番組・イベント最新情報「とれたてフジテレビ」

2018.11.20更新

ドラマ

世界中で愛された名作がいま、蘇る!

フジテレビ開局60周年特別企画
『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』

  • 2019年1月6日(日)21時~23時54分

フジテレビ開局60周年特別企画として、来年1月6日(日)の夜にお送りする『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』。文豪ヴィクトル・ユゴーが1862年に発表した不朽の世界的名作「レ・ミゼラブル」を、平成30年間の日本を舞台に置き換えた大河エンターテインメントとしてお届けします。3時間にわたる大作を彩るのは、W主演を務めるディーン・フジオカさんと井浦新さんほか、個性豊かな17人のメーンキャスト。山本美月さん、吉沢亮さん、村上虹郎さん、清原果耶さん、松下洸平さん、清水尋也さん、福田麻由子さんら今をときめく若手俳優たちが揃うほか、長谷川京子さん、金子ノブアキさん、富田靖子さん、寺脇康文さん、伊武雅刀さん、かたせ梨乃さん、香里奈さん、奥田瑛二さんら豪華俳優陣が脇を固め、平成最後の年明けにふさわしい、重厚なサスペンスドラマをお届けします。

不朽の名作「レ・ミゼラブル」日本版

出版当初からフランス国内で爆発的な売り上げを記録したという「レ・ミゼラブル」は、今日まで最も親しまれる世界文学の一つです。日本でも1902年に「噫無情」の題名で黒岩涙香によって翻案されたこの名作は、世界中で映像化、舞台化が行われ、中でもミュージカル版は世界的大ヒットに。ブロードウェイほか世界各地で上演され続け、およそ40年もの間“世界で最も愛されたミュージカル”として、日本でも“レミゼ”の愛称で親しまれています。記憶に新しいところでは、2012年にヒュー・ジャックマン主演で上映されたミュージカル映画は世界中で大ヒットを記録しています。
18~19世紀のフランス革命の時代を舞台にした原作では、一斤のパンを盗んだだけで19年も投獄された男が脱獄後、一人の神父と出会い改心し、別人に名前を変え、成功を収めるも、自分を怪しむ警官の追及により正体が暴かれ、再び逃亡する前半、身分を隠して血のつながらない娘を育てあげ、やがて時代の波にのまれていく後半、と併せておよそ30年に渡るダイナミックな展開が描かれています。
『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』では、舞台を日本に移し、設定を平成の30年間に置き換えスペシャルドラマ化。宿命的に対峙することになる二人の男のたぐいまれなる人生を通じて、平成という激動の時代における様々な社会的事象を映しながら、暗闇の中でも希望の光を求め多種多様に交差する人々の心情を描いた物語です。主人公は、過去に罪を犯し、別人に成り代わって生き抜いた男と、その事件の被害者遺族で彼を生涯追い続けた刑事の二人。追う者と追われる者、互いに一歩も引かない心理戦が展開されます。

平成を舞台にした波乱の物語

【第1幕】の舞台は平成3年(1991年)~平成7年(1995年)の神戸。ある日、殺人犯の少年が刑務所から脱走したニュースが駆け巡ります。2年前、17歳の少年・馬場純が正当防衛の末、殺めてしまった相手は、母・結子を騙して全財産を巻き上げた男・斎藤太。病気の弟の手術費を稼ぐためアルバイトに精を出していた純でしたが、刑事罰となり、少年刑務所に入れられてしまいます。ある日、弟が危篤であることを聞かされた純は思わず脱走。けれども弟はすでに死亡していて…。絶望の淵で自殺しかけたところ、自立支援施設「徳田育成園」を営む徳田浩章に助けられ、身分を隠して育成園で暮らし始めます。そこで弁護士を目指す少年・渡辺拓海と出会うのですが…。もう一人の主人公は純が殺めてしまった男・斎藤の一人息子・斎藤涼介です。悪徳な両親と縁を切っていたものの、父親が殺された理由が投資詐欺を働いたせいだと世間に知られ、被害者遺族のはずがまるで加害者家族の様な報道被害にあってしまいます。そんな中、平成7年に起きた阪神・淡路大震災。未曾有の大震災が二人の少年の運命を大きく変えることに…。
【第2幕】は平成16年(2004年)の東京を舞台に、【第3幕】は平成30年(2018年)の福島が舞台です。二人の主人公の再会と、阪神大震災で決定的に変わった運命のその後が描かれ、世間から身を隠しながら生きる純と、純を追いかけ続ける涼介、そしてついに対峙する二人の男。30年にわたる長い旅路に打たれる衝撃的な終止符が描かれます。彼らを取り巻いてきた人々の思いを紡ぐ希望の光は、そこにあるのか…。感動のクライマックスにご期待下さい。

