フジテレビ開局60周年特別企画『教場』

2019.10.30更新

ドラマ

木村拓哉演じる“風間公親”の全貌が明らかに! 白髪・義眼で魅せる新境地! 放送日時も決定!!

『教場』ポスタービジュアル

フジテレビ開局60周年特別企画『教場』

2020年1月4日(土)・5日(日)21時から二夜連続放送

日本を代表するトップ俳優・木村拓哉が、見たことがないほど冷徹な役どころを演じると話題のスペシャルドラマ『教場』(きょうじょう)。ベストセラー(累計70万部)となった長岡弘樹の『教場』(小学館)シリーズを原作とした大作エンターテインメント・ミステリーであり、警察学校が抱えるリアリティーを描ききる衝撃の問題作だ。脚本・君塚良一、演出・中江功という最強の制作陣が集まり、フジテレビ開局60周年特別企画として放送される。その放送日時が2020年1月4日(土)・5日(日)の二夜連続21時からとなる事が決定した。

木村演じるカリスマ教官・風間公親が教壇に立つ教場(警察学校教室)、通称“風間教場”。そこに集う生徒役として、工藤阿須加、川口春奈、林遣都、葵わかな、井之脇海、西畑大吾、富田望生、味方良介、村井良大、大島優子、三浦翔平といった注目の若手キャストが集結。さらに舞台となる警察学校の教員として小日向文世や佐藤仁美、和田正人といった超豪華俳優陣が、さらにその他の共演陣として石田明(NON STYLE)、高橋ひとみ、筧利夫、光石研といった実力派俳優陣が名を連ねる。まさに新年最初のドラマにふさわしいキャストを迎え2020年の幕開けとともにお届けする。

ベールに包まれていた風間のビジュアルがついに明らかに

この度、今作で木村がどのような風貌で“風間公親”を演じているか、その姿が『教場』ポスタービジュアルで解禁となった。原作では「冷厳な白髪教官」「どこか焦点が定まらない双眸(そうぼう)」と表現されている“風間公親”。この風間を木村が演じる事が発表されて以降、木村の容姿からは原作の“風間公親”が想像できず戸惑う声も少なくなかった。しかし、解禁されたポスタービジュアルにはまさに原作で表現されている“風間公親”の姿があった。白髪で色のついた眼鏡をかけ、手には白手袋を持ち、肘をたて指を組んでたたずんでいる木村。まっすぐ前を見据えているその目は一体何を見つめているのだろうか。見るものすべてを見透かしているようなその眼差し(まなざし)からは恐怖すら感じる。顔の右側には影が落とされており、その全貌は明らかになっていない。しかしよく見ると原作で「義眼を思わせる」と表現している右目もわずかに確認することができる。その見た目や堅い表情から威圧的で全く隙の無い人物であることは想像に難くない。

この木村のビジュアルについては中江監督を始め、ヘアメーク担当やスタッフと木村とで何度も話し合いを重ね作り上げた。よりリアリティーのある白髪の表現を探るため、髪の毛のブリーチや白髪に染めることなど、いくつもの選択肢を探り、木村自身もすぐにオーダーに対応して臨むほどの気合の入れようだったという。ヘアメーク担当によると参考にしたのは原作『教場2』の書影だという。その書影には風間の後ろ姿が描かれており、髪の毛の生え際は白髪だが他の部分は黒髪も多くある。すべてを白一色にするのではなく、黒を残す事でより原作に近い“風間公親”を表現した。

木村は自身のビジュアルに関して、「撮影現場に来られた一般の方が“今日木村拓哉が来ているってどこにいるの?”と言っている横に自分がいました。(笑)それくらい分からなかったんじゃないかなと思います。普段との見た目のギャップがあったのかもしれないですね。本編のできあがりが本当に楽しみです」とコメント。自身の変貌ぶりに本人も驚きつつも自信を覗かせた。

ポスタービジュアルでは木村の周りには金網のようなものが敷かれ、その中に“風間教場”の生徒たちが様々な表情で配置されている。まるで警察学校を篩(ふるい)に見立てその中にいる生徒たちを木村が見つめているようにも取れる。生徒たちの表情は必死な顔をしている生徒もいれば、何かを探っているような表情、何かに怯えている表情、また笑顔の生徒もいる。そんな生徒たちが“風間教場”で鍛えられ、果たして何人の生徒がここからふるい落とされることなく卒業することができるのか。

オリンピックイヤーとなる2020年の新春を飾るフジテレビ開局60周年特別企画『教場』は、稀代のトップ俳優・木村拓哉が冷徹な教官を演じ、警察ドラマの新境地を切り開くエンターテインメント超大作。多彩な超豪華俳優陣が集結し、ますます期待がかかる今作をお見逃し無く。

【イントロダクション】

珠玉の警察ミステリー、超豪華キャスト・スタッフで待望の映像化!

