番組・イベント最新情報「とれたてフジテレビ」

2018.10.26更新

ドラマ

平成最後の金田一耕助は、加藤シゲアキ!

スペシャルドラマ『犬神家の一族』

  • 12月24日(月・祝)21時30分~23時33分

フジテレビでは、クリスマスイブの12月24日(月・祝)に、金田一耕助シリーズ不朽の名作『犬神家の一族』が放送されることが決定しました。主演を務めるのは、「フジテレビ系ゴールデン帯ドラマ」初主演となる加藤シゲアキさん。ならびに、加藤さんが「フジテレビ系単発ドラマ」で主演を務めるのも初となります。
石坂浩二さんや古谷一行さん、西田敏行さんら名だたる名優陣が演じてきた「金田一耕助」。平成最後の「金田一耕助」をアイドルグループNEWSの一員で、小説家でもある加藤シゲアキさんが演じます。シリーズ屈指の名作『犬神家の一族』が聖夜に舞い降ります!

横溝正史さん原作の「金田一耕助」シリーズは、日本探偵小説史において金字塔を打ち建てただけでなく、日本映像史においても不朽の名作シリーズ。“ジャパニーズホラーミステリー”を確立したこの作品群は、21世紀になってもなお人々の心に鮮明な印象を残しており、現在に至るまでまったく色あせることなく愛され続けています。金田一耕助のたたずまいにとどまらず、人々の業に根ざした心情描写、息継ぎをさせない怒涛のストーリー展開の数々は、現代のミステリードラマの教科書、まさに“祖”と言えます。そんな横溝正史さん作品の中でも史上最高のミステリーとの呼び声高い『犬神家の一族』が、平成最後となるクリスマスイブに舞い降ります!
金田一耕助と聞いて頭に浮かぶ“金田一像”は、非常にユニークで魅力的な人物です。人々の懐にフワリと入り込むチャーミングさもありながら、頭脳明晰な名探偵・金田一耕助は日本中で、今もなお愛され続けています。そんな希代の“名探偵”金田一耕助を演じるのは、加藤シゲアキさん。加藤さんが「フジテレビ系ゴールデン帯ドラマ」(19時~22時)で主演を務めるのは初、同時に、「フジテレビ系単発ドラマ」で主演を務めるのも初となります。なお、フジテレビドラマで主演を務めるのは、『0号室の客~Third Story 完璧な男~』(2009年12月11、18、25日放送)以来、実に9年ぶりとなります。天才勝負師や作曲家、刑事やカメラマンなど、幅広い役を演じてきた加藤さんが、<第15代目>の名探偵・金田一耕助をどう演じるのか、注目が集まります。平成最後にお届けする珠玉のホラーミステリー、金田一シリーズ『犬神家の一族』にぜひご期待ください。

『犬神家の一族』あらすじ

昭和22年、那須湖畔の本宅にて一代で犬神財閥を築いた犬神佐兵衛が莫大な財産を残し、家族に見守られながら他界した。その遺産の配当や相続者を記した遺言状は、長女・松子の一人息子・佐清が戦地から復員してから発表されることになっており、一族は佐清の帰りを待つことに。佐兵衛は生涯に渡って正妻を持たず、それぞれ母親の違う娘が3人、皆が婿養子をとり、さらにそれぞれに息子が1人ずついたが、対立し合っていた。
数カ月後、金田一耕助(加藤シゲアキ)は犬神家の本宅のある那須湖畔を訪れた。犬神家の顧問弁護士を務める古館の法律事務所に勤務する若林から、「犬神家で近々、血みどろの事件が起きるのでそれを防いでほしい」との手紙を受け取ったためであった。那須ホテルを宿泊拠点とした金田一は、湖畔から犬神家の豪邸を望んでいたところ、犬神家の養女である珠世の乗っているボートが沈みかかっているのを目撃し助けようとするも自らも溺れる間に、犬神家の下男・猿蔵が珠世を救出する。ボートには細工がされており、珠世が何者かに狙われたのはこれで3度目。その後、金田一がホテルに戻ったところ、若林が何者かによって毒殺されていた。どうやら若林は犬神家の誰かに買収され、法律事務所の金庫に保管している佐兵衛の遺言状を盗み見た可能性が。古館の依頼で、金田一は犬神家の遺産相続に立ち会うこととなった。
そんな中、ビルマの戦地で顔に大怪我を負い、ゴムマスク姿で佐清が帰ってきた。佐兵衛の遺言状は古館によって金田一の立ち会いのもと公開されることになる…。

