ウガンダ共和国

エイズ孤児・児童婚・・・ 『2人の15歳が背負う命』

FNSチャリティキャンペーンは、2019年度で46年目を迎えました。今年度は、アフリカ東部の内陸国ウガンダ共和国の子供たちを支援します。約4200万人の人口の半数以上を18歳未満の子どもが占める若い国ですが、国民の3人に1人以上が国際貧困ライン(1日1.9ドル)以下で生活しており、「児童婚」と「エイズ孤児」が大きな社会問題となっています。

「児童婚」幼くして結婚する女の子は、貧困家庭であることが多く、学校を退学し、家庭内暴力に苦しみ、貧困の世代間連鎖に繋がっています。「エイズ孤児」エイズが原因で親をなくした子どもは56万人以上にものぼり、貧困に陥って、学校を中退し、兄弟姉妹の多い世帯の場合は、年長の子どもが弟や妹の世話に加え、家計を担う状況に陥るケースもあります。

FNSチャリティキャンペーンでは、フジテレビの森本さやかアナウンサーが2週間にわたり現地取材をし、児童婚とエイズ孤児という2つのテーマを視聴者に投げかけます。過酷な環境の中で懸命に生きる子供たちの姿を伝え、支援を訴えてゆきます。

2019年度FNSチャリティ ウガンダ共和国 ~『2人の15歳が背負う命』