『まだ結婚できない男』

2019.08.08更新

ドラマ

阿部寛主演、10月期・火9ドラマ『まだ結婚できない男』に 吉田羊、深川麻衣、そして稲森いずみの出演が決定! 塚本高史、草笛光子ら、おなじみの出演者も発表!

『まだ結婚できない男』

2019年10月期・火9ドラマ

阿部寛主演、10月期・火9ドラマ『まだ結婚できない男』に 吉田羊、深川麻衣、そして稲森いずみの出演が決定! 塚本高史、草笛光子ら、おなじみの出演者も発表!

阿部寛主演でお届けする、10月スタートのフジ系・火9ドラマ『結婚できない男』の続編のタイトルが『まだ結婚できない男』に決定。さらに新キャストも決定した。
解禁になった新キャストには、主人公・桑野信介が出会うさまざまな女性たちの名前が並ぶ。
弁護士・吉山まどかを演じるのは、阿部とは初共演となる吉田羊。桑野に振り回され、いつもぶつかり合いながらも関係を深めていく役どころだ。桑野の部屋の隣に引っ越してくる謎の女性・戸波早紀役に、乃木坂46の元メンバーで女優の深川麻衣。そして、カフェの店長・岡野有希江役に、阿部とは21年ぶりに共演を果たす稲森いずみ。桑野の姪・中川ゆみには、平祐奈が決定した。
さらに、前作にも出演していたメンバーも。桑野の設計事務所のアシスタントで、現在は桑野と共同経営者となっている建築士・村上英治を演じる塚本高史、桑野の母・桑野育代を演じる草笛光子、桑野の妹・中川圭子役に三浦理恵子、圭子の夫で桑野の良き理解者でもある中川良雄役に尾美としのり。さらに、桑野といつもケンカになる大工の棟梁役に不破万作らの出演が決定。13年前から変わらない、おなじみのメンバーも揃った。

桑野とはどうなる!?それぞれの思いと気になる展開は? 吉田羊「頭を柔らかくして頑張りたい」、深川麻衣「まさか自分も参加させて頂けるなんて」、 稲森いずみ「前作にもいない雰囲気のキャラクター」。

7月中旬から撮影もスタートしており、意外にも阿部と初共演となる吉田羊は「シリアスからコメディまで幅広く、どの役にも説得力がある。加えて、嫌な役をやっても憎まれないのは阿部さんの人間力なのだろうなと思います。キャラクターの人物造形や俳優としての在り方には共感することばかりで、今回間近で阿部さんの役作りを拝見できること、阿部さんと一緒にアイデアを出し合ってシーンを膨らますことが、とても楽しみです。桑野さんとの丁々発止のやり取りは、今作でも毎話の見どころになるかと思いますので、頭を柔らかくして頑張ります」と阿部の印象と意気込みを語った。また、前作の放送当時は高校生だったという深川麻衣は「前作の大ファンだったので、その13年後のお話が描かれる今回の作品に、まさか自分も参加させていただけるなんて。出演が決まった時は、本当にうれしかったです。たくさんのファンの方に愛されている作品なので、今回新しいキャストとして参加させていただくことにプレッシャーもありますが、何より楽しみながら戸波早紀という女性を演じていきたいと思います!」と当時の作品への思いと意気込みを語った。そして、阿部とは21年ぶりの共演となる稲森いずみは「阿部さんのセリフの言い回しが絶妙で、今回も桑野さんの表情が面白すぎて…、鼻がちょっと膨らんだり、目が大きくなったり、ちょっとした表現が絶妙で、本気で笑ってしまいそうになりました。有希江は前作にもいなかった雰囲気のキャラクターになるかと思いますので、桑野さんとどうなるのかも楽しみにしていただければ」と共演の感想を語った。
果たして、3人の女性と出会った桑野は決定したタイトルの通り“まだ結婚できない男”のままなのか?桑野と女性たちがどうかかわっていくのか、それぞれの展開からも目が離せない。「時代を令和に変えても桑野節は健在」と吉田が語る通り、相変わらず偏屈で皮肉屋な桑野。しかし、決して素直になれない彼も、不器用なりに、人と関わることは決して嫌いじゃない。そんな男の波乱の日常を見ていると、結婚しても、しなくても、それぞれの幸せな生き方があると思えてくる。見る人すべての人の心を明るく照らし出す『まだ結婚できない男』にご期待ください。

