4/12放送「伝統工芸!萬祝式大漁旗」銚子市
親子で手作り、江戸時代から技を受け継ぐ世界に一つの大漁旗。

豊漁を祝う晴れ着「萬祝着(まいわいぎ)」の
染色技術を継承した房総半島の大漁旗。

銚子市で江戸時代からその技を受け継ぐ
額賀屋染工場では、
今も大漁旗を親子で手作りしています。

大漁旗作りはまず、
真っ白な下地に絵を描くことから始まります。

色を入れない所には糊を付け、乾かした後に、
染(そめ)と呼ばれる色付けを施します。

漁船の進水式のほか
結婚や節句のお祝いにも贈られる大漁旗、
最近ではブックカバーといった
身近なものへ応用されています。

世界に一つの大漁旗、職人の技が光ります。

イメージ1

イメージ2

イメージ3

まごころインフォメーション 地図にもどる
額賀屋染工場
 銚子市中央2-3
 0479-22-1135

(2016年12月25日に放送したものです)

千葉の贈り物

千葉県インターネット放送局

これまでの贈り物

千葉まごころMAP(2019.04 〜 2020.03 放送)はコチラ!