『「時をかけるバンド」地上波放送決定記念!緊急ライブ配信SP!!』

2020.10.11更新

FOD

地上波放送決定を記念して豪華キャストによる緊急ライブ配信を開催!赤い公園もサプライズ参加! ガールズバンドを演じた3人による楽曲のリリース決定!

(左から)長井短、三浦翔平、白石聖、大原優乃

『「時をかけるバンド」地上波放送決定記念!緊急ライブ配信SP!!』

地上波放送 10月19日(月)スタート 毎週月曜日24時25分~24時55分放送

フジテレビが運営する動画配信サービスFODと中国の動画共有サイトYOUKUが共同制作したドラマ『時をかけるバンド』の地上波放送が決定したことを記念して、10月11日(日)17時30分からドラマのメインキャストによるトークイベント『地上波放送決定記念!緊急ライブ配信SP!!』を行い、その模様をFODやYouTube、番組公式Twitterにて無料LIVE配信した。

『時をかけるバンド』は、韓国のオリジナル脚本である『追赶时间的乐队 written by 李秀雅』を日本人クリエイター、キャストで大胆に再構成した作品です。この作品は1つの原案を元に日本、中国、そしてアジア諸国で各国版のドラマとしてローカライズされ順次制作される大型プロジェクトの日本版となっている。

物語は、ミステリアスで自称未来からやってきた音楽プロデューサーの亮(三浦翔平)が、ボーカル担当のヒロイン有希(白石聖)、ベース担当・汐里(長井短)、ドラム担当・瞳子(大原優乃)という女の子3人のガールズバンド「ちゃあはん」をプロデュースし、彼女たちをスターダムに導いていく、というストーリー。ダメダメな女子3人を引っ張っていく謎めいた亮と、バンドのリーダー的存在の有希、極度のあがり症で本番に弱い汐里、引っ込み思案の瞳子など、それぞれのキャラクターが際立ち、コミカルでテンポの良い会話やバンドのガチ演奏などが大好評中のドラマ。

配信開始直後から、FODオリジナル番組視聴ランキングの上位にランクインし、視聴者から地上波放送を望む多くの声が寄せられ、この度地上波でも放送することが決定した。

10月11日(日)に行われたLIVE配信では、主演の三浦翔平と、白石聖、長井短、大原優乃のガールズバンドの3人が揃い、ドラマの撮影の様子から、3人が挑んだ演奏シーンのエピソードなど撮影秘話について、笑いを交えたトークを展開し、盛り上がった。

【コメント】
キャストのおすすめシーン

大原優乃「第1話の“ちゃあはん”が登場するシーン」
「私たち“ちゃあはん”にとって撮影がクランクインした日で、3人の在り方や関係性がわかりやすく表現されているシーンだったこともあり、私もその撮影をしてからは『“ちゃあはん”ってこんな感じなんだ』と理解しながら、やらせてもらいました」

白石聖「“ちゃあはん”の楽曲『オレンジ』初めての演奏シーン」
「3話で汐里ちゃんがやっと失神せずに最後まで演奏し終えることができるんですが、確か私たちもその時が初めて『オレンジ』を演奏したシーンで、すごい思い出に残っているシーンです。撮影する前まではできるのか不安だったんですけど、このシーンを通して楽しいなと思えて、よかったなと思いました」

三浦翔平「最終回のバンド演奏シーン」
「最終回はまだ配信前ですが、このドラマはカット割りが多い作品だったんですけど、このシーンに関してはなるべく一連で長回しで撮影してほしいとお願いしまして、皆さん三者三様すごく自然体で撮れているので、記憶に残っています」

長井短「汐里と亮のアイドル特訓シーン」
「(アイドルが嫌で)『ちゃんとやれ!』『やだ!』ってお互いの言い合いが、もう泣き落としみたいになってて、実際使われてる部分の倍ぐらい長くやってたんですけど、それがすごく楽しかったです」

他にも三浦翔平の裏側大暴露コーナーや、Twitterなどで募集した全世界の視聴者からの質問コーナーなどで盛り上がった。

「ちゃあはん」の楽曲リリース決定!フジテレビの音楽番組出演を狙う!

