TVer 最新話無料配信 TVer 最新話無料配信

SUPER RICH

STORY

宮村空 役町田啓太さん

江口のりこさん

『SUPER RICH』への出演が決まった時の感想はいかがでしたか?

「まず初めに、今作がオリジナルストーリーだと伺ってワクワクしたのを覚えています。そして、イキイキと働く人たちの仕事、恋愛、家庭などの“幸せの価値観”というものに重きを置く作風とも伺いまして、より一層、出演への楽しみが増して嬉しく思いました。」

宮村空は、どのようなキャラクターだと思いますか?

「どうなんでしょう?(笑)。物語上、どのようになっていくのかは、これからストーリーが進むに連れて変化して行くのだと思います。第1話の台本を読んだ時の印象は、空には内に抱えているものがあって、それが江口(のりこ)さん演じる氷河衛への尊敬に繋がっているんだなと。周囲からは忠誠心に見えるようなものです。僕自身は、空は気の細かい人なんじゃないかな?と感じるんですが、そんな空がいろいろなキャラクターと絡むことで、変化して行くのではないかと思っています。」

空に共感することはありますか?

「空は心に抱える痛みがあるのですが、それは僕にもわかります。僕だけでなく、心に痛みが全くない人って、なかなかいないのではないでしょうか?ただ、僕は空のように誰かに忠誠心を持っているというようなことはありません(笑)」

空を演じる上で気をつけていることは?

「撮影前に僕自身が空に感じた疑問点を、プロデューサーや監督に伺ったり、たくさんの意見交換をさせていただきました。あっ、こういったところの“気の細かさ”は空に似ているかもしれませんね。その時、みなさんが丁寧に対応してくださったのが嬉しかったです。この物語の一員として、僕を加えていただけているんだという実感が湧きましたし、出来る限り話し合ったことを膨らませていけたら良いなと思いながら、空を演じています。演じる上では、やはり一番大事にしなくてはいけないのが衛への気持ちですね。どういった尊敬なのか?衛とどのぐらいの歳月を一緒に過ごし、何があってこうなったのか?という事だけは、絶対にハズせません。その点はずっと意識しながら演じています。」

江口のりこさんの印象は?

「衛がとにかく面白いんです。演じている江口さんご自身が唯一無二の存在だと思います。アドリブではないんですが、台本に書かれているセリフに何か足して、と監督に言われることがあるのですが、そんな時にリハーサルで江口さんがポロッと言った言葉が面白くて、そのまま本番に反映されることもあるんですよ。」

収録現場の雰囲気はいかがですか?

「僕たち出演者もスタッフも、すごく穏やかな現場です。それは座長の江口さんが穏やかな方であることも大きいと思います。江口さんのお芝居は衛というキャラクターにかぶる面もありますが、僕自身もすごいと思うことがたくさんあります。そのまま、空の感情にもつながるのでありがたいです。本当に優しいんですよ。朝、寝ぼけた感じで現場に行くと“大丈夫?”と話しかけてくださって。“昨日眠れなかったんじゃない?”と、瞬時にバレてしまいました(笑)。その後、よく眠るにはこうしたら良いと教えてくださって、どれだけ優しい方なんだろう?と思いました。赤楚(衛ニ)さんとは、以前ガッツリと共演させていただいていますので、ご一緒すると安心感があります。僕は人としても役者としても信頼しているので、赤楚さんと一緒に新しい作品づくりにチャレンジ出来るのはすごく嬉しくて。お互いに現場で会うとよくそんな話をしています。」

最後にドラマをご覧のみなさまにメッセージをお願いします

「オリジナルストーリーで先が全くわからないので、僕自身、次にいただく台本を読むのが楽しみな作品です。また、登場人物が多いのですが、それぞれの物語、バックボーンがしっかりと用意されています。キャラクターがたくさんいる時の空気感は、実際に演じてみると台本を読んで感じたものより会話のテンポが早いな?と、なるのも楽しいです。みなさんにも続きを楽しみにしながらご覧いただけたらと思います。」

BACKNUMBER