インクレディブル・ハルク

インクレディブル・ハルク

放送内容

放送内容

2014年8月31日(日)放送終了

放送内容詳細

科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、恋人ベティ・ロス(リヴ・タイラー)の父、ロス将軍(ウィリアム・ハート)の命令を受けて人体への放射線抵抗を研究していた。研究の成功を確信し自らの肉体を使って実験を行ったが、失敗。ブルースは、怒りを感じて心拍数が200を越えると巨大な緑色のモンスター“ハルク”に変身する特殊体質となってしまう。それ以来、彼を利用しようとする軍の追跡を逃れ、身を隠して治療薬開発と細胞の解明に専念するブルース。しかし、ブルースの居場所が突き止められ、ロス将軍によって送り込まれた特殊部隊員ブロンスキー(ティム・ロス)らに包囲されてしまう。追い詰められたブルースは巨人へと変身し、部隊を壊滅させた。唯一生き残ったブロンスキーは、ハルクが兵士強化実験の成れの果てであることを知り、衰えた肉体を強化するために実験に志願するのだが…

出演者

エドワード・ノートン
リヴ・タイラー
ティム・ロス

ほか

スタッフ

【監督】
ルイ・レテリエ

【脚本】
ザック・ペン

プレゼント・募集


オススメ番組

プレゼント・募集

オススメ番組