コメント

加藤シゲアキ
Q.フジテレビ系ゴールデン帯ドラマ初主演かつ単発ドラマ初主演について
「大変光栄に思います。またその放送日がクリスマスイブということで、少し早めにサンタさんからプレゼントを頂いたような気分です。なので次は僕自身が“金田一耕助サンタ”として、多くのご覧になられる方々に楽しい時間をプレゼントできるよう、このドラマを盛り上げていきたいと思います」
Q.「犬神家の一族」という作品(小説)について
「今回、演じるにあたり改めて読ませていただきましたが、“犬神家の一族”が書かれてから40年以上経っているにもかかわらず、今も全く色褪せない物語の求心力に脱帽させられました。ミステリーの様相を呈しながらも、人間の欲と愛憎にまみれた人間ドラマであること、だからこそ今も愛され続ける名著なのだと思っています。何度体験しても楽しいストーリーだと思っていますので、今まで数々放送されてきた“犬神家の一族”を見たことがある方にも、これまで一切“犬神家の一族”に触れてこなかった方にも楽しんでいただけるドラマにしたいと思います」
Q.名だたる名優陣が演じてきた「金田一耕助」を務めることについて
「ここに自分の名前が並ぶことが憚れるような多くの名優が演じたことを思うと、改めて事の大きさに気が付かされました。役者なら誰もが憧れる有名なキャラクターであることは間違いなく、とてもわくわくしていています。どのように金田一耕助を演じたら楽しんでもらえるか、まさに金田一耕助の様に”ぽりぽり”と頭を掻きながら模索しています。過去の作品群に敬意を払いつつ、加藤シゲアキならではの金田一耕助を演じたいと思います」
Q.意気込みと番組を楽しみにしている視聴者へのメッセージ
「金田一耕助シリーズの中でも特に人気である“犬神家の一族”に参加させてもらえることは本当に夢のようです。なにより僕自身、この作品が完成することを一視聴者として楽しみにしています。一見クリスマスイブっぽくないドラマかとは思いますが、むしろクリスマスイブだからこそ、犬神家の一族に訪れる奇々怪々を楽しんでいただければと思います」
プロデュース 金城綾香(フジテレビ 第一制作室)
Q.企画意図
「金田一耕助シリーズは、日本ミステリーの祖です。名探偵の登場の仕方やトリックの数々、そして事件の舞台がもつ独特の世界観は、1972年に出版されてから46年経った今でもあらゆる世代の方々に親しまれています。『華麗・戦慄・愛憎・人間の怨念』とは、1976年公開の市川崑監督作「犬神家の一族」の予告に、書かれていた文句です。この4つの言葉は、昭和が終わって平成が終わるこの2018年であっても色あせることのない、映像エンターテインメントにとっての最重要要素です。日々たくさんのコンテンツが生まれていく現代、“不朽の名作”であり続けることは、簡単なことではありません。プロデューサーとして、作品“犬神家の一族”に、そして金田一耕助シリーズに深く憧れます。横溝正史さん、および映像化の際に携わられたすべての方々に敬意をもって、ジャパニーズホラーの真骨頂をお届けしたいと思います。クリスマスイブに、ぜひ“ちょっと怖い”プレゼントを受け取っていただければと思います」
Q.加藤シゲアキさん起用理由
「金田一耕助は、高いコミュニケーション能力を持ちながらも、ときに無神経であったり、確かな推理力を持ちながらも身なりには無頓着であったり、相反する特色を同時に持っており、一言でいうと不思議な魅力のある人物です。平成最後の金田一耕助には、その不思議な魅力を存分に発揮していただける方がいいと思っておりました。加藤シゲアキさんは、アイドルグループNEWSのメンバーであり、そして俳優業、執筆業でも大変ご活躍されています。その時々で、違った表情を見せてくださる加藤さんに、平成最後の金田一耕助を演じていただきたいと思い、オファーさせていただきました。横溝正史さんが、市川崑監督作品にときにカメオ出演されていらっしゃいましたが、加藤さんもご本人の著作である“ピンクとグレー”の映画の中で、カメオ出演をされていました。金田一耕助は、たくさんの素晴らしい方々が演じてこられていますが、横溝正史さんと同じ経験をされた金田一耕助は初めてだと思います」

金田一耕助を演じた歴代俳優

映画

<初代>片岡千恵蔵
<第2代>岡譲司
<第3代>河津清三郎
<第4代>池部良
<第5代>高倉健
<第6代>中尾彬
<第7代>石坂浩二
<第8代>渥美清
<第9代>西田敏行
<第10代>古谷一行
<第11代>三船敏郎
<第12代>鹿賀丈史
<第13代>豊川悦司

ドラマ

<初代>岡譲司
<第2代>船山裕二
<第3代>金内吉男
<第4代>古谷一行
<第5代>愛川欽也
<第6代>小野寺昭
<第7代>中井貴一
<第8代>片岡鶴太郎
<第9代>役所広司
<第10代>上川隆也
<第11代>稲垣吾郎
<第12代>長谷川博己
<第13代>池松壮亮
<第14代>吉岡秀隆
<第15代>加藤シゲアキ

その他(オリジナルドラマ作品)

長瀬智也(『明智小五郎VS金田一耕助』)
山下智久(『金田一耕助VS明智小五郎』、『金田一耕助VS明智小五郎ふたたび』)

番組概要

タイトル
スペシャルドラマ『犬神家の一族』
放送日時
12月24日(月・祝)21時30分~23時33分
キャスト
  • 加藤シゲアキ
スタッフ
脚本
  • 根本ノンジ
  • 『5→9~私に恋したお坊さん~』、『相棒』シリーズ、『孤食ロボット』、『男の操』、『居酒屋ふじ』、『銀と金』、『オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~』、映画「終わった人」 他
演出
  • 澤田鎌作
  • 『不毛地帯』、『西遊記』、『CHANGE』、『金田一耕助VS明智小五郎』シリーズ 他
プロデュース
  • 金城綾香
  • 『グッド・ドクター』、『5→9~私に恋したお坊さん~』、『営業部長 吉良奈津子』 他
制作著作
フジテレビジョン

※掲載情報は発行時のものです。放送日時や出演者等変更になる場合がありますので当日の番組表でご確認ください。