『監察医 朝顔』

2019.09.20更新

ドラマ

志田未来、中尾明慶、田川隼嗣、平岩紙、板尾創路、そして山口智子ら法医学教室の面々が感無量のクランクアップ! 

田川隼嗣、平岩紙、志田未来、山口智子、上野樹里、板尾創路、中尾明慶

『監察医 朝顔』

毎週(月)21時~21時54分

志田未来、中尾明慶、田川隼嗣、平岩紙、板尾創路、そして山口智子ら法医学教室の面々が感無量のクランクアップ! 

上野樹里が主演を務め、法医学者と刑事という異色の父娘を描く『監察医 朝顔』で志田未来、中尾明慶、田川隼嗣、平岩紙、板尾創路、山口智子が、このほどクランクアップを果たした。

『監察医 朝顔』は、法医学者の万木朝顔(上野樹里)と、父で刑事の平(時任三郎)という異色の父娘が、各話で、かたや解剖、かたや捜査により、さまざまな遺体の謎を解き明かし、見つけ出された遺体の“生きた証”が生きている人たちの心を救っていくさまを、胸が締め付けられるほどハートフルに描く。同時に、朝顔は東日本大震災で母の里子(石田ひかり)が被災し、いまだ遺体が見つかっておらず、全話を通して、ポッカリと空いてしまった母の穴を、少しでも埋めようとするかのように肩を寄せ合い、涙と笑顔を繰り返しながら、少しずつ前へ進んでいく父娘、そして朝顔の夫である桑原真也(風間俊介)や朝顔の娘のつぐみ(加藤柚凪)たちとの、かけがえのない日々を、あふれるほど情感豊かに紡いでいく、感涙のヒューマンドラマとなる。

第1話(7月8日放送)の視聴率は13.7%(関東地区、ビデオリサーチ社調べ。以下同)と好スタートを切り、第10話(9月16日放送)までの平均視聴率は12.5%と、以後も好調を維持。視聴率のみならず、視聴者からは「毎回心を打たれる内容で月曜日が待ち遠しい」「最高の月9ドラマ」「毎回、前回の感動を超えてくる」「涙腺崩壊しました」「俳優さん、脚本、音楽、どれも素晴らしかったです」といった絶賛の声が寄せられている。

まさに今夏一番の注目を集めている『監察医 朝顔』にて、法医学教室のアルバイトをしていた医学部生からシッカリ者の法医学者となった安岡光子を志田が、天真爛漫な検査技師・高橋涼介を中尾が、新たな法医学教室のアルバイトとしてかわいがられている熊田祥太を田川が、すっかり夫婦格差が板についた妻で法歯学者の藤堂絵美を平岩が、夫でベテラン法医学者の藤堂雅史を板尾が、そして唯一無二の個性的なキャラクターで、朝顔たちを見守り、支えてきた主任教授の夏目茶子を山口智子が、それぞれ演じ、誰か1人でも欠ければ“興雲大学法医学教室”とは呼べないほど、それぞれが見事に役にはまり、抜群のチームワークで『監察医 朝顔』の世界を作り上げてきた。
そんな法医学教室の面々の最後の撮影は、土砂災害に見舞われた山梨県の現場へ、今からまさに車で向かおうとするシーン。最後のカットを撮り終え、「志田未来さん、中尾明慶さん、田川隼嗣さん、平岩紙さん、板尾創路さん、山口智子さん、オールアップです!」とスタッフから声が上がると、盛大な拍手とともに、演出の平野眞と上野さんから花束が贈られる。志田は「お疲れ様でした。2話からの出演で、最初は緊張をしていたのですが、本当に楽しい現場でした。色々と学ばせていただきました。ありがとうございました!」と、中尾は「もう俺、こういう場だと長くしゃべっちゃうから、撮影も押しているので、あとは打ち上げで(笑)。ありがとうございました!お疲れ様でした!」と、田川は「6話から2カ月、撮影に入らせていただいたのですが、本当にお世話になりました。色んな経験ができて、色んな方に出会えて、本当に楽しかったです。またこうやって、一緒に仕事ができるように全力で頑張ります。ありがとうございました!」と、平岩は「4カ月、お世話になりました。こんなにステキなキャストやスタッフの皆さんのもとで、お芝居をさせていただいたことに感謝をしております。この作品の一員として呼んでいただいて本当にありがとうございました。撮影に通う日々はとても幸せでした。ありがとうございました!」と、板尾は「ありがとうございました。ほとんど皆さんと同じコメントです(笑)。お疲れ様でした!」と、山口は「茶子&山口は、この夏働いたので、これから旅に出ます。帰ってきて、次のチャンスで、また皆さんにお会いすることができたら嬉(うれ)しいです。皆さん、お元気で。ありがとうございました!」と皆、感無量の表情で挨拶をおこなった後、上野とともに記念撮影をおこなった。

