番組・イベント最新情報「とれたてフジテレビ」

2017.11.06更新

バラエティ・音楽

春風亭昇太が「ドリームバンド」を結成!

    三宅裕司と春風亭昇太のサンキュー歌謡曲一座
    ~ナウなピースでこまっちゃうナ~だめだこりゃ編~

    • 11月12日(日)19時~21時54分

    12日(日)に放送されるニチファミ!『三宅裕司と春風亭昇太のサンキュー歌謡曲一座~ナウなピースでこまっちゃうナ~だめだこりゃ編~』(11月12日(日)19時~21時54分)で、司会の春風亭昇太が番組限定バンド「昇太ドリームバンド」を結成し、美声と生演奏を披露します!
    番組は「あの時代だからあの名曲が生まれた!」をコンセプトに、1960年代から70年代にかけての昭和の日本歌謡史の中から「こまっちゃうナGS時代」(1966~67年)・「ナウなピース時代」(1971~72年)・「だめだこりゃ時代」(1976~77年)と勝手に3つの時代に区分。その時代を飾った歌謡曲の名曲の逸話や誕生秘話を紹介するとともに、スタジオで名曲を披露!さらに、当時のヒットソングと時代を振り返るだけでなく、今だから明かされる芸能界の裏話なども飛び出す爆笑必至の「歌謡トークショー」です。

    今回、音楽番組で司会初タッグを組む三宅と昇太の進行の息はピッタリ!収録後には、三宅は「昇太さんはなにしろ“日本で一番視聴率を取る番組”の司会者ですから、それはもう収録中もほとんど黙ってますよ!(笑)」とじゃれ合いコメント。これに対して、これまでにも数々の音楽番組の司会をこなしてきた三宅に対して、昇太も「三宅さんは司会慣れしていて、(三宅さんに)寄り添うように頑張ってます!」と笑顔で打ち返しました。
    番組の目玉である司会・春風亭昇太がリーダーを務める「昇太ドリームバンド」は、この日限りで結成されたスペシャルバンド。ヨコハマが生んだグループ・サウンズ、日本のロックシーンを開拓したザ・ゴールデン・カップス、そして歌い継がれる名曲を多数生んだゴダイゴのミッキー吉野(キーボード)!かつてのバンド少年たち憧れの存在であり、日本を代表するベーシスト、元ツイスト、HOUND DOGの鮫島秀樹(ベース)!常人を超越した変幻自在のテクニックで知られるシャープ・ファイブの三根信宏(ギター)!そんな豪華レジェンドミュージシャンに、三宅裕司(ドラム)&昇太(ヴォーカル&ギター)の司会者二人が参加したドリームバンド。「グループ・サウンズ名曲メドレー」と題して、日本に旋風を巻き起こしたGSブームのヒット曲3曲を披露しました。
    バンドリーダー・昇太の丁寧なメンバー紹介にはじまり、「この豪華なメンバーに入れるだけでもうれしいです!」と興奮を口にした三宅はこの日のために腕を磨いたというクールなドラムテクニックを披露。昇太も「(メンバーの集合を)スゴイ楽しみにしていましたので、司会しながらも(バンドのことを考えて)ずっとモヤモヤしていました(笑)」と司会進行以上に意気込んでいたことを収録後に明かしました。
    多忙なアーティストたちだけに、全員集合での演奏が収録当日、初めてだったにもかかわらず、奏でられた奇跡の演奏にスタジオに歓声が巻き起こります。演奏中にドラムの三宅とヴォーカルの昇太は互いの演奏と歌声に酔いしれる一幕も。
    さらに、ラストの「バン・バン・バン」の演奏では、本家の井上順(ザ・スパイダース)も参加し、昇太と見事なハーモニーとステージングを繰り広げます。落語界でも有名な音楽好きとして知られる昇太の意外な“歌声”にもご注目ください。