豪華17名のメーンキャストが集結!

別人に成り代わって波乱の人生を生き抜く馬場純(ばば・じゅん)を演じるのは、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』で一躍時の人となり、その後も、国際派ならではのマルチな才能を活かし、数々の作品に出演してきたディーン・フジオカさん。その知性的かつ華やかな魅力がさく裂した主演ドラマ『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』(4月期)で愛憎に満ちた復讐鬼を演じたのも記憶に新しいところです。
その逃亡者を憎しみで執拗に追い詰める刑事・斎藤涼介(さいとう・りょうすけ)を演じるのは井浦新さん。映画「ワンダフルライフ」(1998年)で主演デビューして以来、数々の映画やドラマに出演し、その確かな演技力と圧倒的存在感を見せ続け、来年1月15日(火)に放送を控える『カンテレ開局60周年特別ドラマ BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』の主演を務めることも決定しています。
病に倒れ、幼い娘を純に託すシングルマザー・不破唯(ふわ・ゆい)を繊細に演じるのは、『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』などで可憐なヒロインを数多く務めてきた山本美月さん。純朴な性格ながらも、ある日突然運命の渦に巻き込まれる、若き日の主人公・馬場純を演じる吉沢亮さんは、今年の公開作品だけでも7本の映画に出演し、その演技力に定評があります。その純の親友で物語のキーとなる渡辺拓海(わたなべ・たくみ)を演じるのはヨコハマ映画祭最優秀新人賞(2016年)や日本アカデミー賞優秀助演男優賞など数々の賞に輝く村上虹郎さん。映画「3月のライオン」(2017年)やドラマ『透明なゆりかご』(NHK)で話題を集めた清原果耶さんは、血の繋がりはなくとも純が大切に育て上げた娘・梢(こずえ)を演じます。梢と恋に落ちる若手政治家・碓氷慎(うすい・しん)には舞台やミュージカルで絶大な人気を誇る松下洸平さん。怒りを抱える若き日の斎藤涼介には映画「渇き。」や映画「ソロモンの偽証」などで強烈な印象を残してきた清水尋也さん。子役時代からNHK大河ドラマなど数々の大作に出演してきた福田麻由子さんは、慎に好意を寄せる田辺瑛里華(たなべ・えりか)を演じます。
唯に不法な保育料をつきつけ、少女・梢にも辛く当たる田辺真澄(たなべ・ますみ)を演じるのは長谷川京子さん。2000年のドラマデビュー後すぐにトップ女優の地位を確立、最近でも映画「光」やドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』(4月期)などで唯一無二の存在感を見せつけています。その夫で他人の蜜を吸って生きる田辺元(たなべ・はじめ)を演じるのは、ロックバンドRIZEのドラマーとして活躍する傍ら、個性派俳優としても名を馳せる金子ノブアキさん。最近では舞台「母と暮せば」など、慈愛に満ちた母親を演じ切った富田靖子さんは、純の母・馬場結子(ばば・ゆうこ)を演じます。そして、彼女を騙したことで純に殺められる極悪人・斎藤太(さいとう・ふとし)を、名優・寺脇康文さんが、数々の名作で演じてきた正義感あふれる役柄から一転して、怪演します。
さらに、元・大物代議士で、慎の祖父・碓氷太一郎(うすい・たいちろう)を演じるのは50年以上の俳優歴を持ち、長年ドラマや映画に欠かせない存在となっている俳優・伊武雅刀さん。映画「極道の妻たち」シリーズで大ブレイクして以降、豪胆な女性役を多く演じる一方で、ドラマ『白い巨塔』などでは悲運に暮れる切ない女性も見事に演じきった女優・かたせ梨乃さんは、息子・涼介を悩ます母・斎藤歌織(さいとう・かおり)を演じます。そして数々のドラマで主演やヒロインを演じ、モデル、女優として常に女性の憧れの存在である香里奈さんは、馬場純を影ながら支えつつも、大きな秘密を抱える切ない女性・佐山梨沙子(さやま・りさこ)を演じます。
絶望の淵に立たされた若き純を救う自立支援施設の園長・徳田浩章(とくだ・ひろあき)を演じるのは、日本を代表する俳優であるのみならず、国際的映画監督としてもその才能を発揮する奥田瑛二さん。主人公の人生を運命づける象徴的な人物として重要な役どころを担います。

