木曜劇場『知ってるワイフ』

2020.08.12更新

ドラマ

大倉忠義、フジテレビGP帯連続ドラマ初主演!恐妻・広瀬アリスに完全KO!?悩める夫がタイムスリップで妻を入れ替える!?奇跡のファンタジーラブストーリー!

幸せな結婚式から5年後、夫は「結婚生活、こんなはずじゃなかった!」と嘆く毎日で…
左から)広瀬アリス、大倉忠義

木曜劇場『知ってるワイフ』

2021年1月スタート 毎週(木)22時~22時54分

フジテレビでは2021年1月期木曜劇場にて、主演・大倉忠義、広瀬アリスが共演の連続ドラマ『知ってるワイフ』を放送することが決定した。大倉がフジテレビ系ゴールデン・プライム帯の連続ドラマで主演を務めるのは初。ならびに広瀬はフジテレビ系連続ドラマにて初ヒロイン、大倉とは初共演となる。

「結婚生活、こんなはずじゃなかった!」と悩める夫・大倉と、恐妻・広瀬に、突然ひとつの奇跡が起こる!その奇跡をきっかけに、“本当に大切なことは何なのか”を模索するファンタジーラブストーリーをお届けする。

もしも「あの頃に戻って人生をやり直したい!」という願いがかなったら?

『知ってるワイフ』は、韓国の有料ケーブルテレビチャンネル・tvNで2018年8月~9月に放送された同名原作ドラマ。有料放送にも関わらず、同時間帯ドラマの視聴率1位を獲得した(視聴者調査会社ニールセンコリア調べ)。同作を制作したのは、<米国アカデミー賞・作品賞>をアジア作品で初めて受賞した映画『パラサイト~半地下の家族~』を制作した CJ ENMのドラマ制作会社STUDIO DRAGON。昨今の韓国ドラマブームの真打ちともいえる『愛の不時着』(2019年)、“韓国のゴールデングローブ賞”と呼ばれる<第53回百想芸術大賞>(2017年)で大賞を受賞した『トッケビ』(2016年)など、韓国内だけでなく世界中で愛される作品を送り出している。なお、原作ドラマ『知ってるワイフ』はFODプレミアムで見放題で配信中。

本作は、「結婚生活、こんなはずじゃなかった!あの頃に戻って人生をやり直したい!」と日々嘆く恐妻家の主人公が、ある日突然過去にタイムスリップして、妻を入れ替えてしまうところから始まる物語。結婚生活5年目、夫も妻も相手への気遣いができなくなっていく頃。唯一の共通の思いは「なんでこの人と結婚してしまったのだろう」。そんな誰もが抱える結婚生活の不満と後悔をリアルかつコミカルに描きながら、「あの日、あの時に戻りたい」という悲痛な願いがかなってしまい、奇跡の人生を手に入れた主人公を通して、“自分にとって大切な人とはどんな人なのか?”“誰かと人生を生きていくとはどういうことなのか?”そんな夫婦の普遍的ともいえるテーマを追求していく。SNSなどコミュニケーションツールが発達し誰とでもつながれる今の時代だからこそ、身近な人へ大切な思いを伝えたくなるハートフルストーリーだ。

大倉忠義が「妻を替えて、人生を変えたい」と嘆く、悩める夫を演じる!

本作の主演を務めるのは大倉忠義。銀行に勤め、結婚5年目で2児の父親である主人公・剣崎元春(けんざき・もとはる)を演じる。職場では上司から業績を上げろと叱責(しっせき)され、仕事に疲れ果てて帰ると妻・剣崎澪(けんざき・みお)から怒鳴られる、肩身の狭い毎日を過ごしている。大学時代、当時高校生だった澪の家庭教師をしたことで次第に親密な仲に。明るくて可愛くて積極的な澪に惹(ひ)かれ結婚。しかし、当初のラブラブな生活はどこへやら、今は澪の罵声におびえながら暮らす毎日を過ごしている。男友達と飲んでは「澪はモンスターだ…」と愚痴をこぼす。会社の同僚は結婚しても幸せそうで、自分だけが貧乏クジを引かされたのでは?そう思っていた矢先、 大学時代“女神”と呼ばれ男子学生の憧れの的だった後輩と偶然再会。「好きだったの」と打ち明けられ、「ああ、彼女を選んでいたら…」と後悔してしまう。そんなある日、元春は街中で話しかけられた男からもらった500円硬貨がきっかけで、突然大学時代にタイムスリップしてしまう。「過去に戻って選択を変えれば、妻が替わり、人生も変わるのでは!?」ともくろみー。

