フェルメール展

<東京展>
【会期】
2018年10月5日(金)~2019年2月3日(日)
【会場】
上野の森美術館

それは、このうえもなく優雅な事件。

17世紀オランダ黄金時代を代表する画家、ヨハネス・フェルメール(1632-1675)。
ミステリアスな緊張感をたたえた静謐な空間、光の粒子までもを捉えた独特な質感を特徴とし、「光の魔術師」と称されることもあります。寡作でも知られ、現存する作品はわずか35点(研究者によって見解が異なる)とされ、希少性も人気のひとつです。
今回は、そのうち8点までが東京に集結する、日本美術展史上最大の「フェルメール展」です。欧米の主要美術館から特別に貸し出される、日本初公開作を含む傑作の数々が、上野の森美術館の【フェルメール・ルーム】に一堂に会します。

本展は、大変な混雑が予想されるため、美術展では適用の少ない「日時指定入場制」にて、お客さまをご入場の際に長時間お待たせせず、ご覧いただく運営をめざします。
さらに来場者全員に音声ガイドを無料でご提供するなど、より快適に作品と向き合える、かつてない贅沢なひとときをおとどけします。

展覧会の情報はhttps://www.vermeer.jp/

Twitter @VermeerTenをご覧ください。