番組・イベント最新情報「とれたてフジテレビ」

2017.10.12更新

ドラマ

第2話ゲストに水野美紀・斎藤工決定!

木曜劇場『刑事ゆがみ』

  • 10月12日スタート(初回15分拡大)
    毎週(木)22時~22時54分

本日12日(木)22時からスタートする「犯罪者の心が読める天才適当刑事」・弓神適当(ゆがみ・ゆきまさ/浅野忠信)と「出世欲に燃える腹黒刑事」・羽生虎夫(はにゅう・とらお/神木隆之介)の凸凹バディが難事件を解決する刑事ドラマ『刑事ゆがみ』の来週19日放送の第2話ゲストで、水野美紀と斎藤工の出演が決定しました。

2話は、うきよ署強行犯係の弓神(浅野忠信)は、相棒の羽生(神木隆之介)らとともに、中学校の教師が襲われた強姦未遂事件の捜査をするというストーリーです。
自宅アパートで仮眠中に窓から侵入した男に襲われそうになった中学校教師・早杉千里(はやすぎ・ちさと)を女優として数多くのテレビドラマなどに出演している水野が、体当たりで演じきります。

またこの事件に関連する重要な人物役を斎藤工が演じることも決定しました。浅野と神木とは今回が初共演となります。斎藤は、今作の演出を担当する西谷監督と『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(2014年7月期)、映画「昼顔」(2017年)でもタッグを組んでいて、どのような役どころになるのか注目が集まります。

撮影を終えた二人に感想を聞きました。

コメント

水野美紀

「自分とは少し“ゆがみ”方が違う女性を、自分に重ね合わせて演じました。浅野さんの暖かく重厚なオーラ、神木さんの軽やかさに同居する安定感。なんてなんて素敵なコンビ!と、密かに心はしゃいでおりました。とてもクリエイティブで、緊張しましたが、ワクワクする現場でした。お世話になりました」

斎藤工
出演が決まった時の感想
「浅野さんと神木さんとは初めてご一緒させていただきました。浅野さんに憧れてこの世界に入ったようなもので、映画『バタアシ金魚』をはじめとする存在感は本当にすばらしい思います。今回、テレビや映画というエンタテインメントも垣根を越えてトップランナーである二人が作品を盛り上げようとする姿に勇気づけられ、感動しました」
実際演じてみていかがでしたか?
「西谷組は緻密に準備をして、そこで固めたものを壊していくという映画的な現場なので、その空気を感じられただけで幸せです。台本以上のものがその場で生まれてきたらいいなと思いながら、神木くんとお芝居をさせていただいて、そのグルーブを浅野さんが拾って下さって…。浅野さんの柔軟性と表現力を間近で体感し、笑いをこらえるのが大変でした」
ご自身の見どころは?
「詳しい役柄は言えないのですが、『昼顔』より今回の役の方が自分に近いと思います。ある“熱い信念を持った、芯のある男”と若手刑事・羽生との戦いに注目していただければと思います」

原作情報

『刑事ゆがみ』の原作は、漫画界にあって希代のストーリーテラーと評される井浦秀夫作。「ビッグコミックオリジナル」にて大人気連載中です。1979年「私は人を殺した」でデビューし、2003年から連載を開始した「弁護士のくず」は、第52回小学館漫画賞を受賞。2006年4月期にドラマ化もされました。他の代表作に「AV烈伝」や「魔法使いの弟子」などがあります。
正義があまりに主観的で、真実がどこまでも曖昧な社会の中で、刑事・弓神は、ただひたすらに事実を追い、真実へと辿り着こうとします。現代社会の闇を描く最新作が「刑事ゆがみ」です。

番組情報

タイトル
木曜劇場『刑事ゆがみ』
放送日時
10月12日スタート(初回15分拡大)
毎週(木)22時~22時54分
出演者
  • 浅野忠信
  • 神木隆之介
  • 山本美月
  • 仁科貴
  • 橋本淳
  • 稲森いずみ
スタッフ
原作
井浦秀夫「刑事ゆがみ」(小学館「ビッグコミックオリジナル」連載中)
脚本
  • 倉光泰子(『ラヴソング』、『突然ですが、明日結婚します』)
  • 大北はるか(『好きな人がいること』、『テディ・ゴー!』)
  • 藤井清美(映画「るろうに剣心」シリーズ、『恋愛時代』、『ウツボカズラの夢』)
プロデュース
  • 藤野良太(『好きな人がいること』、『恋仲』、『水球ヤンキース』)
  • 高田雄貴(『Chef~三ツ星の給食~』、『OUR HOUSE』)
演出
  • 西谷弘(『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』、『ガリレオ』、『任侠ヘルパー』)
  • 加藤裕将(『最高の離婚』、『問題のあるレストラン』、『ラスト・フレンズ』)
  • 宮木正悟(『水球ヤンキース』、『残念な夫。』、『失恋ショコラティエ』)
制作
フジテレビ

※掲載情報は発行時のものです。放送日時や出演者等変更になる場合がありますので当日の番組表でご確認ください。