7/18放送 「熟成イモの芋けんぴ」 香取市
独自の加工法で贅沢な芋けんぴに仕上げています。ぜひご賞味ください!

今回は、熟成させたサツマイモを使い、究極の芋けんぴを届ける人たちのお話です。
香取市で300年以上もサツマイモの生産を続ける芝山農園。
自社で苗の育成も始めた8代目の篠塚社長は、収穫後にオリジナルの方法で熟成させる「NETAIMO」をもとに商品を開発、そして生まれたのが自慢の芋けんぴです。

原料はベニアズマという品種。
芋の風味を損なわないよう米サラダ油を使用、さらに温度と時間を変え、2度揚げするこだわりなんです。



成田市にある「寝た芋本舗」では、味付け控えめの揚げたてけんぴを販売。
また、香取市の「さわら町屋館」では、人気の塩味などお土産品として5種類のバリエーションで味わえます。
素材と製法にこだわった芋けんぴは、オンラインショップでも購入できますよ。

イメージ1

イメージ2

イメージ3

まごころインフォメーション 地図にもどる
芝山農園
 香取市福田500-25
 0478-59-0784
 ・芋けんぴ 60g 290円
 ※ 商品の購入の詳細は「NETAIMO」公式HPでご確認ください。

千葉の贈り物

千葉県インターネット放送局

これまでの贈り物

千葉まごころMAP(2020.04 〜 2021.03 放送)はコチラ!