フジテレビのCSR活動

フジテレビCSR活動方針・行動宣言

申し込み受付中

TOPフジテレビCSR活動方針・行動宣言
フジテレビのCSRへの取り組みと体制

企業が社会の一員である以上、その社会に対して大きな果たすべき役割を負っています。フジテレビは、その果たすべき責任を認識し、行動することがCSRと考えています。

企業の社会的責任は、コンプライアンスを始め、社会貢献活動、環境活動、ステークホルダー(従業員、株主、顧客・視聴者など企業と関わる全ての利害関係者の総称)との関係、人権、情報管理、地域社会への参加、人材育成・職場環境なども含まれ、領域は広範にわたります。

フジテレビのCSRへの取り組みと体制

フジテレビでは、CSR活動を通じてメディア企業としての社会的責任を果たすべく、2006(平成18)年6月にCSR推進室を新設。更に社長を委員長とした社内横断組織「CSR推進会議」を立ち上げ、各部局から選出されたプロジェクトチームメンバーが中心となってCSR活動を推進・実行しています。またその内容を適時ホームページで公表しています。

CSRの基盤をなす「ガバナンスの構築」「コンプライアンスの確保」に関しては、2006年5月、会社法の施行に対応し「業務の適正を確保する体制(内部統制システム)の整備」を行いました。

また、国民共有の財産である電波を預かる放送事業者としての使命を強く認識し、一般より高い法令順守の意識、使命感、倫理観が求められていること等を自覚するなど誠実な業務遂行を求める「コンプライアンス及びリスクの管理等に関する規程」を設けています。

さらに、メディアを通じて人々に感動を与え、放送文化に寄与するという企業理念のもと、絶えず発信する豊かなコンテンツ(情報)資産を各種の脅威から守り、かつ、業務や番組制作において取得したすべての情報は重要かつ貴重な資産であるという認識に立って、「フジテレビ情報セキュリティ基本方針」を定め、全社的に情報セキュリティの考え方(「情報セキュリティガイドライン」)を周知徹底しています。

また、新しい時代の到来とともに我々も「変化して進化」していかなければならない、そのような考えのもと、フジテレビの「行動宣言」を2019年1月1日に新しく制定しました。この「行動宣言」は視聴者から信頼され支持されるテレビ局であり続けるための指針であり、フジテレビおよび社員・スタッフによる企業活動の基本方針です。

フジテレビ行動宣言

1 <社会的責任;Responsibility>メディアの持つ社会的影響力の大きさを自覚し、公平公正で信頼できる情報を発信します。

2 <社会貢献;Contribution>「心に響く」コンテンツを創造し、文化・教育・環境など多様な分野に貢献します。

3 <明るい職場;Happiness> 働く人たちの個性と能力、多様性を尊重し、自由闊達な職場をつくります。

Copyright © Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.