ニュースリリース

一覧へ>>

2014年9月5日

株式会社フジテレビジョン

フジテレビ制作の連続ドラマ『ガリレオ』が
「ソウル国際ドラマ賞」で日本勢唯一の特別賞を受賞しました。

 フジテレビで2013年4月より放送した連続ドラマ『ガリレオ』が、今年で9回目を迎える国際ドラマフェスティバル「ソウル国際ドラマ賞2014」で特別賞を受賞しました。

 今年は日本から5作品出品され、コンペティション部門にノミネートされた作品はありませんでしたが、『ガリレオ』が「異文化交流に貢献した作品」として、日本勢で唯一コンペティション以外の特別賞を受賞することとなりました。『ガリレオ』の企画から携わったプロデューサー・鈴木吉弘が4日、韓国・ソウルで開かれた授賞式に出席し、喜びを語りました。

企画・鈴木吉弘(株式会社鈴木会社)コメント

「東野圭吾さんの小説を原作とするこのドラマは、物理学者が科学の力でさまざまな奇妙な事件を解決して行くというミステリー作品で、2007年に放送されたファーストシーズンの続編になります。前作では、科学者の痛快な活躍を描き、好評をいただきましたが、2011年に日本は震災と原子力発電所事故を経験し、科学の進歩を盲目的に信じることの危険を目の当たりにし、科学技術と環境破壊という問題に直面しました。2013年に製作された本作には、そうした問題意識が強く盛り込まれています。この『ガリレオ』セカンドシーズンが日本以外の方々にもこうして評価していただけて、とても光栄です」

>>詳細はこちら

以上