『SHIONOGI MUSIC FAIR』

2021.05.05更新

バラエティ・音楽

時代を超えて心に響く「尾崎豊特集」 堂本剛、石崎ひゅーい、尾崎裕哉、アイナ・ジ・エンドが思いを込めて―

堂本剛

『SHIONOGI MUSIC FAIR』

5月15日(土)18時~18時30分 

これまで50年以上の長きにわたって多くの視聴者に愛され続けてきた、長寿音楽番組『SHIONOGI MUSIC FAIR』(毎週(土)18時~18時30分放送中)。5月15日(土)の放送では、尾崎豊特集をお届けする。出演はKinKi Kidsの堂本剛、石崎ひゅーい、そして尾崎裕哉、アイナ・ジ・エンド。

1992年4月25日に26歳の若さでこの世を去った、尾崎豊。あれから29年。今なお幅広い世代から圧倒的な支持を集め、歌い継がれる尾崎の名曲の数々を、尾崎の長男である尾崎裕哉をはじめ、尾崎へ特別な思いを抱くアーティストたちが、それぞれの思いを込めて歌い上げる。さらに、尾崎の過去の貴重なライブ映像から、代表曲『15の夜』と『卒業』をお届けする。

堂本剛は、自身のカバーアルバムにも収録されている、尾崎を代表するバラード曲『I LOVE YOU』を歌う。1983年に発売された尾崎のデビューアルバム『十七歳の地図』に収録され、1991年にシングル化された『I LOVE YOU』。ストレートに愛を歌った切ない不朽の名曲を、堂本が思いを込めて歌う。 

“尾崎ファン”を公言する石崎ひゅーいは、1985年に発売されたアルバム『回帰線』に収録された『シェリー』を歌う。人生の悩みや葛藤をぶつけるこの名曲を、石崎が熱く歌い上げる。

石崎ひゅーい

そして尾崎裕哉が今回歌うのは、『僕が僕であるために』。アルバム『十七歳の地図』に収録され、今日まで親しまれている名曲だ。父の歌声を受け継ぐ裕哉が歌い上げる、『僕が僕であるために』。ぜひご注目いただきたい。

尾崎裕哉

さらに尾崎が10代最後に作ったバラードの名曲『Forget-me-not』を、“楽器を持たないパンクバンド”BiSHのメンバー、アイナ・ジ・エンドが上京時の思いを込めて歌う。

アイナ・ジ・エンド

昭和から平成、そして令和と時代を超えて我々の心を打つ尾崎豊の名曲たち。5月15日(土)18時放送の『SHIONOGI MUSIC FAIR』をぜひお楽しみいただきたい。

番組概要

『SHIONOGI MUSIC FAIR』
<放送日時>
毎週(土)18時~18時30分
当該回:5月15日(土)18時~18時30分
<出演者>
進行:仲間由紀恵
   軽部真一(フジテレビアナウンサー)

ゲスト:堂本剛、石崎ひゅーい、尾崎裕哉、アイナ・ジ・エンド
<スタッフ>
チーフプロデューサー:三浦 淳
プロデューサー:土田芳美
プロデューサー/チーフディレクター:浜崎 綾
ディレクター:松永健太郎、島田和正、花輪研斗、川上 惇
エグゼクティブプロデューサー:石田 弘
制作:フジテレビ

掲載情報は発行時のものです。放送日時や出演者等変更になる場合がありますので当日の番組表でご確認ください。