最後の絆 沖縄 引き裂かれた兄弟 ~鉄血勤皇隊と日系アメリカ兵の真実~

放送内容

放送内容

2011年8月13日(土)放送終了

放送内容詳細

今から70年前、1941年真珠湾攻撃を機に、日本とアメリカは戦争を始めた。そして、1944年の沖縄大空襲以降、沖縄は激戦の地へと変貌し、沖縄全土の中学生男子が戦場へと駆り出される非常事態となった。県立第三中学校に通う少年・東江康治(佐藤健)もまた、学友とともに極秘部隊「鉄血勤皇隊」の少年兵になった。そんな時、康治のもとに恐ろしい知らせが届く。
数年前、家族のためにアメリカに出稼ぎに出た兄・盛勇(要潤)が、あろうことか敵国アメリカ兵になったというのだ。父・盛長(大杉漣)は、「このことは秘密にするように」と康治に堅く言いつける。盛勇がアメリカに渡ってからも、母・カマド(手塚理美)は、「命こそ宝。生きてさえいれば、家族はまた必ず会える」とその頃いつも康治に言い聞かせていた。しかし、その兄が、憎きアメリカの兵隊になったという。しかも、自分自身は、これから日本兵になり、アメリカとは、敵同士になるのだ。
康治は、兄の存在を忘れる決意をし、鉄血勤皇隊として、幼なじみで友人の清(長田成哉)や勝(中村倫也)とともに、戦場に向かった。アメリカ兵に次々と殺されていく康治の友人たち…。康治はアメリカへの憎悪を募らせていく。
一方、盛勇は、アメリカ兵として、沖縄に派兵されていた。「アメリカに寝返った」と裏切り者の烙印を押された盛勇だったが、本当の目的は別のところにあった…。

出演者

東江康治 … 佐藤 健
東江盛勇 … 要 潤
ゴロウ … 溝端淳平
古謝幸子 … 中越典子
ヨウスケ … 賀来賢人
平良 清 … 長田成哉
山入端 勝 … 中村倫也
東江カマド … 手塚理美
東江盛長 … 大杉 漣

ほか

スタッフ

■脚本
 ひかわかよ

■脚本協力
 鈴木 智

■演出
 西浦正記(FCC)
 大川卓弥(ジン・ネット)

■企画
 立松嗣章
 成田一樹

■プロデューサー
 森 憲一
 中山ケイ子(FCC)
 西田治彦(ジン・ネット)

■制作
 フジテレビ

■制作著作
 FCC
 ジン・ネット

プレゼント・募集


オススメ番組

プレゼント・募集

オススメ番組