世界法廷ミステリーPR
世界法廷ミステリー 傑作選
次回 2020年8月8日(土) 16:05~17:30 放送
(1)ネット都市伝説の恐怖…12歳少女たちに同級生殺害実行命じた“スレンダーマン”(2)子供守り英雄となった母に10年目の疑惑…全ての鍵握るピンクのノート存在

放送内容詳細

(1)2014年5月12歳の少女2人が同級生をメッタ突きにする事件が発生!刺したモーガンと殺害を指示したアニッサそして刺されたペイトン。大の仲良しだった彼女たちの間に何があったのか?事件後にモーガンとアニッサが語ったのは“スレンダーマン”という謎の男からの指令だったというのだ。“スレンダーマン”とはアメリカの子供たちの間で恐れられているネット上の都市伝説の一つで、約5mの身長で背中から伸びる触手で、次々と子供たちを殺すとされていた。彼女たちは、本当にネットの都市伝説を信じ親友を刺してしまったのか?全ては裁判で明かされる!(2)2001年12月アメリカ・アイオワ州で、母親トレーシーと3人の子供たちがいた自宅に強盗が侵入する事件が発生!トレーシーは子供たちを守るため護身用の拳銃を発砲。強盗犯のひとりは逃亡したがもうひとりが銃弾に倒れた。強盗犯は近所に住む無職の男でトレーシーが強盗犯を殺害したのは正当防衛だと認められ子供たちを守った勇敢な悲劇のヒロインとして注目を浴びた。しかし10年後、悲劇のヒロインのはずだった母親・トレーシーが殺人容疑で逮捕された!始まった裁判・・・検察は、10年前の事件は正当防衛でなく計画的殺人だったと主張したのだ。鍵を握るのは、検察側が10年以上その存在を隠してきたピンクのノート。果たして、疑惑のヒロイン・トレーシー被告は“有罪”なのか“無罪”なのか?
閉じる
もっと見る