自社開発システム「C×M」で新たなVR体験を提供

2020.12.24更新

その他

テレビ放送がリアルタイムにスマホに連動 新春お年玉“総額600万円分のデジタルギフト”プレゼント企画も実施

左から)土佐有輝、土佐卓也

自社開発システム「C×M」で新たなVR体験を提供

2021年1月1日(金)・1月2日(土)

フジテレビでは、2021年1月に放送される日産自動車株式会社(本社:横浜市西区高島、以下「日産」)のCMで、放送とスマホをリアルタイムで連動させて自動車の試乗体験を提供するとともに、視聴者にお年玉をプレゼントする企画を実施する。

フジテレビは、番組とスマホをリアルタイムに連動させる「C×M(シーバイエム)」と呼ぶ自社開発システムで、これまで様々な企画を行い好評を博してきた。「C×M」は、テレビとスマホをスムースに接続することはもちろん、アプリのダウンロードも個人情報の登録も不要にすることで視聴者の参加ハードルを下げ、高いコンバージョンを実現する新しいメディアコミュニケーションだ。今回はこの取り組みをさらに進化させ、視聴者に新たなVR体験を提供する。

今回の企画では、SNS総フォロワー数が215万人を超えTikTokの総再生数が5億回を超えるなど若者から絶大な支持を得て人気沸騰中のお笑い芸人、土佐兄弟が、日産が開発した最新の運転支援システム「プロパイロット2.0」で走行する日産スカイラインを、実際に高速道路で運転して、その魅力を紹介する特別CMを制作した。このCMは『第54回新春!爆笑ヒットパレード2021』(2021年1月1日(金)7時~15時)の中で2回、『逃走中×千鳥のクセがスゴいネタGP新春合体5時間SP「逃走中~ハンター迎撃作戦~」』(2021年1月2日(土)18時30分~21時30分)の中で1回の合わせて3回放送される。
視聴者はCM中に表示されるQRコードにスマホをかざすことで、「C×M」の機能によりテレビとスマホが完全に同期、CMで放送中の「プロパイロット2.0」で走行するスカイラインに乗って、ハンドルやアクセルに触らずに運転する土佐兄弟の様子など、360°カメラで撮影された車内の雰囲気をVRで体感することができる。そして、スマホで車内に隠されたキーワードを発見してクイズに回答すると、抽選で2日間合計3万名様に、最高1万円、総額600万円分のデジタルギフト「QUOカードPay」が当たる新春お年玉プレゼント企画も実施する。

今回の企画を契機に「C×M」公式Twitter(@cxm_fujitv)も開設。こちらでは12月24日(木)から1月2日(土)まで“Amazonギフト券5,000円分が50名様に当たる”リツイートキャンペーンを実施している。フジテレビでは、「C×M」公式Twitterアカウントから最新情報を発信し、今後もこの「C×M」を使って、視聴者の皆様に様々な新しいテレビ体験を提供していく。

コメント

土佐卓也(土佐兄弟・兄)

「プロパイロット2.0の乗り心地最高でした!普段、僕が運転で有輝が助手席なので360°のVRでいつもの土佐兄弟の空気感を楽しんでいただきたいです!」

土佐有輝(土佐兄弟・弟)

「僕達兄弟ほぼ素のままで、とても楽しいCM撮影でした。見所は、何と言っても“お兄ちゃんのドヤ顔”です。是非お正月には、CMをご覧いただき僕達が体感した車乗空間をスマホVRでお楽しみください!」

企画統括・冨士川祐輔(フジテレビ デジタルデザイン部)

「テレビに連動するスマホVRという全く新しい体験をお届けします。今回は土佐兄弟が運転する日産スカイラインの車内を360°自由に見渡せるバーチャル乗車体験、テレビに写っていない部分がのぞけるという不思議な体験をぜひお楽しみください」

【スタッフ】
企画統括:冨士川祐輔
演出:鈴木鉄平
プロデューサー:大石倫之

掲載情報は発行時のものです。放送日時や出演者等変更になる場合がありますので当日の番組表でご確認ください。