土曜プレミアム 映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

2020.08.08更新

映画

アカデミー賞6部門受賞!世界中を熱狂させた話題作を地上波初放送!シリーズ映画全作と放送記念特番も深夜放送決定!

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
© Warner Bros. Feature Productions Pty Limited, Village Roadshow Films North America Inc., and Ratpac-Dune Entertainment LLC

土曜プレミアム 映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

9月12日(土)21時~23時10分放送

第88回アカデミー賞で10部門にノミネート、最多6部門受賞の快挙を遂げ、多くの映画賞を受賞した超話題作、映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』をフジテレビで地上波初放送することが決定した<9月12日(土)21時~23時10分放送>。本作は2015年に劇場公開された「マッドマックス」シリーズの最新作であり、ノンストップ・カーバトルがトップスピードで繰り広げられる究極のアクション超大作だ。

舞台は石油も水も尽きかけた“MAD(狂気)”な世界。主人公は、愛する家族を奪われ、本能だけで生きながらえている元・警官マックス(トム・ハーディ)。資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕われたマックスは、反逆を企てるジョーの右腕フュリオサ(シャーリーズ・セロン)、配下の全身白塗りの男ニュークス(ニコラス・ホルト)と共に、ジョーに捕われた美女たちを引き連れ、自由への逃走を開始するというストーリー。“マッド”マックス役には、これまで主演を務めたメル・ギブソンに代わり『ダークナイト ライジング』、『インセプション』のトム・ハーディ。フュリオサ役にアカデミー賞女優のシャーリーズ・セロン。監督は「マッドマックス」シリーズのジョージ・ミラーが務めた。

豪華キャストに加え、砂ぼこりを上げて疾駆する超改造車の隊列、轟く(とどろく)爆音、飛び散る車体、独創的なキャラクターに、突き抜けた世界観、さらにCGを排除した、ガチなリアル・アクション全てが“MAD”と世界中を熱狂させた。

さらに、現在、究極のラブストーリーとして爆発的な人気を誇る韓国ドラマ『愛の不時着』の一場面では、主人公ユン・セリが「私の大好きな映画はね、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』」と言うせりふも登場。映画さながらに車のエンジンを全開にして進入禁止のバリケードを突破するシーンに加え、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のオマージュ設定があり話題となるほど、映画公開から数年経った今なお愛され続けている作品だ。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
© Warner Bros. Feature Productions Pty Limited, Village Roadshow Films North America Inc., and Ratpac-Dune Entertainment LLC

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
© Warner Bros. Feature Productions Pty Limited, Village Roadshow Films North America Inc., and Ratpac-Dune Entertainment LLC

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
© Warner Bros. Feature Productions Pty Limited, Village Roadshow Films North America Inc., and Ratpac-Dune Entertainment LLC

さらに本放送を記念して、映画シリーズ全3作と元プロレスラーの天龍源一郎が独特の語り口で映画の魅力をお伝えする記念特番の放送も決定!「マッドマックス」シリーズファンにはもちろん、初めて見る方も全作品合わせてお楽しみいただきたい!

※本作は劇場公開時R15+指定だったため地上波放送用に編集してお送りする。

映画『マッドマックス』
© Crossroads International Finance Company, N.V.

映画『マッドマックス2』
© Kennedy Miller Entertainment Pty. Ltd.

映画『マッドマックス/サンダードーム』
© Kennedy Miller Entertainment Pty. Ltd.

【番組概要】

◆土曜プレミアム 映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
<放送日時>
9月12日(土)21時~23時10分
<出演>
マックス:トム・ハーディー(AKIRA)
フュリオサ:シャーリーズ・セロン(本田貴子)
ニュークス:ニコラス・ホルト(中村悠一)
イモータン・ジョー:ヒュー・キース=バーン(竹内 力)
スプレンディド:ロージー・ハンティントン=ホワイトリー(たかはし智秋)
ケイパブル:ライリー・キーオ(植竹香菜)
ザ・ダグ:アビー・リー(大津愛理)
フラジール:コートニー・イートン(潘 めぐみ)
リクタス・エレクタス:ネイサン・ジョーンズ(真壁刀義)
トースト:ゾーイ・クラビッツ(田村睦心)