ドラマ内で白石、長井、大原の3人が演じているガールズバンド「ちゃあはん」の楽曲『オレンジ』『pray』『衛星』の3曲がリリースされることが決定!!プロデューサー役を演じた三浦翔平からLIVE配信の中で発表された。『オレンジ』は10月26日(月)から配信開始!『pray』『衛星』も順次配信予定。
さらに三浦翔平より、ドラマから生まれた「ちゃあはん」が『MUSIC FAIR』や『FNS歌謡祭』の出演を本気で狙っていくと発表!!こちらも乞うご期待!

赤い公園がサプライズ登場!

LIVE配信イベント終盤には、ドラマのオープニング、エンディング曲を担当し、「ちゃあはん」が歌う曲のアレンジも担当している赤い公園がサプライズで登場!ドラマを見た感想について「共感する部分が多かったですね、特に瞳子ちゃんに共感する部分が多くて楽しませていただきました」と話した。さらに「ちゃあはん」がもし歌番組に出演することになった際は、「意外と朝早いことがあるので、朝起きれたら大丈夫です」とアドバイスした。
LIVE配信後、赤い公園と「ちゃあはん」によるスペシャル対談も行った。その模様は後日FODにて配信予定なので、こちらもどうぞお楽しみに!

最後にキャスト4人からメッセージ

大原優乃
「回が進んでいくごとに“ちゃあはん”の距離だったり、“ちゃあはん”と亮さんの距離も縮まっていくので最後まで見てください」
長井短
「劇中で使われている曲も、もともとある曲がアレンジされていたりするので、音楽にも注目してください」
白石聖
「これから最終回の配信や地上波放送に向けてどんどん盛り上げていきますので、どうぞよろしくお願いします!」
三浦翔平
「このような時代でつらいこともあると思いますが、このドラマを見て楽しく笑顔になっていただければと思います。またフジテレビ系列の音楽番組に猛プッシュしていきたいと思いますので、よろしくお願いします!」

『時をかけるバンド』ストーリー

レコード会社からもクビを宣告され、うだつの上がらない3ピースガールズバンドの前に、突如音楽プロデューサーを名乗る謎の男が現れる。バンドの演奏を見るや、「君たちは120%売れない。売れたいなら、僕がプロデュースしてあげよう」と話しかける謎の男。「なぜ、売れないと決めつけるのか!」と食いかかった彼女たちに言ったのは、「なぜなら未来から来たからだ」という。自称未来からやってきたという、謎だらけのプロデューサーは、ポンコツガールズバンドを導きデビューさせることはできるのか?一風変わった亮の試練に耐えながらも、バンドの結束を深め、もがき、苦しみながらも奮闘していく有希たち!時空を越えて描かれる、ひと夏に起きた青春音楽ラブコメディがここに誕生!

【番組概要】

『時をかけるバンド』
<話数>
全10話
<配信日時>
8月19日(水)より、毎週水曜日正午(中国時間11時)最新話配信中
<放送日時>
10月19日(月)スタート 毎週月曜日24時25分~24時25分放送
※放送日時は予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください
<原案>
『追赶时间的乐队 written by 李秀雅』 (C).
<出演>
三浦翔平 白石聖 長井短 大原優乃 
板垣瑞生 坂東龍汰 渡辺裕之 
<音楽>
赤い公園 オープニング「オレンジ」/エンディング「pray」
<スタッフ>
エグゼクティブプロデューサー: 早川敬之(フジテレビ)、謝穎(YOUKU)
企画:加藤達也(フジテレビ)
チーフプロデューサー: 東康之、木沢基(フジテレビ) 
プロデューサー:櫻井雄一(ソケット)
監督:スミス、椿本慶次郎、戸塚寛人
<制作協力>
ソケット
<制作著作>
フジテレビジョン

掲載情報は発行時のものです。放送日時や出演者等変更になる場合がありますので当日の番組表でご確認ください。