骨太で重厚な見応えたっぷりのサスペンス・エンターテインメント『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』は、平成という時代の荒波と残酷な逆境の中、無垢な心と信念を持ち続け、辛くとも生きながらえた人々の物語。一筋の光に向かって歩み続けた、彼らの旅路にどうぞご期待下さい。

コメント

※【第1幕】クランクアップ済み、【第2幕】【第3幕】はクランクイン前のところでコメントをいただきました。

ディーン・フジオカ

「道を間違えた人間は、やり直せるのか。人は人を赦せるのか。華麗なる復讐が終わった後、私は再び世界的名作のリバイバル作品に携わらせていただくこととなりました。フランス文学「レ・ミゼラブル」のストーリーを元に、その舞台を文化や歴史的背景の全く違う日本に移した本作品にて、激動の平成を通して対峙する二人の男の間に存在する情念や、同時代に生きる人々と関わり合いから生まれる様々な感情のやりとりを表現することに徹したいと考えています。『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』で同じゴールに向かって一緒に戦い抜いたメンバー、初めてご一緒する並木監督、3年ぶりの共演になる井浦新さんや個性あふれるキャスト、スタッフの皆さんと共に新たな世界的名作シリーズに挑戦できることに喜びを感じています。平成最後の年明けに、平成の30年間を怒涛のように駆け抜ける本作品をご覧いただき、次の時代へ歩み出す勇気を感じて取ってもらえる事を願っています」

井浦新

「30年分の時間をかけてそれぞれの人生が交差していく物語です。その壮大な物語を演じていける、ということに大きなやりがいを感じています。斎藤涼介という男は、驚くほど臆病で、自分の弱い部分を人に見せないためにいろいろな言い訳を周りにも自分にもしてきた男です。たった一つの生きる糧が馬場純への復讐心。その純とどのような反響を見せられるか、とても楽しみにしています。ですので、この役をやるにあたっては、役を固めて芝居に臨むのではなく、現場で生まれてくる熱を最大限に引き出すようにしたいと思っています。壮大だからこそ、なるべく力を抜いて、柔軟にアプローチできたら、と。物語のスケール感、しっかりしたテーマ、身震いするぐらいの共演者の方々…、その中で自分がどんな芝居ができるのか、背筋が伸びる思いと共に、楽しみにしています」

山本美月

「フジテレビ開局60周年という記念すべきタイミングで「レ・ミゼラブル」という名作に参加させていただけることをとてもうれしく思います。私の演じさせていただく不破唯の短い人生の中で、母親として娘を想い、強く生きる姿を表現出来たらと思います」

吉沢亮

「ディーン・フジオカさん演じる主人公の少年時代を演じました。身長差がどうとか言われそうですが、もう演じました。全部で1週間ほどの撮影日数でしたが、毎日が濃厚で、映画一本撮ったくらいの達成感と疲労感。そしてキャスト、スタッフ、並木監督、是非またご一緒させていただきたいと思える素晴らしい方々と過ごした時間は至福でした。他人から愛情を向けられるのはこんなにも痛いのかと、その痛みをいつまでも感じられる人間でいたいと改めて思わせられる作品かなと思います。お楽しみに」