原作は「週刊文春ミステリーベスト10」(2013年)第1位、「このミステリーがすごい!」(2014年)第2位を獲得し、2013年にミステリー界の話題を席巻し話題となった長岡弘樹の『教場』(きょうじょう)(小学館・刊)。警察小説の新境地としてベストセラーとなりシリーズ化(累計70万部)、多くのファンの間で映像化が待ち望まれてきた作品である。その骨太でありながら人の心理を鋭くえぐる究極のミステリー作品が遂に映像化!
警察学校を舞台に繰り広げられる様々な人間模様が描かれる本作。主人公の冷徹な教官・風間公親(かざま・きみちか)を演じるのは、日本が誇るトップ俳優、木村拓哉。その
木村演じる風間が受け持つことになったクラスの生徒役として工藤阿須加、川口春奈、林遣都、葵わかな、井之脇海、西畑大吾、富田望生、味方良介、村井良大、大島優子、三浦翔平といった若手豪華実力派俳優たちが集結。さらに木村取り囲むベテラン俳優として、小日向文世、佐藤仁美、和田正人、石田明(NON STYLE)、高橋ひとみ、筧利夫、光石研といった演技派俳優陣が名を連ねる。
脚本は『踊る大捜査線』シリーズなどを手掛けるヒットメーカー君塚良一が担当。メガホンを握るのは木村とは『若者のすべて』(1994年)、『眠れる森』(1998年)、『プライド』(2004年)などの作品で共に伝説を作ってきた中江功。総計4時間越えの大作となる今作を超豪華キャスト、スタッフで2020年新春1月4日、5日に二夜連続放送でお送りする。

現代社会に一石を投じる新たな傑作が遂に誕生!

警察学校という場所がクローズアップされることも新鮮な上、その実態がリアルに描かれ過ぎているとも言える今作。何より厳しすぎる規律、守れなかった際の厳罰制度、絶対服従の上下関係など、そのリアルな描写は一見、前時代的とも言えるほど壮絶なため、ハラスメント、働き方改革といった世論が高まる昨今の社会に一石を投じ、論争を巻き起こし得る内容とも言える。人権意識、民主主義的感覚を奪い、上下関係に忠実な人間に調教する場と捉えられても過言ではない厳しさを持つ警察学校だが、それは何より現実の社会で市民と向き合い“法の番人”となる警察官だからこそ、自らを律する必要があるためだ。脚本の君塚、演出の中江をはじめとした強者(つわもの)揃いの制作陣のもと、そのような警察学校が抱えるリアリティーをあえて描ききる衝撃の問題作にぜひご注目いただきたい。

原作書影「教場」

原作書影「教場2」

【あらすじ】

ここで生き残った者だけが、警察官になれる。 警察学校という密室…そこで、何が起きたのか。必死のサバイバルが始まる―

“教場”と呼ばれる警察学校の教室。冷酷無比な教官・風間公親(かざま・きみちか/木村拓哉)が務める初任科第198期短期課程の教場では、生徒たちが日々、早朝6時起床から激しいトレーニングにさらされている。何より厳しいのがルール厳守。その行動は、常に監視体制に置かれ、誰かのミスは連帯で責任を負う。携帯電話も没収され、外出するためには許可が必要。そんな辛苦ともいえる究極の試練が待ち受ける警察学校には、様々な背景を持つ生徒たちが様々な動機で集まってきている。また、警察学校という閉塞(へいそく)した極限状態で生徒たちが抱える葛藤も様々。「警察学校とは適性のない人間をふるい落とす場である」と考える教官・風間は、生徒がトラブルを抱えた途端、退校届を突きつける非情な男だ。また、いつも生徒たちに突然理解しがたい指令だけを告げて、その場を立ち去ってしまう。次々とふるいにかけられる“教場”という名のサバイバルゲームを生き抜くため、生徒たちの秘密と思惑が渦巻き、いろいろな事件が巻き起こっていく…。 “風間教場”のクラスメートは30人。果たして最後までふるい落とされずに生き残り、何人の生徒が卒業証書を手にすることができるのか?さらに風間は、生徒たちが起こす事件の複雑に絡み合った真相を解決していくことはできるのか?そして、生徒たちに非常識ともいえる謎の試練を与え続ける風間の真の狙いとは?

【番組概要】

フジテレビ開局60周年特別企画『教場』
<放送日>
2020年1月4日(土)・5日(日) 21時から二夜連続放送
<出演者>
木村拓哉

工藤阿須加
川口春奈
林 遣都
葵 わかな

井之脇 海
西畑大吾(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)
富田望生
味方良介
村井良大

佐藤仁美
和田正人
石田 明(NON STYLE)
高橋ひとみ

筧利 夫
光石 研(友情出演)
 
大島優子
三浦翔平

小日向文世


<スタッフ>
原作: 長岡弘樹『教場』シリーズ(小学館)
脚本:君塚良一
演出:中江 功
プロデュース:中江 功 西坂瑞城 髙石明彦(The icon)

掲載情報は発行時のものです。放送日時や出演者等変更になる場合がありますので当日の番組表でご確認ください。