朱蒙~チュモン~

朱蒙~チュモン~

放送内容

放送内容

2007年9月27日(木)放送終了

番組紹介

2006年の韓国最高視聴率48.9%を記録、2007年1月には50%を超え、最終回では52.67%<TNS調べ>を記録、韓国で歴代トップとなる35週間視聴率1位を記録し、「宮廷女官~チャングムの誓い」に並ぶ国民的ヒット作となった大河ドラマ「朱蒙(チュモン)」がついにフジテレビで放送!

物語
 紀元前108年、朝鮮半島を含む大帝国を領有した古朝鮮国は、隣国・漢により滅亡。漢はその地に、楽浪(ナンナン)・臨屯(イムドゥン)・真番(チンボン)・玄菟(ヒョント)の四郡を置き支配するが、将軍・ヘモスとその友人で玄菟(ヒョント)郡に属する扶余(プヨ)の太子・クムワは、圧政に苦しむ古朝鮮の流民(ルミン)<流浪の民>を率いてタムル軍を編成、漢に抵抗する。だが扶余(プヨ)では、ヘモスの活躍の裏で、その存在が漢の反感を買い、国の災いとなることを懸念する者たちがいた。
 ある日、玄菟(ヒョント)城で開かれた宴席で見世物として流民たちが虐殺されるのを目にしたクムワは、これに1人抗議した河泊(ハベク)族の君長の娘・ユファに心惹かれる。一方、漢軍との闘いで重傷を負ったヘモスは、瀕死のところをユファに救われる。やがて2人は恋に落ち、ユファはヘモスの子を身ごもるが、それを知る間もなく、ヘモスは漢軍の矢に倒れてしまう。愛する人を失った悲しみの中、ユファはクムワに援助され、男児を出産、チュモンと名付ける。ユファを心密かに想うクムワは彼女を側室に迎えると、友の忘れ形見・チュモンを我が子として育てることを誓う。
 20年後。扶余の王となったクムワの三男として育ったチュモンは、長兄テソや次男ヨンポに比べ、意気地が無く軟弱なため、ユファやクムワを失望させてばかり。にもかかわらず父の寵愛を一身に受けるチュモンを、クムワの正妻や2人の兄たちは憎々しく感じ、チュモン殺害の計略を企てていた。ある日、チュモンは兄たちの罠で泥沼にはまり、偶然通りかかった大商団の長の娘ソソノに助けられる。口ばかりの情けない男に呆れながら、なぜかチュモンのことが心に残るソソノ。そして、チュモンは兄たちの様々な策略の末、ついに宮中を追放されてしまう。山中の牢獄で謎の盲目の男に出会ったチュモンは、彼が実父ヘモスであるとも知らず、武芸を学び、強靭に生まれ変わっていく。

<放送予定>
 9月10日(月)11日(火)14:07~14:58
 9月14日(金)14:07~14:58
 9月18日(火)~9月21日(金)14:07~15:00
 9月25日(火)~9月27日(木)14:07~15:00

プレゼント・募集


オススメ番組

プレゼント・募集

オススメ番組

お知らせ

「朱蒙~チュモン~」第一章は2007年9月27日の放送をもって終了しました。
たくさんのご声援ありがとうございました。

第二章以降の放送は未定です。
ご了承ください。