フジテレビジュツの仕事

    ジャンクSPORTS

    2018年1月〜 
    毎週日曜日 19:00〜19:57

    • 美術プロデューサー:三竹 寛典、双川 正文
    • アートコーディネーター:内山 高太郎
    • 大道具:藤沢 和雄
    • 小道具:門間 誠
    • 電飾:時任 伊織
    • アクリル装飾:高橋 瞳
    • 人形装飾:西村 怜子
    • アートフレーム:鈴木 綱敏
    • 植木装飾:後藤 健

    ビジュツのヒミツ①

    廃材寸前だったオブジェたち

    8年ぶりのお目見えなので、テーマは「Reborn」。
    セットの中心に鎮座ましますのは、
    ご存じ「浜田大明神」。
    実はコレ、8年前まで使っていた実物なんです。

    「ジャンク復活」の報を受けて、
    美術スタッフが大捜索を開始。
    噂をたどってありかを突き止め、廃材寸前のところで救出成功。
    愛情込めて丁寧に磨きあげました。

    「ちゃんと管理しとけよ」と言われそうですが、
    テレビセットは番組終了とともに
    バラすのが原則なので、
    8年の歳月を経ての復活は、奇跡的なことなんです。

    もうひとつ、復活したのがこのキューブオブジェ。
    8年前と同じようにキラキラと光ってくれています。

    美術スタッフにとっては、
    一から作り上げたアイテム一つ一つが情熱と知恵を
    注ぎ込んだ子供のような存在。
    8年ぶりの再会に、
    美術スタッフの感慨もひとしおなんです。

    ビジュツのヒミツ②

    選手フィギュア=デッサン人形

    やんちゃな「ジャンク」の世界観は、
    ジャングル&アメコミワールドで表現。
    ヘルメットをかぶったゴリラやサル、
    ヘビやワニもいます。

    「SMASH」「Wooo!」「POW!!」
    アクセントに「吹き出しアメコミ文字」も足しました。

    スポーツ選手がやってくるので、
    スポーツに関する飾りにも力が入っています。

    この斜面には5つスポーツが隠されています。
    左から「ゴルフ」、「競泳」のレーン。
    中央には、スキーの「ジャンプ」台。その横に
    「サッカー」。
    一番右が「マラソン」コースです。

    選手のフィギュアは
    「デッサン人形」と呼ばれるスグレモノ。
    関節も自在に曲がるので、
    いろんな競技ができるんです。
    二つ使えば、サッカーボールの奪い合いも再現OK。

    ゲストに合わせたスポーツ人形。
    ユニフォームや器具も一つ一つ手作りします。

    柔道も、球技も、アーチェリーも。
    水泳選手は足だけで失礼。

    東京オリンピックに向けて、徐々に増えていく予定。
    乞うご期待。

    ビジュツのヒミツ③

    安全第一!ダメと言ったらダメ!

    トークとともに番組の目玉なのが、
    選手が挑戦する体を張ったゲーム。

    画面ではたいへん盛り上がるコーナーですが、
    舞台裏の最大テーマはもちろん「安全第一」。

    ADさんやスタントさんが、
    何度も何度もシミュレーションします。
    動きやすさと安全性、
    出演者の心理状態まで細かくチェック。
    器具の位置、マットの量、プロテクターの種類など
    美術スタッフにとっても、
    妥協は許されない真剣勝負です。

    巨大ゲームセットを支えるイントレは
    安定しているか。
    セットの強度は大丈夫か。
    そして、
    セット転倒防止のワイヤーに抜かりはないか。

    「吊りモノ」と呼ばれるセットを支えていたのは、
    こんなフック。特大サイズです。

    そして、意外と大切なのが床の材質。
    滑った方がいいゲームの時は、「アクリル床」。
    踏ん張る場合は、プールサイドに使われる「タキストロン床」。
    「人工芝」を用意することもあります。

    何が一番安全か、
    美術スタッフの経験がものを言う世界。
    美術がダメと言ったら、演出が何を言おうがダメ。
    安全を守るため、コレ、テレビの常識なんです。

    ビジュツのヒミツ③

    理系集団が作る特殊装置

    スタジオを盛り上げてくれるのが、
    電動で動くゲーム装置。
    フジテレビジュツでは「特殊装置」と呼ばれる
    専門スタッフが、作ってるんです。

    フジテレビの誇る理系集団。
    オリジナルのマシーンも、
    動きを制御するプログラムも作っちゃいます。
    おなじみ「ぐるぐるダッシュ」の回転台。
    2台は完全にシンクロしていて、
    必ず定位置で止まるようにプログラム。

    こちらの回るカゴ装置も、理系集団の作品。

    デザイナーのスケッチは、出演者への説明のためにも重要です。

    トークセットにも特殊装置が使われています。
    回っている地球のオブジェがそれ。
    中心から軸をずらして回転させると、どう地球が暴れ出すか。
    美術的表現にも得意の計算で挑みました。

    中にパトランプを仕込んで、
    その光を反射させる装置を組み込む。
    回転させると・・・。
    導火線で爆発した暴れる地球の出来上がり。

    製作工場には「リケジョ」スタッフも勢ぞろい。
    日々、新装置開発に向けて、
    基礎研究に励んでいるのです。

    デザインのヒミツ

    セット平面

    ゲームプラン