大倉はグループでの音楽活動やバラエティー番組への出演以外にも、映画『100回泣くこと』(2013年)、ドラマ『ドS刑事』(2015年4月期/日本テレビ)、『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』(2018年4月期/フジテレビ)など多くの作品に出演。映画『窮鼠(きゅうそ)はチーズの夢を見る』(2020年)では同性と恋に落ちる役柄が話題に。また、舞台『蜘蛛(くも)女のキス』(2017年)では2人芝居に挑み、2018年からは後輩グループ・なにわ男子のプロデュースを手掛けるなど多方面で常に挑戦し続けている。そんな大倉が、本作では妻の剣幕(けんまく)にビクビクとおびえ、仕事終わりの帰り道にひとりため息をつく夫を演じる。今まで見たことがない哀愁すら漂う大倉の姿に、世の男性は同情の涙が止まらない!?また、タイムスリップをして後輩に片思いをする大学生やお金持ちのお嬢様と結婚し、婿としてリッチな生活を送る姿など、人生が変わることによりさまざまな別の顔を演じる。多彩な表情で魅(み)せる大倉の姿にご注目を!

広瀬アリスが“モンスター妻”に!?「こんな人生に誰がした!?」

元春の妻で、2児の母親・剣崎澪を演じるのは広瀬アリス。家事、育児、仕事に追われる毎日に疲れ切っている。高校時代、バスで財布を拾ってわざわざ届けてくれた元春に一目ぼれし、頼み込んで家庭教師になってもらう。積極的にアタックをするが、元春は子供扱いして取り合ってくれない。そんな時、父親が急死。優しく支えてくれる元春に頼り切っているうちに、いつしか付き合うことに。ところが結婚5年目の今、優しかった元春が、仕事を言い訳に家事と育児を押し付けて、たまにお願いした子供の保育園のお迎えも忘れる始末。父の法事にも不参加。疲れ果てた1日の終わりに、酔っぱらって帰ってくる元春が憎たらしくてたまらない。相談したいこともあるのに、ロクに話も聞いてくれない。ほぼワンオペ育児にストレスマックス!子供を寝かしつけた後、散らかったリビングで発泡酒を飲みながら「なんでこんな風になっちゃったんだろう」とため息をつく毎日で…。

広瀬が子供を持つ主婦役を演じるのは初。ならびに、フジテレビ木曜劇場への出演も初となる。これまで広瀬は『ハラスメントゲーム』(2018年/テレビ東京)で信念を貫くキャリアウーマン、『ラジエーションハウス』(2019年/フジテレビ)では熱心な新人放射線技師など、明朗快活な姿が印象的な役柄を数多く演じてきた。マイペースな夫にイライラを募らせ怒鳴り散らす“モンスター妻”を演じる広瀬の新境地ともいえる姿は必見!広瀬の一言一句に、世の女性たちは共感必至!?また、タイムスリップ後の世界では、澪は独身となり、1人の自立したキャリアウーマンになる。同じ役柄ながら、全く異なる人生を歩む女性を広瀬が見事に演じ分ける姿にもご期待いただきたい。

