相関図

登場人物

法医学者
万木朝顔 … 上野樹里

万木朝顔 … 上野樹里
神奈川県にある興雲(こううん)大学の法医学教室に勤める法医学者。
実直な人柄で、自分よりもつい相手のことが気になってしまう、愛情深く心優しい女性。東日本大震災で母を失ったのみならず、遺体すら見つからないという癒しようのない悲しみを抱えており、その悲しみゆえに朝顔には、遺体を決して、どうして亡くなってしまったのか分からない“不詳の死”にはさせない、という揺るぎのない信念がある。遺体を前にした朝顔は「教えてください。お願いします」とささやきながら解剖をおこない、誰よりも懸命に、そして真摯に遺体に向き合っていく。そうして見つけられた遺体の真実は、時に犯罪を看破し、時に遺族の悲しみを癒やし、何より遺体が最後に伝えたかった想いを朝顔に語りかけていく。桑原と結婚後も、変わらず万木家で、父と夫と娘と暮らすことを選んだ。

刑事
万木平 … 時任三郎

万木平 … 時任三郎
朝顔の父で、朝顔がいる法医学教室が管轄している野毛山署強行犯係に勤めるベテラン刑事。朝顔に輪をかけて真面目な性格で、手がかりになる可能性が1%でもあるならば、どんな些細なことまでも調べ上げ、たとえ足が棒になろうとも聞き込みを諦めない。一方で平は、今なお時間があれば東北へ向かい、まるで“捜査”と同じように、東日本大震災に被災し行方不明となっている妻の遺体を探し続けている。孫のつぐみには目が無い。

刑事
桑原真也 … 風間俊介

桑原真也 … 風間俊介
朝顔の夫で、平と同じ野毛山署強行犯係に勤める刑事。すっかり一人前の刑事になり、“落としのクワ”と呼ばれるまでに。正義感が強く謙虚な好青年な一方、小心者で心配性な一面も。朝顔とは共働きであるため、基本的に家事と育児は折半だが、平を頼る時もしばしば。朝顔の母のことは、すべて理解をしており、自分のことのように涙をこぼし、生来の人の好さと温かさで、父娘の心と結びついていく。

法医学者
安岡光子 … 志田未来

安岡光子 … 志田未来
法医学教室でアルバイトをしていた医学部生の頃は、時給だけが目当てだった光子が、朝顔たちの影響で、法医学者になり、朝顔たちの同僚に。思ったことをすぐ口にする性格は変わらず、さらに負けん気も強くなり、新しいアルバイトの医学部生・熊田祥太には厳しい。

検査技師
高橋涼介 … 中尾明慶

高橋涼介 … 中尾明慶
解剖の補助や臓器の病理学検査をおこない、法医学者を縁の下で支える検査技師。高橋は並の法医学者よりも豊かな知見があり、天真爛漫なキャラクターで、興雲大学法医学教室になくてはならない存在。光子が医師となったため、「光子先生」と呼ぶようになり立場が逆転した。

刑事
森本琢磨 … 森本慎太郎

森本琢磨 … 森本慎太郎
平や桑原と同じ、野毛山署強行犯係に勤める刑事。桑原よりも年下ながら、桑原とともに多くの経験をつみ、桑原とは気心の知れた、まるで同期のような存在。スーツを着るようになり、より刑事らしさが増した。

刑事
愛川江梨花 … 坂ノ上茜

愛川江梨花 … 坂ノ上茜
平や桑原と同じ、野毛山署強行犯係に勤める刑事。男性に囲まれながらも、何も恐れることなく、ズケズケと発言できる女性刑事。

医学部生
熊田祥太 … 田川隼嗣

熊田祥太 … 田川隼嗣
アルバイトで法医助手を務める医学部生。実家は歯科医院で、その跡取りという生粋のお坊ちゃま。上昇志向に乏しく、事なかれ主義な草食系男子。さらに要領も悪く、ケアレスミスで注意されることもしばしば。光子のことが怖い。


桑原つぐみ … 加藤柚凪

桑原つぐみ … 加藤柚凪
朝顔の娘で現在、4歳。朝顔と平と桑原の笑顔と愛に包まれ、すくすく成長中。

刑事・強行犯係係長
山倉伸彦 … 戸次重幸

山倉伸彦 … 戸次重幸
野毛山署強行犯係を束ねる万年係長。出世はしたいが叶わない。たまに勢いだけで空回りしてしまうことがあり、部下からイジられたり茶化されることも。しかし刑事としては敏腕で、平を含めて部下からの信頼は厚い。

法歯学者
藤堂絵美 … 平岩紙

藤堂絵美 … 平岩紙
遺体の歯形や治療痕から身元を特定することを主な職務として、興雲大学法医学教室に勤める法歯学者。著作がベストセラーになり、売れっ子放歯学者として世界を飛び回るように。同僚の藤堂とは夫婦で子どももおり、竹を割ったような性格の絵美は、仕事場で夫と小気味の良いやり取りを見せつつ、完全に夫のことを尻に敷いている。

朝顔の母・平の妻
万木里子 … 石田ひかり

万木里子 … 石田ひかり
朝顔の愛情深く心優しい部分は里子譲り。穏やかで茶目っ気たっぷりでユーモアもあり、まさに万木家の太陽だった里子。しかし、朝顔と東北の海沿いの街にある実家に帰省中、東日本大震災に被災。以来、里子は行方不明のまま、今日に至る。

検視官
丸屋大作 … 杉本哲太

丸屋大作 … 杉本哲太
新しく着任した検視官。検視官として群を抜いて優秀であり、検視官という仕事に確固たる誇りと自信を持っている。そのため、“超”がつくほど頑固で、仕事のためなら、少々の軋轢を生むこともいとわない。

法医学者
藤堂雅史 … 板尾創路

藤堂雅史 … 板尾創路
絵美の夫であり、興雲大学法医学教室に勤めるベテラン法医学者。のらりくらりとしながらも、仕事は細やかで丁寧にこなし、朝顔も何かと頼りにする。関西弁で、絵美には頭が上がらないどころか、 “格差夫婦”と嘆いている。息子が藤堂にはやや反抗期気味なのが悩み。

主任教授
夏目茶子 … 山口智子

夏目茶子 … 山口智子
興雲大学法医学教室の主任教授。1つの死の影には多くの人たちの悲しみがあるのを忘れないことが仕事の矜持(きょうじ)。プライベートのモットーは「明日、死ぬかもしれないから」。その言動は自由奔放で神出鬼没、年齢不詳で謎多き女性。 “法医学者・朝顔”の1番の理解者であり、朝顔にとっては法医学者を目指すきっかけにもなった人物。加えて、父の平とも長年の親交を持ち、母を失った万木家にとっては、まさに“心強い姉”のような存在。

朝顔の祖父・里子の父
嶋田浩之 … 柄本明

嶋田浩之 … 柄本明
里子の父であり、朝顔にとっては祖父。もともと陽気な性格ではないものの、東日本大震災以来、余計にふさぎこんだように寡黙な時も。ただ孫の朝顔のことは可愛くてしかたない。里子の遺体を探しに東北に来る平のことを内心、あまり好ましく思っていない様子で……。