『ザ・ノンフィクション』

2021.07.07更新

報道・情報

『ザ・ノンフィクション』が最優秀新人賞! 第37回ATP賞テレビグランプリ

榎本雪子(27歳)

『ザ・ノンフィクション』

毎週(日) 14時~14時55分 ※関東ローカル

第37回ATP賞テレビグランプリの授賞式が7月7日(水)に都内で行われ、フジテレビとオルタスジャパンが制作し、2020年5月31日(日)にフジテレビで放送した『ザ・ノンフィクション 家族のカタチ ~ふたりのお母さんがいる家~』の演出を担当した榎本雪子(オルタスジャパン)が最優秀新人賞を獲得した。

ATP(Association of All Japan TV Program Production Companies:一般社団法人全日本テレビ番組製作社連盟)は、東京、大阪の主要テレビ番組製作会社約120社が加盟する団体。ATP賞は、作り手である製作会社のプロデューサーやディレクターが自ら審査委員となって優れた作品を選ぶ賞で、ドラマ部門、ドキュメンタリー部門、情報・バラエティ部門の3つのジャンルで、毎年100本を超える応募作品の中から、グランプリ、最優秀賞、優秀賞などが選ばれる。

『家族のカタチ ~ふたりのお母さんがいる家~』

『家族のカタチ ~ふたりのお母さんがいる家~』

2020年5月31日(日)放送の『ザ・ノンフィクション 家族のカタチ ~ふたりのお母さんがいる家~』は、佐賀県の山あいにたつ一軒家に暮らす家族を追ったドキュメンタリー。9人の大家族・西山家は、子どもたちが6人と父親が1人、そしてなぜか一家には“お母さん”が2人いる。さまざまな経緯があって、父親と母2人の3人は“事実婚”という形で一緒に暮らして行くことを決めたというが、そんな生活を続けて7年、生まれてきた子どもたちは父の戸籍に入れるという形で「お父さん1人と2人の“お母さん”と子ども6人」という不思議な生活が続いていた。そんな、普通とは違う形だか、「家族」として長年生活を続けてきた一家をカメラで追いながら、西山家が探し続ける「家族のカタチ」を見つめる作品だ。

『ザ・ノンフィクション』は昨年の第36回ATP賞でも、『ザ・ノンフィクション』“熱血和尚”シリーズ<2019年6月2日(日)放送『ザ・ノンフィクション おじさん、ありがとう ~ショウとタクマと熱血和尚~』、2020年2月2日(日)放送『ザ・ノンフィクション モモコと熱血和尚 ~おじさん、ありがとう~』>を再編集した特別編、『BSフジサンデースペシャル ザ・ノンフィクション特別編 おじさん、ありがとう~子供たちへ…熱血和尚の遺言』がグランプリを獲得しており、昨年に続いての受賞となった。

最優秀新人賞受賞:榎本雪子(オルタスジャパン)コメント

「私にはとりわけ優れた才能があるわけではありません。番組を見ていただいた方はお分かりだと思いますがこの番組は、斬新な演出も特殊な編集もしていません。ただ淡々と半年間、ひとつの家族と時間を共にしただけです。それでも、この番組で最優秀新人賞を受賞できたのは、お父さん1人、お母さん2人、子供6人の西山家が社会の逆風にさらされながら、数えきれない夫婦げんかを乗り越えながら、ひとつの家族としていつづけてくれたことに尽きると思っています。
これからも、小さくて見逃しがちなことにカメラを向けて、見る人の価値観をゆさぶるようなドキュメンタリーを作り続けたいです」

【番組概要】

『ザ・ノンフィクション』
<放送日時>
毎週(日) 14時~14時55分 
/関東ローカル
<スタッフ>
チーフプロデューサー:西村陽次郎

掲載情報は発行時のものです。放送日時や出演者等変更になる場合がありますので当日の番組表でご確認ください。