『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』

2019.10.25更新

ドラマ

20年後のタイコを堀内敬子が演じることが決定!美しく歳を重ねるもママ友ランチでため息はつきない…!?

堀内敬子

『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』

11月24日(日)20時~21時54分

天海祐希主演にて、“日本一有名な家族”であるサザエさん一家の、これまで一度も描かれたことのない20年後を、オリジナルストーリーでお送りするスペシャルドラマ『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』にて、このたび堀内敬子が20年後の波野タイコ(40代)を演じることが決定した。

そんな『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』で、20年後のタイコを堀内が演じる。サザエ、カツオ、ワカメといとこ同士の波野ノリスケ(46歳/八嶋智人)の妻で、イクラ(21歳/稲葉友)の母。町でも評判の美人でおしとやかな性格だが芯は強い女性。好奇心旺盛で頑固なイクラに手を焼きながらも、叱るべき時は叱るしっかり者のお母さん。また、お調子者のノリスケが磯野家に迷惑をかけた時はフォローするなど、陰ながら夫を支える。波野家を支える良妻賢母なタイコはサザエとは年齢が近いこともあり、友達のように仲が良い。サザエとは家事の合間をぬって近所のおしゃれなカフェで息抜きするのが習慣になっている。外へ出てリフレッシュのはずが、話題はいつも家族のことになってしまう。最近は息子への心配が尽きないふたり。タイコは自分の夢に突き進み起業しようとしているイクラを周囲からほめられ誇りに思いながらも、親としては心配が尽きない。一方で、就活がうまくいかず落ち込んでいる様子のタラオを心配するサザエの悩みには子供を思う母親に立ちつつ、客観的なアドバイスをする。サザエはタイコのアドバイスによって、思い切った提案をタラオにしてみることにするが…。

今回、タイコ役を演じることとなった堀内。サザエ役を演じる天海とは初共演となり、天海とともに作り上げる20年後のママ友っぷりは必見だ。堀内にタイコ役のオファーをした企画・プロデュースの渡辺恒也は、その理由を「タイコさんの柔らかくやさしい笑顔と、しっかりした自分の考えを持っているところに、堀内さんのイメージが重なる部分が多くありました」と明かす。

この秋、“サザエさん”が、とびっきりの笑顔と感動を日本中へ贈る『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』にぜひ、ご期待いただきたい!

<堀内敬子コメント>

Q:20年後のタイコ役のオファーを聞かれた際の感想
「オファーをいただいて、まず、えっ、凄くうれしいんですけど!!と喜びました。だって、だって、小さい頃から毎週見ていた、サザエさんの20年後のドラマなんて、絶対見たいですもの。そんな記念の作品の一コマになれることに、心から感謝です。後から、タイコさんの20年後ーーー??と悩みもしましたが、サザエさん役の天海さんにお会いして、そんなことは、吹っ飛んで、自然とタイコさんを演じることができました」

Q:見どころなど、視聴者へメッセージ
「家族の色々な問題、友人関係、会社での問題。どの問題においても結局は、人との絆、家族との絆が大切。そんなことを、ほっこりと見られるドラマなのではないでしょうか。皆さんがよくご存じのサザエさんの20年後!それだけで、もう興味ワクワクですよね。私も、オンエアーを楽しみにしております」

<番組概要>

フジテレビ開局60周年記念 アニメ『サザエさん』放送50周年記念スペシャルドラマ企画 『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』
<放送日時>
11月24日(日)20時~21時54分

<出演者>
天海祐希、西島秀俊、濱田 岳、松岡茉優、成田 凌、桜田ひより、八嶋智人、堀内敬子、稲葉 友、森矢カンナ、浅野和之、小手伸也、中林大樹 ・ 市毛良枝、伊武雅刀 他
<原作>
長谷川町子

<スタッフ>
【脚本】
阿久津朋子
【プロデュース】
渡辺恒也
<アニメ『サザエさん』、過去作品『HERO』、『HOPE〜期待ゼロの新入社員~』、『海月姫』他)
小林 宙(共同テレビ)
<過去作品『フラジャイル』、『海月姫』、『SUITS/スーツ 』他>
【演出】
鈴木雅之
<過去作品『ショムニ』、『HERO』、『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』他>

掲載情報は発行時のものです。放送日時や出演者等変更になる場合がありますので当日の番組表でご確認ください。