ついに9月23日(月)に最終回となる『監察医 朝顔』。9月16日(月)放送の第10話ラストでは土砂崩れが起こる衝撃の展開を迎えたが、最終回では、土砂の下敷きになり、多数の死傷者が出ていることが予想されるため、興雲大学法医学教室に応援の要請が届き、朝顔、法医学者の安岡光子(志田未来)、検査技師の高橋涼介(中尾明慶)、法歯学者の藤堂絵美(平岩紙)、そして主任教授の夏目茶子(山口智子)の5名が、災害が発生した山梨県に向かうことになる。現地に入り、すぐさま遺体安置所を作った朝顔たち。一息つく間もなく、朝顔たちのもとへ、続々と遺体が運ばれてくる。遺体は泥だらけで損傷が著しく、その痛ましい遺体の状態に、朝顔たちは愕然(がくぜん)とする。しかし、法医学者の本分を全うするため、心を奮い立たせ、まずは遺体の検案を始めることに。そんな中、今回の土砂崩れが自然災害ではなく、人災ではないかという疑惑が浮上し・・・。最後にして最大の事件、その行方は?そして、土砂災害の遺体安置所で彷彿(ほうふつ)とされるのは、あの東日本大震災―あの日から法医学者を目指し、そして死と生に誰よりも懸命に向き合ってきた朝顔は・・・。命あるすべての人に贈る落涙の最終回!ぜひご期待いただきたい!

番組概要

≪タイトル≫
『監察医 朝顔』

≪放送日時≫
毎週(月)21時~21時54分

≪キャスト≫
上野樹里、時任三郎、風間俊介、志田未来、中尾明慶、森本慎太郎(SixTONES/ジャニーズJr.)、藤原季節、坂ノ上 茜、田川隼嗣(6話〜11話)、喜多乃愛、宮本茉由、加藤柚凪(6話〜11話) ・ 戸次重幸、平岩 紙 ・ 石田ひかり ・ 三宅弘城(1話〜5話・11話)、杉本哲太(6話〜11話)、板尾創路、山口智子、柄本 明
≪スタッフ≫
【原作】
原作:香川まさひと、漫画:木村直巳、監修:佐藤喜宣「監察医 朝顔」(実業之日本社)
【脚本】
根本ノンジ
(過去作品:『フルーツ宅配便』、『犬神家の一族』、『相棒 season17』、『5→9~私に恋したお坊さん~』など)
【音楽】
得田真裕
【法医学監修】
上村公一(東京医科歯科大学)
【プロデュース】
金城綾香
(過去作品:『犬神家の一族』、『グッド・ドクター』、『営業部長 吉良奈津子』、『5→9~私に恋したお坊さん~』など)
【演出】
平野 眞
(過去作品:『黄昏流星群』、『Chef~三ツ星の給食~』、『ショムニ』シリーズ、『HERO』シリーズ など)
澤田鎌作
(過去作品:『犬神家の一族』、『ミス・パイロット』、『CHANGE』、『西遊記』など)
【制作】
フジテレビ

掲載情報は発行時のものです。放送日時や出演者等変更になる場合がありますので当日の番組表でご確認ください。