2022.7.27 Wed. Update

introduction

吉沢亮さんが月9初主演! 
北海道の小児科医に!
連ドラ初! “子どものICU”が
舞台の医療ドラマが誕生!
『監察医 朝顔』スタッフが贈る、
感涙必至の“命の物語”

『PICU 小児集中治療室』(仮)

10月スタート 毎週月曜 よる9時~9時54分

フジテレビでは10月期の月9ドラマとして、吉沢亮さん主演のメディカル・ヒューマンドラマ『PICU 小児集中治療室』(仮)(読み:ピーアイシーユー)をお送りします。PICUとはPediatric Intensive Care Unitの略称で小児専門の集中治療室のこと。高度かつ集中した治療が必要とされるおよそ15歳以下の子どもを対象にした、いわば“子どものためのICU”です。PICUでは小児集中治療を専門とする医師や看護師が各専門分野の医療スタッフと連携し、搬送のタイムリミットと闘いながら、重篤な子どもの尊い命を救うために命懸けで治療に当たっています。日本は先進国でありながらも小児死亡率の高さが深刻な課題です。小児集中治療の必要性を問う医師たちの働きかけによって日本各地でPICU開設が進んでいますが、今作の医療監修を務める杏林大学医学部教授で日本小児救急医学会理事の浮山越史医師は、「全国的に見ると不十分なところがあるのも事実」と語っています。

今作の舞台は、雄大な自然、広い空、そして、地平線が果てしなく広がる北の大地・北海道。人々を魅了してやまない美しい大地である一方、広大すぎるがゆえに搬送までに長時間を要することも少なくなく、刻一刻を争う急患の子どもたちにとっては残酷な土地でもあります。この物語は、「大規模なPICUの運営は極めて困難」と言われてきた北海道で、駆け出しの小児科医が先輩医師と共に、どんな子どもでも受け入れられるPICUを作るため、そして、1秒でも早くPICUに搬送できる医療用ジェット機の運用を可能にするために奔走する姿を描く感涙必至のメディカル・ヒューマンドラマです。

自分の非力さに打ちのめされ、傷つき、それでも涙をぬぐい幼い命を助けようとする若く経験の浅い小児科医が今作の主人公。まだ何も成し遂げていない医師になりたての若者が、愚直に“医師”という職務に向き合っていく様を描きます。彼はこう語っています。「…僕は、初めてでした。こんなに自分がばかだと思ったのも、嫌いになったのも、患者が死ぬところを目の前で見たのも、人前で声を上げて泣いたのも、全部初めてでした」と――。

成長途上にある若き医師を演じるのは、若手俳優の中でも人気実力ともに日本トップを走る、国民的人気俳優・吉沢亮さん。彼を主演に迎え入れ、『監察医 朝顔』スタッフが総力をあげておくる感動作がこの秋、日本中を温かい涙で包み込みます!

生まれも育ちも北海道、不器用で純朴な“どさんこドクター”が主人公!

今作の主人公は、北海道で生まれ育った27歳の小児科医・志子田武四郎(しこた・たけしろう)。幼い頃に父を亡くしており、女手一つで育ててくれた母・南(みなみ)と二人暮らしをしています。母思いで料理上手、家事全般もそつなくこなす優しい青年ですが、大事な場面で不器用さを発揮することも。実家から通える病院であれば何科でも良いと考え小児科医になったという経緯を持つ、安定志向の持ち主です。ある日、勤務先の病院に新設されたPICUに異動することになり、そこでPICU医の植野元(うえの・はじめ)と出会います。植野は日本各地でPICUの整備を推し進めてきた小児集中治療のパイオニア。「日本一広大な自然を相手に、医療用ジェット機を運用した日本屈指のPICUを作る」という“最後の大仕事”を成し遂げるため、東京からはるばるやってきたのです。陸路での搬送が絶望的な北海道で、医療用ジェット機で雄々しい山を越えて1秒でも早く搬送すること。そして、どんな状況のどんな子どもであっても全員を受け入れられるPICUを作ること。そんな確固たる覚悟を持ってやってきた植野との出会いが、武四郎の小児科医人生を大きく変えていくことになります。

しかし、立ち上げたばかりのPICUは圧倒的な人材不足で急患を受け入れられる状態ではありませんでした。そんな中、稚内市の病院から連絡が入り、発症から4時間経過した少女が運び込まれてきて……。子どもたちの生死を分ける過酷な職場・PICUで、不器用で純朴、泣き虫で未熟な“どさんこドクター”が直面する現実とは。植野の「志子田くんにとって医者の仕事って何なの?」との問いかけに武四郎は正面から向き合うことになります。

吉沢 亮さんが月9初主演で初の医師役! 大河ドラマ以来の連ドラ出演!

