9/5放送 「持続可能な農業へ」 市原市
生産性や収益性の高い農業経営を目指しています。

今回は、持続可能な農業の確立に向け、
自ら生産者として奮闘する銀行マンのお話です。





市原市の皆吉地区、その一角で収穫作業をする竹内さんの本職は銀行員。
2018年、千葉銀行が県内15の企業と設立した農業法人「フレッシュファームちば」に出向し、二足の草鞋で新たな取り組みに挑んでいます。

地元の農家に指導を受けながら稲作を学んだ竹内さん。
この日は、農業の師匠でもある勝間さんに4回目の収穫を終えた新米のコシヒカリを味わってもらいました。
フレッシュファームちばが生産するコシヒカリは「みなよし米」と名付け、市原市でふるさと納税の返礼品になっています。

イメージ1

イメージ2

イメージ3

まごころインフォメーション 地図にもどる
株式会社フレッシュファームちば
 市原市牛久283-16
 0436-98-3717
 ・「みなよし米」(コシヒカリ)
  市原市・ふるさと納税の返礼品

千葉の贈り物

千葉県インターネット放送局

これまでの贈り物

千葉まごころMAP(2020.04 〜 2021.03 放送)はコチラ!