脚本は橋部敦子、演出は土方政人

脚本は<第6回フジテレビヤングシナリオ大賞>(1993年)にて佳作を受賞した後、『救命病棟24時』(第1シリーズ1999年1月期・第2シリーズ2001年7月期/フジテレビ)、『僕の生きる道』(2003年1月期)『僕と彼女と彼女の生きる道』(2004年1月期)『僕の歩く道』(2006年10月期/いずれも関西テレビ)の“僕生きシリーズ3部作”などを手掛けてきた橋部敦子。橋部が海外ドラマ原作の脚本を担当するのは初となる。演出は『ゴーストライター』(2015年1月期/フジテレビ)、『SUITS/スーツ』(2018年10月期/フジテレビ)などを手掛けてきた土方政人。すでに6月初旬にクランクインしており、現在撮影中。これまでさまざまな人間模様を描き、数多くの話題作を手掛けてきたこの2人を中心とするスタッフと、大倉×広瀬が展開する予測不可能なファンタジーラブストーリーにぜひご期待いただきたい!

Q.今作の出演オファーを聞いていかがでしたか
「実は『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』がフジテレビ連続ドラマ初出演でした。それまでオファーをいただけなかったので、“フジテレビに嫌われているんだ…”と勝手に思っていました(笑)。今回は2年ぶりの出演で、主演のお話をいただいて純粋にうれしかったです」

Q.企画について
「最近は映画(『窮鼠(きゅうそ)はチーズの夢を見る』)も舞台(『蜘蛛(くも)女のキス』)も相手役が男性のことが多かったので、“あ、女性ともラブストーリーをやっていいんだ”と思いました。とはいえ、タイムスリップしているのでただのラブストーリーではないかもしれませんが(笑)。台本を読む前に、原作ドラマを拝見したのですが、タイムスリップというファンタジーの設定ながらもドラマの世界観に入り込んで見てしまいました。主人公に“なにやってんねん!”とツッコミながら見ていたので、今回は僕自身がそう演じられるように意識しています。さまざまなキャラクターが登場するのでいろんな視点で見ることができますし、視聴者の方が自分自身に置き換えて“自分だったらどうするんだろう?”と考えながら見ていただけたらおもしろいなと思います。“こんな恋愛したいな”と憧れるラブストーリーというよりも、見てくださる方が自分事としてなにか考えていただけるきっかけになれるような作品だと思います」

Q.今回の役柄について
「ひょっとしたら、元春のような方は多いのではないかと思います。自分はまだ結婚していないですけど、結婚したらケンカをするたびに“結婚しなきゃよかった”と後悔するだろうなと想像しました(笑)。だからこそ、既婚、未婚関係なく、誰にでもある感情でリアリティーがある役柄だと思います。“人生が変えられるならタイムスリップしたいな”と僕も考えたことがありますし(笑)。タイムスリップという展開がある中でも、リアルをめざして親近感を感じていただけるように演じています」

Q.初共演の広瀬アリスさんについて
「第一印象は…かわいい!(笑)『関ジャニ∞クロニクル』(2015年5月~/フジテレビ)に一度ゲストで出演していただいたんです。バラエティー番組ですし、僕としてはジョークのつもりだったんですけど、“かわいい、かわいい”言い過ぎてしまったようで…。見る方によっては本気で受け取られていたのではないかと気になっています(笑)。ご本人はめちゃめちゃ芸達者というイメージがあります。いろいろな役柄を演じてこられていますし、『関ジャニ-』の収録でもその場の空気を読み取って下さっていたのが印象に残っています。今回、一緒にお芝居させていただくのを楽しみにしていました。どれくらいのレベルで罵倒してくれるのか…M心がうずきますね。これもジョークです(笑)。いざ現場でご一緒させていただくと、とにかく明るい方。笑っているか、無か(笑)。オン・オフの切り替えがわかりやすい方でやりやすいです」

Q.視聴者の方へメッセージ
「このようなご時世の中で、周りの大切な存在を改めて感じた方も多いのではと思います。ドラマを見て下さる方にとって、身近の愛している人だからこそもっと大事にしようと再認識できるようなきっかけになれればうれしいです。自分たちも考えながらやれたらなと思いますし、明るく楽しいドラマになればいいなと思います」

