『めざましテレビ』

2022.01.04更新

報道・情報

年間平均視聴率4年連続民放同時間帯トップ!人気キャラクターの「ちいかわ」アニメがこの春スタート

左から)三宅正治(フジテレビアナウンサー)、井上清華(フジテレビアナウンサー)、生田竜聖(フジテレビアナウンサー)

『めざましテレビ』

毎週(月)~(金) 5時25分~8時 

2021年の全番組の年間視聴率が4日(火)に確定し、朝の情報番組『めざましテレビ』第2部(6時10分~8時)が番組平均個人全体視聴率4.6%、世帯視聴率8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、2018年から4年連続で民放同時間帯視聴率1位を獲得した<2021年年間平均視聴率とは2021年1月4日(月)~2022年1月2日(日)までの期間の視聴率を指す>。

個人全体視聴率が最も高かったのは2021年4月9日(金)放送の5.2%。この日は新型コロナウイルス関連のニュースのほか、競泳・池江璃花子選手の東京五輪代表内定などを伝えた。さらに東京・錦糸町が若い女性から注目を集めているという現象を企画コーナーで放送した。また、世帯視聴率が最も高かったのもこの日で9.5%だった。

1日の始まりとなる大切な時間を「明るくさわやかに視聴者のみなさんと一緒に過ごしたい」。そんなコンセプトでニュースはもちろんエンタメ、スポーツ、社会現象からトレンドまで、ジャンルを問わず幅広い情報を網羅して毎朝お届けしている『めざましテレビ』は、昨年4月に放送28年目に突入。メインキャスターが、三宅正治、井上清華、生田竜聖の3人の新体制となった。

春には、“小説を音楽にするユニット”YOASOBIとともに、テーマソングの原作小説を一般募集。(小説投稿サイト「monogatary.com」にて開催した『夜遊びコンテストvol.3 withめざましテレビ』)5605作品の中から小説『めぐる。』(千春 著)が大賞作品として選ばれ、2021年番組テーマソング、YOASOBIの『もう少しだけ』が誕生した。

さらに、12月には『めぐる。』を実写ドラマ化し、めざましドラマ『めぐる。』(主演:井ノ原快彦)として10日間にわたり放送。番組開始28年目で初の試みで、大きな話題となった。

2018年6月に始まったマンスリーエンタメプレゼンターは、毎週番組に生出演し、「イマドキ」や「めざましじゃんけん」、生原稿読みなどMCの1人として登場。軽部真一アナウンサーと共にコーナーを展開している。歌手、俳優、アイドル、芸人など日本のエンターテインメント界で活躍している人が出演しており、2022年1月には『M-1グランプリ2021』で第17代目王者に輝き、今大注目の錦鯉の出演が決定。
Hey! Say! JUMPの伊野尾慧の「イノ調」(毎週木曜放送)、そして昨年11月CDデビューした、なにわ男子が出演するコーナー「なにわ男子のなんでやねん!」(毎週金曜放送)など人気コーナーにも引き続き注目だ。

(C)nagano
左から)ハチワレ、めざましくん、ちいかわ、うさぎ

さらにこの1月4日(火)から新たな試みが始まった。『めざましテレビ』の名物とも言える「めざまし占い」がリニューアル。5時58分からの占いコーナーが人気キャラクター「ちいかわ」とコラボした「ちいかわ占い」としてスタート。そして春からは「ちいかわ」をアニメ化し番組内で毎日放送することも決まった。

「ちいかわ」とは、イラストレーターのナガノがTwitterに投稿している人気漫画。2020年にTwitterで連載が開始され、ちいさくてかわいいキャラクターたちと、シビアな世界観のギャップが大人から子供まで幅広い人気を博し、フォロワーは現在までで80万人を突破している。2020年12月のオフィシャルECサイトでのグッズ発売時には、サーバーがダウンするほどアクセスが集中し、その後もコンビニエンスストアや、郵便局とのコラボレーションが実施される度に、商品が即日完売してしまうほど大きな話題を集めている。2021年10月にTwitter上で発表されたアニメ化は23万いいね!を集め、トレンドに「ちいかわ」関連のワードがランクイン。そして2021年11月に『日経トレンディ』と『日経クロストレンド』が発表した「2022年ヒット予測」では8位にランクインを果たし、今まさに人気急上昇中のキャラクターだ。

4年連続で民放同時間帯視聴率1位を獲得し、まさに「朝の顔」に定着している『めざましテレビ』に今年も期待していただきたい。

コメント
三宅正治(フジテレビアナウンサー)

「2021年もたくさんの方に『めざましテレビ』をご覧いただきました。感謝、感謝、感謝です。今年は永島優美が卒業し、4月から井上清華、生田竜聖と共に新体制のスタートとなりました。正直、これまで通り皆様に愛される番組であり続けることができるか、不安な気持ちもありましたが、こうして昨年も『めざましテレビ』を選んでいただき、本当に本当にありがたく思っています。今後も皆さんに寄り添い、笑顔で朝を迎えていただけるよう、出演者、スタッフともに努力してまいります。僕自身、還暦を迎える年になりますが、元気に、できる限り若々しく、お伝えしていきたいと思っています。これからも『めざましテレビ』をよろしくお願いいたします!」

井上清華(フジテレビアナウンサー)

「昨年も『めざましテレビ』をたくさんの方がご覧くださったということで、皆さま、本当にありがとうございます。メインキャスターとなった初めての年。緊張と試行錯誤の毎日で視聴者のみなさんをドキドキさせてしまったこともあったかと思いますが(笑)、皆さまからの温かい声にパワーをいただいたことが何度もありました。感謝しております。今年も少しでも心地よい朝を過ごしていただけるよう、皆さまからのパワーを原動力に、スタッフ、めざましファミリー一同、努めて参ります。よろしくお願い致します」

生田竜聖(フジテレビアナウンサー)

「日々の暮らしの一部に『めざましテレビ』を加えていただき、本当にありがとうございます。これからも、生活の邪魔にならない程度に色々な情報をお届けして参ります!2022年は“もう少しだけ”力をつけて、還暦を迎える三宅キャスターに楽をさせてあげたいです。引き続き、『めざましテレビ』をよろしくお願いいたします」

ナガノ(ちいかわ原作者)

「ずっと夢だったアニメ化、すごくうれしいです。キャラクターたちの声についても、強い希望をかなえていただきました。有難うございます。朝から元気に動き回るちいかわたちをよろしくお願いします!」

チーフプロデューサー・高橋龍平(フジテレビ情報制作センター)

「“日常”がなかなか戻らない中、毎朝何をお伝えすべきか?どんな番組だったら、朝起きてテレビを付けていただけるのか?試行錯誤の1年でした。それでも我々にできることはとてもシンプルで、多くの皆様の暮らしに役立ち、暮らしを彩る“新情報“をお届けすること。そして、どんなにしんどい朝でも、『めざましテレビ』を見ながら準備をするうちに、次第に“心のスイッチが入る”番組を提供し続けること。これしかありません。2022年も、“ちいかわ”の新アニメが始まる他、朝からワクワクする新企画を考えています。引き続き、よろしくお願い致します」

番組概要

『めざましテレビ』
<放送日時>
毎週(月)~(金) 5時25分~8時
<メインキャスター>
三宅正治 (フジテレビアナウンサー)
井上清華(フジテレビアナウンサー)
生田竜聖(フジテレビアナウンサー)
<スタッフ>
チーフプロデューサー:高橋龍平
制作:フジテレビ情報制作センター

掲載情報は発行時のものです。放送日時や出演者等変更になる場合がありますので当日の番組表でご確認ください。