そんな武四郎を演じる吉沢亮さん。2009年に芸能界入りし、特撮テレビドラマ『仮面ライダーフォーゼ』(2011-12年、テレビ朝日系)のメテオ役で人気を博します。その後も数々の話題作に出演し、主演映画『リバーズ・エッジ』(2018年)で第42回日本アカデミー賞新人俳優賞、一人二役を熱演した映画『キングダム』(2019年)で第62回ブルーリボン賞助演男優賞、第43回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞に輝くなど、人気、実力ともに随一の若手俳優として華々しい活躍を続けています。連続テレビ小説『なつぞら』(2019年、NHK)で演じた主人公の同級生・山田天陽役や、大ヒット映画『東京リベンジャーズ』(2021年)での凶悪組織の総長・マイキー役など作品ごとに全く違う顔を見せ、さらには大河ドラマ『青天を衝け』(2021年、NHK)では主人公・渋沢栄一の生涯を見事に演じ切り、“平成生まれ初の大河主演”として脚光を浴びました。そんな吉沢さんにとって今作は大河ドラマ以来の連ドラ主演作となり、自身初の医師役となります。また、月9ドラマ初出演にして初主演。まさに“初尽くし”となる今作で、吉沢さんがどんな小児科医を演じるのか期待が高まります。

『朝顔』スタッフが贈るこの秋一番の感動作! PICUの現場をオリジナル脚本で描く!

フジテレビではこれまで、『監察医 朝顔』シリーズ(2019、2020-2021年)、『グッド・ドクター』(2018年)、『コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』シリーズ(2008、2009、2010、2017、2018年)、『医龍-Team Medical Dragon-』シリーズ(2006、2007、2010、2014年)、『Dr.コトー診療所』シリーズ(2003、2004、2006年)、『救命病棟24時』シリーズ(1999、2001、2002、2005、2009、2010、2013年)などさまざまな医療ドラマを放送してきましたが、小児集中治療にフォーカスした連続ドラマはいまだかつて無く、今回、連ドラ初となる“知られざるPICUの世界”を完全オリジナル脚本で描いていきます。脚本を手がけるのは『アライブ がん専門医のカルテ』(2020年)で第9回市川森一脚本賞を受賞した倉光泰子さん。演出は『監察医 朝顔』シリーズの平野眞が務めます。『監察医 朝顔』で東北を舞台に“命の物語”をつむいできたスタッフ陣が、今作では雄大な北海道を舞台に“子どもの命”をテーマに新たな物語に挑みます。PICUという名の戦場で命のリミットと死闘する医師、尊い小さな命、そしてその家族――時に目を背けたくなるほど残酷な現実に彼らはどのように向き合っていくのでしょうか。「生きるとは」「命とは」「家族とは」という普遍的な問いに真っ正面から向き合った感涙必至の医療ドラマが誕生!『PICU 小児集中治療室』(仮)は10月スタート! 日本中を涙で包み込むこの秋一番の感動作にご期待ください!

吉沢  亮さんコメント

命とどう向き合うか。人の死から何を学ぶのか。そんなシンプルでありとても深い、普遍的なテーマになんの小細工もなく真っ正面から向き合う作品になると思います。
人の命を救うのは神様でもスーパーマンでもない。救う側の人間としての未熟さ、葛藤などを丁寧に描ければ。
個人的に子供の頃から、“野球と言えばイチロー”、“ドラマと言えば月9”ってくらいお馴染(なじ)み感があるものだと勝手に思ってましたので、その主演をやらせて頂けるっていうのはもう。
ありがとうございます。
よろしくお願いします。

医療監修・浮山越史先生
(杏林大学医学部教授、日本小児外科学会理事、日本小児救急医学会理事)

2018年、医療監修で携わらせていただいた小児外科医のドラマ『グッド・ドクター』は私にとってもすごく大切な作品でした。一方、小児救急は大切だけれど全国的に見ると不十分なところがあるのも事実です。このドラマを通じて認知度が上がって、小児救急・PICUが日本中に広まり、全ての子どもたちが医療の恩恵を受けられるよう期待しています。

プロデュース・金城綾香
(フジテレビドラマ・映画制作センター)

“PICUをドラマにしてみてはどうか”と、2018年に『グッド・ドクター』で医療監修を担当してくださった杏林大学病院の浮山先生からお声がけいただいたことが、本作のきっかけでした。私自身不勉強でPICUという存在を知りませんでしたし、お話を伺えば伺うほど、ドラマとして描きたいという思いが強くなっていきました。そして、その仕事に新鮮な気持ちで取り組んでいく若き医師は、吉沢亮さんに演じていただきたいと強く思いました。吉沢さんの眼差(まなざ)しは力強く、そして堪(こら)えるような繊細なお芝居は稀有(けう)なものだと思います。本作において、主人公を演じて頂けるのは吉沢さんをおいて他にいないと思いましたし、制作陣は吉沢さんをイメージして志子田武四郎を作り上げました。小さな命の灯火(ともしび)をどうにか絶やさないように人生を懸けて力を尽くされている先生方の姿を通して、生活の温かさや命の大切さを少しでも表現していきたいと思います。