番組情報

●あらすじ
53歳になった桑野信介は、偏屈さに一層磨きがかかり、相変わらず独身生活を継続中。人生100年時代と言われるこのご時世で、独り身を謳歌(おうか)する日々…。
果たして、今度こそ人生のパートナーを見つることができるのか?
続編は、前作から13年後が舞台。主人公で建築士の桑野信介(53)は、以前と同じマンションに一人、暮らしている。13年の間に飛躍的に進んだIT化に合わせ、スマートスピーカーといった最新機器を取りそろえるなど、引き続き独身生活を謳歌(おうか)中。恋愛においては、自身の担当医だった早坂夏美と交際まで発展したものの、愛想をつかされてしまい、その後破局。少し恋愛モードに傾いていた桑野の気持ちは、再び固く閉ざされ、独り身を謳歌する生活に逆戻り。50歳を過ぎ、偏屈さにはより一層磨きがかかっている一方で、将来のことを考えると、ちょっと不安を感じないでもない桑野。
そんな中、偶然出会った女性たちとの間で、運命の歯車が突然、動き始める!果たして桑野は、弁護士のまどか(吉田羊)や、隣人の早紀(深川麻衣)、カフェ店長の有希江(稲森いずみ)との出会いによって、変わっていくのか?そして、今度こそ“結婚”の扉をひらくことになるのか?
日本の“今”を切り取りつつ、“結婚できない男”桑野信介を再び映しだす!令和時代の桑野の日常やいかに…?

阿部寛

●『結婚できない男』
(2006年7月~9月放送/当時の放送時間:午後10時~午後10時54分)
偏屈で独善的で皮肉屋…けれど、どこか憎めない独身の建築家・桑野(くわの)信介(しんすけ)(40)が、女性との出会いをきっかけに恋愛を意識し、結婚を真摯(しんし)に考えるまでの日常をリアルに、そしてコミカルに描いた作品。“未婚”に対しネガティブな受け止められ方が多かった当時、“結婚のメリット・デメリット”を表現したドラマ『結婚できない男』は、“未婚”を一つの生き方としてポジティブにとらえたことで、大きな話題に。“40歳独身男の本音さく裂ドラマ”とも言われ、新聞や雑誌では特集が組まれるなど、“結婚できない男”というワードが社会現象を巻き起こした。

●出演者
阿部寛
吉田羊 深川麻衣 塚本高史 咲妃みゆ 平祐奈
阿南敦子 奈緒 荒井敦史 小野寺ずる 美音
不破万作 ・ 三浦理恵子 尾美としのり 稲森いずみ 草笛光子

●作品概要
【放送枠】 2019年10月期 毎週火曜よる9時~9時54分
(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)※初回放送日未定
【タイトル】 『まだ結婚できない男』
【脚本】 尾崎将也 『結婚できない男』『アットホーム・ダッド』『シグナル 長期未解決事件捜査班』(カンテレ)他
【演出】
三宅喜重(カンテレ)『結婚できない男』『パーフェクトワールド』『僕のヤバイ妻』『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』
小松隆志(MMJ)『結婚できない男』『美しい隣人』『白い春』(カンテレ)『家政夫のミタゾノ』『奪い愛、冬』
植田尚(MMJ)『結婚できない男』『サキ』『まっすぐな男』『鬼嫁日記』(カンテレ)『Wの悲劇』
【チーフプロデューサー】 安藤和久(カンテレ)・東城祐司(MMJ)
【プロデューサー】 米田孝(カンテレ)・伊藤達哉・木曽貴美子(MMJ)

【制作】カンテレ MMJ(メディアミックス・ジャパン)

掲載情報は発行時のものです。放送日時や出演者等変更になる場合がありますので当日の番組表でご確認ください。