村上虹郎

「このお話をいただいた際には危なっかしくてとんでもない船だなと思いつつ、夏にロンドンで本場の「レ・ミゼラブル」を見ていたのもあり、縁を感じて乗り込んでみました。まさか設定が神戸弁で来るなんて。大胆に日本版として書き換えられた本が素敵で泣きました。渡辺拓海という男は金髪の不良なのに司法試験の勉強をしているというオリジナルなキャラクターですが、重要な存在として出てきます。この超大作でガツンと新年早々気合い入れていきましょう。皆様よろしくお願い致します」

清原果耶

「馬場純の娘・梢役で出演することになりました、清原果耶です。名作「レ・ミゼラブル」の世界をお借りし、作っていくこの作品がどのようなものになるのかとても楽しみです。そして、錚々たるキャストの皆さんと共にこの作品に参加させていただけることを光栄に思います。壮絶な人生を生き抜いてきた血のつながりがない父・馬場純に大切に育てられてきた、純な心を持つ梢の意思を素直に表現出来ればと思います」

松下洸平

「あの大作を現代ドラマ化するという企画を伺った時は驚きましたが、更に驚いたのは、頂いた台本が映し出す日本の激動と「レ・ミゼラブル」の世界が見事に交わり合っていたと言う事です。僕は原作に登場するマリウスという革命家をモデルにした若き政治家、碓氷慎を演じさせていただきます。この作品の一部になれる事を光栄に感じますし、新しい年の始まりにふさわしい、これまでにない現代版「レ・ミゼラブル」が多くの方に届く様、精一杯務めさせていただきます」

長谷川京子

「わたしが演じさせて頂く役は一言で言うと…“強欲”な女です(笑)。救いようもない、全く共感出来ない人物をどう自分に引き寄せるか。考えるだけでワクワクしています。映画版「レ・ミゼラブル」は大好きな作品で、公開当時は続けて3度見に行ったほどです。今回参加出来ること、とてもうれしく思います」

金子ノブアキ

「今まで演じてきた悪役の中でもかなりタチの悪い男ですが、楽しみながら作り上げたいと思います。この記念碑的作品に参加できる事をうれしく思います!」

伊武雅刀

「今回は政治家の役です。国民のために働く人間です。国を良くする信念の前に立ちはだかる些末な事は冷徹に切り捨てます。老獪、冷酷、人誑し。統率力、実行力、判断力を駆使して組織をまとめる豪腕さ。はっきり言ってあまりお近付きになりたくない人物です。しかし役者である以上与えられた役はこなさなければならない。ああ無情。今回は嫌われようが憎まれようが、主人公の前に巨大な壁となって行く手を阻むつもりです。可愛い孫のために」

かたせ梨乃

「自分とは正反対で、今までやった事が無いぐらい、ものすごく薄幸な役です。まさか自分がこのような役をやらせていただけるとは思ってもおりませんでした。誰かに依存しないと生きていけない女性で、その誰かを失い、家族が崩壊して、自分も崩壊してしまう。心の中に刻み込まれた後悔を抱えながら何もできず、乗り越えられない…。物語は震災という動乱に巻き込まれて、自分の意思ではどうにもならず、進む方向が変わってしまった人々。その懸命な生き様が描かれており、心ヒリヒリする作品になるのではと期待しています」

香里奈

「この度、佐山梨沙子役をやらせていただくことになりました。本作の中で、梨沙子は小料理屋で働いている女性になりますが、主人公やその周りの人達とどのような関係性なのか、そしてどのような”秘密”をもった人物なのかも注目して見ていただけたらと思います。そして今回、時間経過がありそれぞれの役年齢も変わっていく中で、キャラクターがどのように変化していくかも、とても楽しみにしています。スタッフ、共演者の皆様と共に、心に響くような作品を作っていけたらと思っています!!」