    スタジオトークにも井上順が登場し、三宅と昇太から司会進行を奪取の脱線トーク!?橋幸夫・布施明・山本リンダ・小柳ルミ子ら豪華ゲスト陣たちと当時の懐かしの映像と共に時代を振り返ります。山本リンダの名曲「こまっちゃうナ」や布施明の「霧の摩周湖」の誕生秘話が明らかに!そして、橋幸夫が演歌の女王・美空ひばりの「真赤な太陽」を初歌唱。ダンサーたちとの情熱あふれるステージにスタジオゲストたちも興奮!
    スタジオ企画では、番組が独自で大調査を行った「あなたの好きなグループサウンズ」ランキングを発表。当時若者たちを熱狂させた名曲の第1位に輝いたのは!?懐かしのレコードジャケットに合わせてランキングをご紹介していきます。ザ・テンプターズのメインヴォーカルの“ショーケン”こと萩原健一の16歳当時の貴重な写真を公開。ザ・タイガースの“ジュリー”としてファンを虜にした沢田研二、他にも「失神」続出の熱狂グループまで、当時の映像とゲストの思い出が重なり、スタジオの興奮は最高潮に。さらに、井上順がザ・スパイダースのデビューレコードのジャケットに隠されたまさかの“秘話”をカミングアウトします。
    軽快で円熟の域に達する三宅の司会進行と意外な視点でゲストに切り込む“昇太メモ”によるぶっちゃけトークが合わさった見どころ満載の昭和歌謡トークショーを3時間たっぷりとお届けします。

    番組情報

    タイトル
    『三宅裕司と春風亭昇太のサンキュー歌謡曲一座
    ~ナウなピースでこまっちゃうナ~だめだこりゃ編~』
    放送日時
    11月12日(日)19時~21時54分
    司会
    三宅裕司・春風亭昇太
    出演者(五十音順)
    阿木燿子、井上順、岩崎宏美、黒沢博、小林幸子、こぶ茶バンド、コロッケ、小柳ルミ子、斎藤司(トレンディエンジェル)、さくらまや、鮫島秀樹(元ツイスト/元HOUND DOG)、菅原洋一、中山秀征、橋幸夫、布施明、松崎しげる、三浦祐太朗、ミッキー吉野(ザ・ゴールデン・カップス/ゴダイゴ)、三根信宏(シャープ・ファイブ)、ももいろクローバーZ(佐々木彩夏・玉井詩織・高城れに)、森昌子、ロザンナ、山本リンダ
    セットリスト
    • 「君は薔薇より美しい」布施明
    • 「お久しぶりね」小柳ルミ子
    • 「今日でお別れ」菅原洋一
    • 「こまっちゃうナ」山本リンダ
    • 「潮来笠」橋幸夫
    • 「霧の摩周湖」布施明
    • 「霧氷」橋幸夫
    • 「真赤な太陽/美空ひばり」橋幸夫カバー
    • 「瀬戸の花嫁」小柳ルミ子
    • 「どうにもとまらない」山本リンダ
    • 「また逢う日まで/尾崎紀世彦」布施明&松崎しげるカバー
    • 「3年目の浮気」黒沢博×ももいろクローバーZ(佐々木彩夏・玉井詩織・高城れに)
    • 「もしかしてPARTII」小林幸子×トレンディエンジェル斎藤司
    • 「アマン」菅原洋一×さくらまや
    • 「愛の奇跡」ロザンナ×中山秀征
    • 「男と女のラブゲーム」コロッケ
    • 「いつでも夢を」橋幸夫 with サンキュー歌謡曲一座
    • 「イミテイション・ゴールド/山口百恵」森昌子カバー
    • 「さよならの向う側/山口百恵」三浦祐太朗カバー
    • 「哀しみ本線日本海」森昌子
    • 「思秋期」岩崎宏美
    • 「愛のメモリー」松崎しげる
    • 「星降る街角/敏いとうとハッピー&ブルー」中山秀征とジャナイズ5カバー
    ザ・ドリフターズ名曲メドレー
    • 「ドリフ大爆笑のテーマ」
    • 「ドリフのズンドコ節」
    • 「ドリフのほんとにほんとにご苦労さん」
    • 「ビバノン・ロック」
    こぶ茶バンド&三宅裕司&春風亭昇太&ももいろクローバーZ(佐々木彩夏・玉井詩織・高城れに)
    グループ・サウンズ名曲メドレー
    • 「君だけに愛を/ザ・タイガース」
    • 「好きさ好きさ好きさ/ザ・カーナビーツ」
    • 「バン・バン・バン/ザ・スパイダース」
    【昇太ドリームバンド】
    春風亭昇太(ボーカル&ギター)、三宅裕司(ドラム)、三根信宏(ギター)、ミッキー吉野(キーボード)、鮫島秀樹(ベース)
    スタッフ
    編成
    橋口愛(フジテレビ)
    演出
    佐藤正樹
    プロデューサー
    若林美樹(フジテレビ)
    制作著作
    フジテレビジョン

      ※掲載情報は発行時のものです。放送日時や出演者等変更になる場合がありますので当日の番組表でご確認ください。