UPDATE:2020/8/21

ガチャピンムック
初の常設ミュージアム!

ガチャピン・ムック ミュージアム ロゴ

1973年に放送を開始した、フジテレビの幼児教育番組
『ひらけ!ポンキッキ』から生まれたキャラクター

ガチャピンムック

その思い出を、懐かしい映像や当時の衣装、
小道具等で紹介していくミュージアムが、フジテレビ5Fにオープンしました。

「ひらけ!ポンキッキ」からのたくさんの歌と、
「チャレンジ」の名シーンを貴重な映像と写真で紹介。

さらにはガチャピン・ムックと一緒に写真が撮れるARフォトスポットや、
ミュージアム限定のグッズが買える物販コーナーもオープン!

ガチャピン・ムックの魅力にあらゆる角度から迫っていきます。

ガチャピン・ムック

© ガチャムク

OPEN
11:00~17:00

※最終入場は16:30(夕方4時半)
※月曜休館(月曜祝日の場合は翌日休館)

場所
フジテレビ本社5階
「フジテレビギャラリー」

料金

一般(高校生以上) ¥400(税込)
小中学生 ¥100(税込)

球体展望室「はちたま」との
セット券販売
一般(高校生以上)¥1,000(税込)
小中学生 ¥500(税込)

① ウェルカムストリート

グラフィックデザイナー・廣田碧(ひろたみどり)さんの手書き看板がお出迎え。

ゲートまでの壁面には「ひらけ!ポンキッキ」から始まる47年の歴史を振り返る懐かしい写真の数々が!

ウェルカムストリート

② はじまりの部屋

ブラウン管型巨大オブジェをくぐると、ガチャピン・ムックのウェルカム映像が放映され期待度 UP!

さらに本型オブジェには、ガチャピン・ムックの歴史を辿る懐かしい&貴重な映像が!

はじまりの部屋

③ ヒストリーロード

年表パネル&貴重なセット図面、当時のグッズ等を展示。

併せて、ガチャピンの進化のヒミツに迫ったコーナーでは、恐竜から進化したガチャピンの祖先の模型等も展示!

ヒストリーロード

④ ARフォトスポット

「ガチャピンちゃんねる」と同じセットを背景に、AR(拡張現実感)で登場した「ガチャピン・ムック」と写真撮影が楽しめるコーナー。

撮った写真はスマートフォンで持ち帰る事が出来ます!

ARフォトスポット

⑤ ヒットメドレー

「ひらけ!ポンキッキ」をはじめとする「ポンキッキシリーズ」で人気を博した名曲の映像を一挙大公開!

番組で実際に使用された衣装や貴重なレコード、CDジャケットも展示!

ヒットメドレー

⑥ ガチャピン・チャレンジ

何にでもチャレンジしてきたガチャピンの好奇心と驚異的な身体能力に焦点を当てたコーナー。

チャレンジ映像はもちろん、実際に使用したガチャピンの空手着やヘルメット等も展示。

ガチャピン・チャレンジ

⑦ ガチャピン・ムック NOW

二人の初冠番組BSフジの『ガチャムク』や、「YouTuber」としての活躍シーン、「みんなの防災」の活動報告等を合わせて、
「ガチャピン・ムックの現在」を紹介するコーナー。

ガチャピン・ムック NOW
NEW

⑧ ガチャピン・ムックの
大きな魔法の壁

大きな壁の前で手や体を動かすと、魔法のように絵がかけたり、ガチャピンとムックを自由に動かせます。運が良ければ、世界各国の衣装を着た、ガチャピン・ムックが見えるかも!

ガチャピン・ムックの大きな魔法の壁

⑨ 物販コーナー

新型コロナ感染拡大予防グッズ等の商品や、傘、ステーショナリーグッズ、ポストカード等、ミュージアム限定グッズを始めとする商品を販売。

UFOキャッチャー等のアミューズメントも!

物販コーナー

ロゴマーク&手書きによる看板を
制作いただいたのは
グラフィックデザイナーの
廣田碧(ひろたみどり)さん

logo

廣田碧 / Midori Hirota
(看板屋/グラフィックデザイナー)

デザイン事務所でグラフィックデザイナーとして活動後、2015年から家業である看板屋「看太郎」の2代目を 継ぐ。店舗やブランド、イベント、展示などのロゴ・VIのデザインを手がけながら、看板を主軸に、手描きのレタリングやドローイング、グラフィックといった平面のデザインを、さまざまな素材・媒体を用いて空間へ展開することを試み、デザイン、製作、施工までの工程を一貫して担う。 看板が持つメディアとしての可能性を探求するための自主企画として『超看板』を2017年と2020年に開催、現在は衰退しつつある看板のペイント技術の普及も目指している。

新型コロナウイルス感染症対策について

最終更新日:2020.7.31

「フジテレビギャラリー」では、
下記の新型コロナウイルス感染拡大防止対策を
講じております。

  • 【来館されるお客様へのお願い】
  • 発熱や風邪、体調がすぐれないお客様は来館をお控えください。
  • 入口にて検温させていただきます。
    37.5度以上の発熱があるお客様のご入場はお断りさせていただきますので、予めご了承ください。
  • マスク着用をお願い致します。
    未着用の方のご入場はお断りさせていただきます。
  • こまめな手洗い・手指消毒にご協力ください。
  • ミュージアム内では、可能な限り、他のお客様と間隔(2m程度)を空けてご鑑賞ください。
    また、展示室内の混雑をさけるため、やむを得ず入場制限を行う場合があります。
注意事項 注意事項 注意事項 注意事項 注意事項
  • 【当館での取り組み】
  • ミュージアム入り口付近にサーマルカメラを設置するほか、各所に消毒液を設置し、各トイレには液体石けんを備え、お客様にご利用いただけるようご案内します。
  • 館内の券売機、自動ゲート、エレベーター、トイレなど多くのお客様が手を触れられる箇所は、消毒液などによる清掃を強化するとともに、清掃頻度を増やします。
  • スタッフはマスク着用のうえで案内いたします。
    また、こまめな手洗い、消毒液による手指の消毒を励行するとともに、毎日出勤前に検温を実施し、健康管理に努めます。

皆様にはご迷惑をおかけしますが、
ご理解いただきますよう
お願い申し上げます。