「ニューヨーク・フェスティバル」

2020.04.22更新

その他

国際的メディアコンクール「ニューヨーク・フェスティバル」で 『ザ・ノンフィクション』が銀賞と銅賞をダブル受賞!

病床の廣中和尚を見舞うタクマ

「ニューヨーク・フェスティバル」

『ザ・ノンフィクション おじさん、ありがとう~ショウとタクマと熱血和尚~』

日本時間4月22日(水)に開催された国際的メディアコンクール、ニューヨーク・フェスティバルで、『ザ・ノンフィクション おじさん、ありがとう~ショウとタクマと熱血和尚~』がドキュメンタリー・宗教哲学部門の銀賞と国連グローバル・コミュニケーション(UNDGC)賞の銅賞を獲得した。

1957年に発足したニューヨーク・フェスティバルは、テレビ番組・映画・ラジオ・広告・インターネットなどあらゆるジャンルの映像作品を審査・表彰する国際的なコンクール。また1990年より国連から審査員を招き、国連の理念と取り組みに合致した作品を協働して選出するUNDGC賞も設立している。今回は新型コロナウイルスの世界的感染拡大を受けて授賞式は行われず、ニューヨーク・フェスティバルのウェブサイト上で動画を公開するスタイルでの発表となった。50カ国から多数の作品のエントリーがあり、優秀作品に金賞・銀賞・銅賞などが授与された。

ドキュメンタリー・宗教哲学部門の銀賞とUNDGC賞の銅賞を獲得した『ザ・ノンフィクション おじさん、ありがとう~ショウとタクマと熱血和尚~』は、かつて“平成の駆け込み寺”と呼ばれ、非行や虐待、いじめ、薬物依存など、さまざまな理由から親元で暮らせなくなった子供たちの居場所となった小さな寺が舞台。バイク窃盗を繰り返し13歳で少年鑑別所に送致される寸前だったショウと、“九州の中学生ヤクザ”と異名を取るほどのワルだったタクマ。この寺で壮絶な思春期を過ごした二人の11年間の映像記録だ。子供たちから“おじさん”と呼ばれ、第二の父親のような存在だった寺の住職・廣中邦充(ひろなか・くにみつ)さんは、肺がんに冒されながらも強靱(きょうじん)な精神力で病と闘い、最期まで子供たちに手を差し伸べ続けた。熱血和尚と悩める子供たちの心の触れ合いを描いている。

コメント

チーフプロデューサー・西村陽次郎(フジテレビ情報企画開発センター)

「去年の銅賞を上回る銀賞の受賞。世界中から作品が集まるニューヨーク・フェスティバルで『ザ・ノンフィクション』が高く評価されたことをうれしく思います。今回の受賞作“熱血和尚の物語”は、その後も、『ザ・ノンフィクション』で、少女を主人公にした物語や2時間の特別編を制作し、いずれの放送も大きな反響と高視聴率を得た作品です。この物語が、海外でも素晴らしい評価を得たことは本当にうれしく、今後もこうした“人間が生きる上での普遍的なテーマ”にカメラを向けて、番組を作っていきたいと思います」

取材・構成・演出・八木里美

「取材を始めた2007年はIT革命全盛期。ネットを使ったいじめ問題など、子供を取り巻く環境は急激に変化していました。しかし寺に来る子供たちは、変わらず“愛情”や“ぬくもり”、“人間関係の強い結びつき”を渇望していて、それらを家庭や学校の中で得られないでいました。彼らにとって廣中さんはその穴を埋めてくれる存在であり、親に替わる強力な“後ろ盾”でした。令和となった今も、虐待や子供の自殺の数は増える一方です。命を賭して子供たちと向き合う廣中さんの姿が、“今もどこかで悩み苦しむ子供たちを救う一助になれば”という思いで制作を続けてきました。廣中さんをはじめ、取材に協力して下さった全ての方に御礼申し上げます」

番組概要

『ザ・ノンフィクション おじさん、ありがとう~ショウとタクマと熱血和尚~』
<放送日時>
2019年6月2日(日)14時~14時55分
<スタッフ>
取材・構成・演出  :八木里美
チーフプロデューサー:西村陽次郎
制作        :フジテレビ情報制作局
「ニューヨーク・フェスティバル」ウェブサイト
URL:https://www.newyorkfestivals.com/

「ニューヨーク・フェスティバル」フジテレビ作品受賞歴

2003年銀賞 『ザ・ノンフィクション 短い命を刻む少女~アシュリーの生き方~』
2008年銅賞 『ザ・ノンフィクション 花嫁のれん物語~地震に負けるな能登半島~』
2009年金賞 『名門に生まれるということ~市川海老蔵 宿命と苦悩の物語~』
2010年銀賞 『なでしこ隊~少女達が見た“特攻隊”封印された23日間~』
2011年銀賞 『ザ・ノンフィクション おっぱいと東京タワー』
2012年金賞 『ザ・ノンフィクション わすれない~三つの家族の肖像~』
2013年銅賞 『とくダネ!』企画「笑顔を忘れず~母を失くした大家族~」
2014年金賞 『ザ・ノンフィクション 特殊清掃人の結婚~“孤独死”が教えてくれたこと』
2014年銀賞 『わ・す・れ・な・い 伝え継ぐ映像記録2013』
2014年銀賞 映画「遺体 明日への十日間」
2014年銀賞 映画「ラーメンより大切なもの~東池袋大勝軒50年の秘密」
2015年銅賞 『HERO』
2015年銅賞 『わ・す・れ・な・い~“巨大津波”3年後の新検証』
2016年銀賞 『東京 子育て 働く母 ~子育て小国 女たちの選択~』
2016年銀賞 アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス2』
2017年銀賞 『ザ・ノンフィクション わ・す・れ・な・い 明日に向かって~運命の少年』
2017年銅賞 アニメ『舟を編む』
2017年銅賞 『Bリーグ開幕戦 アルバルク東京×琉球ゴールデンキングス』
2019年銅賞 『ザ・ノンフィクション 父を殺した母へ~無理心中から17年目の旅~』
2019年銅賞 『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』

掲載情報は発行時のものです。放送日時や出演者等変更になる場合がありますので当日の番組表でご確認ください。