コメント
大倉忠義
広瀬アリス

Q.フジテレビ初ヒロインとなる今作の出演オファーを聞いていかがでしたか
「“ヒロインだ”と意識しすぎるとプレッシャーに負けてしまいそうになるのですが、純粋にうれしかったです。これまで夫婦という設定や恋人がいる役柄は演じたことがありますが、恋愛がメーンのドラマは25歳にして今回が初めてです。どんな作品になるのかな?と期待が膨らみました」

Q.企画について
「タイムスリップで過去にいって未来を変える物語なので、同じ役でもさまざまな年齢や人格に変化があったりするのが、すごくおもしろいなと思いました。さまざまな澪が登場するので、台本を読みながら、早く演じたいという思いが強くなりました。また、“過去に戻りたい、やり直したい”と考えるのは、誰もが一度は経験しているのではないでしょうか。私も常に思っています(笑)」

Q.今回の役柄について
「澪は真っすぐで、すごくエネルギッシュな人だなと思います。何事にも一生懸命な人だからこそ、多忙な毎日で余裕をなくし、元春に当たり散らしてしまいます。一方で、元春の態度や言動は思いやりに欠けるなと感じます。私も日常生活の中で、自分自身や愛犬にささいなことでイラッとしてしまうことがあるのですが、夫婦だと積もり積もるものも大きいはず。元春の何気ない一言に、“なんでそんなこと言われなきゃならないの!”と澪が怒ってしまうのも仕方がないと思います。このドラマをご覧頂いた方が“自分は家族に思いやりを持って接することができているかな”と考えるきっかけになれたらうれしいです。
また、若くして子供を産む役を演じたことはありますが、今回のように結婚、出産をして育児、家事、仕事をこなす母親役は初めてなので楽しみです。同時に、役作りをしながら、世の中のお母さんたちのすごさを改めて感じています。ふたりの子役たちと距離を縮めて、本物のお母さんに近づけるよう演じたいです。ちなみに、顔は濃くて私に似ています(笑)」

Q.初共演の大倉忠義さんについて
「もしかしたら、足元が3㎝くらい浮いていらっしゃるのかも?と感じることがあります(笑)。というのも、お疲れの時は“僕、疲れています”という顔をなさるし、楽しい時は“今、すごく楽しいです”というのが伝わってきます。それが潔くて、やわらかな空気感を持っていらっしゃる方だなと思います。以前『関ジャニ∞クロニクル』でご一緒させていただいた時はわからなかったので、今回新たな一面を知ることができました」

Q.視聴者の方へメッセージ
「過去にやり残したこと、やり直したいと思う人の葛藤、そして夫婦や親子、仕事などさまざまな人間模様をリアルに描いている作品です。ドラマをご覧いただいて、自分の身の回りにいる人たちへ思いやりを持って接することができているのか、改めて考えていただけたらと思います。あとは、登場人物たちの恋愛模様を純粋に楽しんでいただきたいです」

【番組概要】

木曜劇場『知ってるワイフ』
<放送日時>
2021年1月スタート 毎週(木)22時~22時54分
<出演>
大倉忠義 広瀬アリス
<原作>
制作:STUDIO DRAGON CORPORATION/Chorokbaem Media
配給:CJ ENM Co.,Ltd
脚本:ヤン・ヒスン
<脚本>
橋部敦子(『僕らは奇跡でできている』『フラジャイル』『フリーター、家を買う』『僕の生きる道』シリーズ 他)
<編成企画>
狩野雄太(フジテレビ編成部)(『デート~恋とはどんなものかしら~』『世にも奇妙な物語』『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』 他)
<プロデュース>
貸川聡子(共同テレビ)
(『黒井戸殺し』『警視庁いきもの係』『無痛~診える眼~』『1リットルの涙』ほか)
<演出>
演出:土方政人(『SUITS/スーツ』『謎解きはディナーのあとで』『ゴーストライター』 他)
<音楽>
河野 伸(『恋はつづくよどこまでも』『おっさんずラブ』『任侠ヘルパー』『メイちゃんの執事』他)
<制作>
フジテレビ
<制作著作>
共同テレビ

掲載情報は発行時のものです。放送日時や出演者等変更になる場合がありますので当日の番組表でご確認ください。