さだまさしドラマスペシャル故郷~娘の旅立ち~

放送内容

放送内容

2011年7月5日(火)放送終了

放送内容詳細

長崎県・五島列島に「トラさん」の愛称で呼ばれている男がいる。佐伯寅夫(松平健)。郷土を愛し、家族を愛し、酒を愛する。愛する妻・美砂代(風吹ジュン)との間には、長男・守(高岡蒼甫)、長女・梢(中越典子)、次女・ちづる(堀北真希)、三女・静香(美山加恋)、次男・豪太(中村柊芽)の5人の子どもがいる。
家の一角を改造して作った製麺所で、毎日、早朝から子供たちを動員して、一家総出で五島うどんを作り続けるトラさん。金はないが、自然の中で、愛する家族とマイペースで暮らしている。
うどん作りで子どもたちにアルバイト代を、学校を休ませて家族で田植え、家族新聞…など、ユニークな子育て、破天荒な生き方は、上五島のなかでも名物男として名が通っている。父親を中心にいつも笑顔のたえない一家。そんなトラさん一家は島の誰から見ても理想的な家族だった。役場に勤めている杉本三郎(温水洋一)はトラさんの野球部の後輩で、トラさん一家に出入りし、トラさんとは信頼関係で結ばれている。
しかし、時は流れ、いつしか成長してゆく子供たちの中には父親に反発し、故郷の五島列島を出ようとする者も現われる。高校3年生の次女・ちづるは島での生活に閉塞(へいそく)感を感じ、写真の全国アマチュアコンテストで奨励賞を取ったことをきっかけに、高校を卒業後、上京し、プロのカメラマンを目指そうと決意する。ちづるを役場の観光課に就職させたいトラさんは猛反対する。美砂代の応援もあり、渋々、ちづるの夢を認めるトラさん。
プロのカメラマンを目指し上京したちづるは、スタジオのカメラマンのアシスタントとして、新たな人生のスタートを切った。だが、厳しい現実がちづるの前に立ちはだかった。
姉の梢が信用金庫の先輩の章造(山崎樹範)と結婚することになり、梢は結婚式の写真をちづるに撮ってほしいと頼む。だが、ちづるは写真コンテストに出品するための準備で忙しく、久しぶりの里帰りをためらう。だが、トラブルに巻き込まれ、東京での生活に疲れたちづるは3年ぶりに五島列島に帰る。そこには、変わらない家族の笑顔や絆があった…。

出演者

堀北真希
松平健
風吹ジュン
高岡蒼甫
中越典子
美山加恋
中村柊芽
温水洋一

スタッフ

【脚本】
樫田正剛



【原案】『五島のトラさん~頑固オヤジと大家族の12年~』(制作:テレビ長崎)

【演出】
平野眞



【企画協力】
テレビ長崎



【プロデュース】
中島久美子
高丸雅隆(共同テレビ)



【協力プロデュース】
大浦勝(テレビ長崎) 協力:共同テレビ
著作:フジテレビ

プレゼント・募集


オススメ番組

プレゼント・募集

オススメ番組