7/2放送 「里山の地下水でキクラゲ栽培」 大多喜町
肉厚でプリプリした食感が自慢です。ぜひ召し上がってください!

千葉県の中央部に位置する自然豊かな大多喜町。
その山あいにある君塚きのこ園は、元鉄道マンの君塚さんが定年退職を機に仲間7人と始めた施設で、食物繊維が豊富なキクラゲの菌床栽培と販売を行っています。



君塚さんのこだわりは、昔から米作りに利用され今も湧き出ている地下水で育てること。
1日に3回手作業で丁寧に与えるほか農薬も使わずに栽培「大多喜大名きくらげ」と名付け販売しています。
キクラゲはまさに今が旬、自分で収穫できるキクラゲ狩りも体験できますよ。

自宅で味わう場合は1分位煮沸したあと、キムチと炒め合わせるだけで、おつまみやご飯のお供になります。お好みで醤油を加えてくださいね。
キクラゲは通販でも販売、キクラゲ狩りは10月下旬まで楽しめますよ。

イメージ1

イメージ2

イメージ3

まごころインフォメーション 地図にもどる
君塚きのこ園
 夷隅郡大多喜町紙敷1283-1
 0470-62-6761
 *キクラゲの購入・キクラゲ狩りについては
 「君塚きのこ園」公式HPをご確認ください。

「千葉の贈り物」トップにもどる

ちばコレchannel

これまでの贈り物

千葉まごころMAP(2022.04 〜 2023.03 放送)はコチラ!