放送内容

放送内容

2018年11月11日(日)放送終了

放送内容詳細

晩秋の福島路を走る「ケーズデンキスポーツスペシャル第34回東日本女子駅伝」。東日本の18都道県が参加し、中学生から実業団までの女性ランナーが、ふるさとの誇りをかけて9区間42.195キロでタスキをつなぐ。浅利純子、鈴木博美、高橋千恵美、福士加代子、渋井陽子、尾崎好美、吉川美香、赤羽有紀子、尾西美咲、関根花観…など多くの五輪ランナーたちが、かつてこの大会から羽ばたいた。今年はどんなドラマが繰り広げられるのか?2年後、世界を相手に闘うヒロインがこの大会から生まれる!!
今年は、東京五輪を目指し約5年ぶりに現役復帰した東京・新谷仁美(ロンドン五輪トラック代表)や昨年の世界陸上のマラソンに出場した静岡・清田真央など、注目選手が揃い、例年よりハイレベルな争いが期待される。
2連覇、史上最多の10回目の優勝がかかる千葉は、全日本インカレ10000mのチャンピオンで大学長距離界のスーパースター加世田梨花(名城大)が3年連続でエントリー。実力のある実業団選手に加え、解説の増田明美の母校成田高校の後輩・風間歩佳も9月に3000mで自己ベスト9分9秒74をたたき出すなど絶好調。連覇に向けて盤石の体制だ。
はたして栄冠は、どの都道県に?大きな可能性を秘めたランナーたちが、地元ふるさとの誇りをかけて福島路を走りぬける。

(選手情報は11月7日現在。)

出演者

【解説】
増田明美(スポージャーナリスト、ロサンゼルス五輪代表)
弘山晴美(エボーリュ代表、アトランタ・シドニー・アテネ五輪代表)
吉川美香(パナソニック女子陸上競技部コーチ、ロンドン五輪代表)

【特別ゲスト】
尾西美咲(積水化学女子陸上部アドバイザー、リオデジャネイロ五輪代表、日本選手権女子5000m4連覇)

【実況】
坂井有生(福島テレビ)
森昭一郎(フジテレビ)
酒主義久(フジテレビ)
廣岡俊光(北海道文化放送)
中村剛大(北海道文化放送)
金澤聡(仙台放送)
牧広大(仙台放送)
竹島知郁(秋田テレビ)
鈴木敏弘(テレビ静岡)
豊嶋啓亮(福島テレビ)
松永安奈(福島テレビ)

〈リポート〉
福盛田悠(福島テレビ)

スタッフ

【大会応援ソング】
New Beginning(伊藤千晃)

【制作】
福島テレビ

プレゼント・募集


オススメ番組

プレゼント・募集

オススメ番組