奥田瑛二

「人は結局、誰を信じて、誰を守るか…強い信念で主人公、若者たちの道しるべとなる役どころである。久しぶりの難役だ。心砕いて信愛を注ぐ、目に見える手を差し伸べるのではなく強く生きるべく方向を示す。重大な問題を抱え、どっちの道に進むか迷った時…『難しい方を選ぶ。無理やと思う方を選ぶ…それが大体、正解や』と言う。自分に嘘がつけない役である…だだいま静かに奮闘中!」

プロデュース・太田大(フジテレビ第一制作室)
企画意図について
「平成最後の年明けとなる2019年の新春。一つの時代が終わり、裏を返せば新しい時代の幕開けでもあるこのタイミングに、希望を感じられる物語をお贈りしたいと思いました。そこで真っ先に思い浮かべたのが「レ・ミゼラブル」でした。19世紀のフランスを舞台に、過去の罪から逃れられなかった主人公をはじめ、逆境の中で生きる人々を描いた「レ・ミゼラブル(=惨めな人々)」は、タイトルの通り、日本では「あぁ無情」という題名に訳されるほど辛い物語です。しかし、その根底には、フランス革命に向かい志半ばで倒れていく市民たちが思い描いた夢と希望が詰まっている熱い物語でもあります。未曾有の震災や災害をいくつも経験、前代未聞の犯罪が多発、景気は乱高下、激動の時代だった平成。いまこの時代に生きている人々は荒波を生き抜いてきたということでもあります。そんな平成という時代を振り返りつつ、これから来る新しい時代に踏み出すための光と希望の物語を紡ぐうえで、「レ・ミゼラブル」の精神がシンクロすると考え、企画致しました」
今作の見どころ
「原作の主人公、ジャン・バルジャンと、彼を執拗に追い続けるジャベール警部。原作では、完全なる敵対が描かれますが、この二人の間に、互いの素性を知らずに信頼関係が築かれてしまったとしたら、という観点が今回の現代日本版の『レ・ミゼラブル』の見所です。一度は心を許し、友情が結ばれそうになった関係性なのに、実は最も憎むべき相手だった。二人の間に訪れるのは光か断絶か…。追う者・追われる者の、手に汗握る攻防と心理戦とともにご注目ください」
ディーン・フジオカさん起用理由
「『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』で、ヴァンパイア並みに仮面を被った美しき復讐鬼を演じ切って頂いたあとに再びご一緒するならば、正反対の人間臭い“素のまま”の人物を演じていただきたいと思っていました。今回の主人公・馬場純の数奇な運命に翻弄され、葛藤を続ける役柄は、まさにそれに当たると考え、お願いさせていただきました」
井浦新さん起用理由
「馬場純を生涯追い続けることになる、もう一人の主人公・斎藤涼介には、執念深い因縁の相手としての渋みと迫力の中にも、言葉数が少なくとも信頼関係を築きあうにふさわしい包容力と温かみが必要でした。知的で、冷静さの中に強い情熱を感じさせる井浦さんならば、この役柄をリアルに具現化していただけると考え、お願いさせていただきました」

相関図

番組概要

タイトル
フジテレビ開局60周年特別企画『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』
放送日時
2019年1月6日(日)21時~23時54分
出演者
  • ディーン・フジオカ
  • 井浦新
  • 山本美月
  • 吉沢亮
  • 村上虹郎
  • 清原果耶
  • 松下洸平
  • 清水尋也
  • 福田麻由子
  • 長谷川京子
  • 金子ノブアキ
  • 富田靖子
  • 寺脇康文
  • 伊武雅刀
  • かたせ梨乃
  • 香里奈
  • 奥田瑛二
原作
ヴィクトル・ユゴー「レ・ミゼラブル」
スタッフ
脚本
浜田秀哉
音楽
吉川慶
演出
並木道子
プロデュース
  • 太田大
  • 野田悠介
制作著作
フジテレビ

※掲載情報は発行時のものです。放送日時や出演者等変更になる場合がありますので当日の番組表でご確認ください。