強い女性だと心して演じました。

演じられた感想

仕事一筋、会社のため、日本の石油化学工業の発展のために命を掛けた夫を心から尊敬し、愛したのだろうと実感しました。

今作品の見どころと視聴者の方々へメッセージ

日本の高度成長期を支えた男たちの生き様、タフさ、命掛けの姿に感動してもらえると思います。

永田重男役柴俊夫さん

台本を読んだ感想

高度成長期に多感な少年期を過ごし、社会から恩恵を受けた一人ですが、日本と云う国が敗戦から立ち上がろうとした時、未来の日本の為にと経済界の人達が注いだエネルギーこそが、現在の日本の礎なのだと、戦争で生き残った人達が戦死者の代わりに技術の日本を構築しようと必死だったのだと心に刻みました。

演じる上や役作りでこころがけられたこと

日本をリードすると云うのはどう云う事なのか、骨太な精神を持つ人間とは、太極をみつめ直観力を持つ人間とは。人の良さの中にも、優しさの中にも、計算高さをもつ人間とは。

演じられた感想

人を信じ、革新とは何かを問い、常に試行錯誤しながらも前に進む昭和の経済界の傑人の精神を視聴する方々に伝えられたか。
優しさ、温厚の中に計算されたクールな部分を表現できたか。難しいですね(笑)。

今作品の見どころと視聴者の方々へメッセージ

主人公が信念を曲げず、心で交渉に臨むシーンが幾つもあります。心は人の心を動かす。信念のある技術を訴え続ける。将に技術の日本を鼓舞する主人公の姿ではないでしょうか。そんな中に、今だからこそ、物創りの日本、技術の日本の原点を視て頂きたいと思います。