『PSYCHO-PASS サイコパス 渋谷サイコハザード』

2019.12.20更新

その他

フジテレビ“ノイタミナ”大人気アニメの世界をARで拡張! 新時代のリアル体験型謎解きゲーム!

『PSYCHO-PASS サイコパス 渋谷サイコハザード』

2020年1月21日(火)より開催

フジテレビは、プレティア・テクノロジーズ株式会社との共同企画により、2019年12月12日(木)フジテレビ“ノイタミナ”(24:55~)にて、TVシリーズ第三期の最終回を迎え、2020年春に劇場作品公開が決定した大人気アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』とコラボした、AR謎解きゲーム『PSYCHO-PASS サイコパス 渋谷サイコハザード』を開催することが決定。開催期間は2020年1月21日(火)より6月30日(火)までを予定。12月20日(金)より予約の受付を開始した。

AR謎解きゲームとは、スマートフォンのAR(Augmented Reality:拡張現実)機能を駆使し、実際の街を歩き回りながら謎を解いていく、新しいリアル体験型のイベント。渋谷を舞台にした今回の企画で参加者は、『PSYCHO-PASS サイコパス』という作品の世界観の中で、ARによって登場するTVシリーズ第一期のキャラクターと協力し、自分の手でストーリーを進行させる「主人公体験」を楽しむことができる。

フジテレビは、今後も新しい技術によって可能になるエンターテイメントを追求し、メディアミックスの未来を開拓していく。

【ストーリー】

211X年、シビュラシステム運用下にある東京のS区でガス兵器による事件が発生したとの情報が入った。公安局刑事課一係に配属された監視官候補生(プレイヤー)は、狡噛慎也(こうがみ・しんや)・常守朱(つねもり・あかね)とともに犯行現場へ向かう。謎を解き明かして、隠された真実を知った時、監視官候補生の下す「正義」とは・・・。

【特徴】
関智一、花澤香菜、日髙のり子など人気声優の録り下ろし

TVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』登場人物の声を担当している関智一(狡噛慎也役)、花澤香菜(常守朱役)、日髙のり子(ドミネーター役)ら超人気声優陣がゲーム用に撮り下ろし!

(左から)関智一、花澤香菜、日髙のり子

実際の渋谷を舞台に、AR技術やチャット機能で、まるで狡噛慎也・常守朱と一緒に捜査をしているかのような新体験

211X年、渋谷のエリアストレスが急上昇。プレイヤーは監視官候補生となり、狡噛・常守など、TVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』の登場人物たちと、実際の渋谷を舞台に、エリアストレス急上昇の謎に迫る捜査をする。

※開発中の画面です。実際の画面とは異なることもあります。

ゲームオリジナルキャラクター 教官 加巳野正(かみのただし)

鋭い眼差しの公安局キャリア研修所教官。監視官候補生であるプレイヤーの担当教官。

監視官候補生として、ARドミネーターの射撃訓練

プレイヤーは監視官候補生として、加巳野教官による射撃訓練も実施される。

※開発中の画面です。実際の画面とは異なることもあります。

【『PSYCHO-PASS サイコパス 渋谷サイコハザード』概要】

<開催期間>
2020年1月21日(火)〜2020年6月30日(火)(予定)
<開催場所>
東京都渋谷エリア
<スタート地点>
東京都渋谷区渋谷2丁目14番13号 岡崎ビル3F
<価格>
2,900円(平日)、3,400円(土日祝)
<体験時間>
約120分
<プロデュース>
フジテレビ デジタルデザイン部
<企画>
フジテレビ デジタルデザイン部、プレティア・テクノロジーズ
<開発>
プレティア・テクノロジーズ

【アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』概要】

2012年にスタートしたオリジナルTVアニメーション作品『PSYCHO-PASS サイコパス』は、2014年にTVシリーズ第二期を放送、2015年に劇場版を公開、2019年に『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』として劇場三部作が公開された。同年、TVシリーズ第三期となる『PSYCHO-PASS サイコパス 3』が放送され、2020年春に劇場作品公開が決定している。
<ストーリー>
魂を数値化する巨大監視ネットワーク・シビュラシステムが人々の治安を維持している近未来。変わりゆく世界で、犯罪に関する数値〈犯罪係数〉を測定する銃〈ドミネーター〉を持つ刑事たちは、 犯罪を犯す前の〈潜在犯〉を追う。
<権利表記>
©サイコパス製作委員会

掲載情報は発行時のものです。放送日時や出演者等変更になる場合がありますので当日の番組表でご確認ください。