ごあいさつ

フジテレビのホームページをご覧頂きありがとうございます。

昨年来のコロナウィルスの感染拡大で日常生活は大きく変わり、
テレビを取り巻く環境も大きく変化しました。
インターネット配信が人々の生活に定着し、
地上波テレビと競合する映像メディアが多数登場しています。
そういう時だからこそ、番組は「文化的なもの」である、ということを意識したいと思います。
文化「カルチャー」の語源は「耕す」で、番組も私たちが自分の手で種をまき
手塩にかけて育て上げてこそ文化的創造物となります。
多くの方々の心を豊かにし楽しんでいただくというテレビの役割に変わりはないと思っています。
さらに自然災害が頻発する中、安全や安心を提供する正確で信頼されるメディアとして
今まで以上に気を引き締めて公共的使命を果たしていきたいと思います。
テレビの影響力の大きさ、その責任の大きさを改めて認識し、
番組の制作や放送にあたっては、社員一同、コンプライアンスの徹底、
社会規範に則った行動をとっていくことを徹底して参ります。

フジテレビは放送メディアとしての機能に加えて、
動画配信などに向けた様々なコンテンツを作る「プロダクション(制作)」、
過去の番組のアーカイブを含めた多様なコンテンツの「サプライヤー(供給)」、
そのすべての機能を引き続き最大限活かしていきたいと思います。
時代の変化とともに進化し続ける企業として、
フジテレビはこれからも皆様の豊かな生活に貢献してまいります。

代表取締役社長
金光 修