フジテレビのCSR活動

マネージメント体制 Management

申し込み受付中

TOPマネージメント体制コンプライアンス
コンプライアンス

フジテレビでは、放送の公共的使命と社会的責任を認識し、すべての人が平和に共存し、心身ともに健やかな生活を維持できる世界の実現に努めることを番組編成の基本として掲げています。自主自律・不偏不党の立場を堅持し、公平かつ平和で自由な社会を守るために、真実の伝達と品位ある放送を行うことで「メディアとしての使命」を果たすとともに、放送以外においても「法令遵守への高い意識」を持ち続け、社会からの信頼に誠実に応えて参ります。

フジテレビのコンプライアンス体制

フジテレビでは、「コンプライアンス及びリスクの管理等に関する規程」に則り、コンプライアンス体制を整備しています。詳しくは「コーポレート・ガバナンス / 内部統制」のページをご覧下さい。

主な取り組み

コンプライアンス社内・社外相談窓口

コンプライアンス違反やハラスメント等の相談ができる「社内相談窓口」と「社外相談窓口」を設置しています。フジテレビで働くすべての関係者を対象としており、直通電話かメールで通報、相談ができます。

社外相談窓口を新設

eラーニング コンプライアンス研修

フジテレビで働く社員・スタッフを対象(約4,500人)に、毎年実施しています。
考査や法務をはじめ、コンプライアンス関連の実際の相談例を基に「具体的な問題」を数多く出題することで、より実践的な研修としています。

eラーニング コンプライアンス研修2019

ハラスメント防止研修

講師に弁護士を招き、部長級以上の社員を中心に、ハラスメントに関する研修を行いました。ハラスメント関連の裁判例を学び、出席者全員でディスカッションすることで、実効性のあるものとしています。

ハラスメント防止研修

標的型攻撃メールの体験型訓練

サイバーセキュリティに対する注意喚起を促すため、社員・スタッフに「標的型攻撃メール」を実際に届ける体験型訓練を実施しました。また、eラーニング研修でもセキュリティ知識の啓蒙を行っています。

標的型攻撃メールを開いた場合の警告画面

児童・青少年への配慮

民放連による「青少年の知識や理解力を高め、情操を豊かにする番組を少なくとも週3時間放送する」との申し合わせに基づき、民放テレビ各社は、毎年、春と秋に公表しています。
2019年秋にフジテレビが選定した番組は、以下の6番組です。

フジテレビの番組

詳しくはこちらをご覧下さい。
日本民間放送連盟ホームページ https://j-ba.or.jp/

前のページに戻る

Copyright © Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.