<スタッフ>
監督/脚本/製作 :ジョージ・ミラー
脚本 :ブレンダン・マッカーシー /ニコ・ラソウリス
<あらすじ>
愛する者を失ったマックスと2人の反逆者。
自由と生き残りを賭け、3人の“MAD”な戦いが、いま始まる――
石油も、そして水も尽きかけた世界。主人公は、愛する家族を奪われ、本能だけで生きながらえている元・警官マックス(トム・ハーディ)。資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕われたマックスは、反逆を企てるジョーの右腕フュリオサ(シャーリーズ・セロン)、配下の全身白塗りの男ニュークス(ニコラス・ホルト)と共に、ジョーに捕われた美女たちを引き連れ、自由への逃走を開始する。凄まじい追跡、さく裂するバトル…。絶体絶命のピンチを迎えた時、彼らの決死の反撃が始まる!
<映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』クレジット表記>
© Warner Bros. Feature Productions Pty Limited, Village Roadshow Films North America Inc., and Ratpac-Dune Entertainment LLC
◆映画『マッドマックス』
<放送日時>
9月1日(火) 25時55分~27時55分 ※関東ローカル
<出演>
マックス:メル・ギブソン 
ジェシー : ジョアンヌ・サミュエル  
トッカータ : ヒュー・キース・バーン 

※字幕放送 吹き替えなし

<スタッフ>
製作 :バイロン・ケネディ
監督 :ジョージ・ミラー
脚本 :ジョージ・ミラー
<あらすじ>
メル・ギブソンを一躍スターダムに押し上げた近未来バイオレンスの傑作。
凶悪な暴走族の暴行殺人が多発する数年後の近未来。相棒の死をきっかけに警察を引退したマックスは家族と休養の旅に出るところが、旅先でトッカーター率いる暴走族グループに、最愛の、妻子を殺されてしまう。復讐心(ふくしゅうしん)に燃えるマックスは、暴走族用に開発された追跡専用パトカー<インターセプター>を駆って、たった一人で壮絶な闘いを仕掛けていく!スタントマン死亡説が飛び出すほどリアルなカーアクションも話題となった大作。 (1979年公開)
<映画『マッドマックス』クレジット表記>
© Crossroads International Finance Company, N.V.
◆映画『マッドマックス2』
<放送日時>
9月8日(火) 25時55分~27時55分 ※関東ローカル
<出演>
マックス:メル・ギブソン
ジャイロ・キャプテン: ブルース・スペンス
ウェズ:パーノン・ウェルズ

※字幕放送 吹き替えなし
<スタッフ>
製作 :バイロン・ケネディ
監督 :ジョージ・ミラー
脚本 :ジョージ・ミラー、テリー・ヘイズ、ブライアン・ハナント
<あらすじ>
家族を失ったマックスは、最強マシン(インターセプター)とともにガソリンを求めてさまよっていた。中東戦争の勃発で石油が貴重品となり、各地で壮絶な奪い合いが続発している。やがてマックスは精油基地を守る人々と暴走族の抗争に遭遇。ガソリンを条件に別天地への脱出を頼まれ、再び暴走族との孤独なハードバトルに挑んでいく。アメリカでの公開タイトルは、「THE ROADWARRIOR」。(1981年公開)
<映画『マッドマックス2』クレジット表記>
© Kennedy Miller Entertainment Pty. Ltd.

◆映画『マッドマックス/サンダードーム』
<放送日時>
9月11日(金) 25時5分~27時15分 ※関東ローカル
<出演>
マックス:メル・ギブソン  
アウンティ・エンティティ:ティナ・ターナー 
コレクター:フランク・スリング  
<スタッフ>
監督 :ジョージ・ミラー
製作 :ジョージ・ミラー
脚本 :ジョージ・ミラー
製作 :ジョージ・オグルビー
<あらすじ>
核戦争により世界が灰と化して15年。女帝アウンティ・エンティティの支配する街ではサンダードームで開かれる一対一の死闘に熱狂していた。戦士を求めていたアウンティの罠(わな)に落ちたマックス。彼を待ち受けていたのは、最強の怪人マスター・ブラスターとの命を賭けた闘いだった!女帝役のティナ・ターナーの豪快な演技が話題を呼んだ「マッドマックス」シリーズ第3弾! (1985年公開)
<映画『マッドマックス/サンダードーム』クレジット表記>
© Kennedy Miller Entertainment Pty. Ltd.
◆『天龍源一郎のゴールデン洋画劇場 マッドマックス編』
<放送日時>
・9月10日(木) 24時25分~24時35分>※関東ローカル
・9月11日(金) 24時55分~25時5分>※関東ローカル
<出演>
天龍源一郎、コトブキツカサ
<スタッフ>
プロデューサー:大泉正太(ファウンテン)
<概要>
この番組はアカデミー賞6冠のモンスター級の映画「マッドマックス」を、滑舌モンスター・天龍源一郎がプレビュー!!(ただほぼ聞き取れない可能性が!映画情報は映画評論家コトブキツカサがきっちりお届け)

掲載情報は発行時のものです。放送日時や出演者等変更になる場合がありますので当日の番組表でご確認ください。