原作紹介| セシルのもくろみ - フジテレビ

原作紹介

『セシルのもくろみ』
(光文社文庫刊)
『セシルのもくろみ』(光文社文庫刊)

平凡な生活を送る専業主婦・宮地奈央の生活は一変した。
友人に誘われ軽い気持ちで応募した女性誌『ヴァニティ』の読者モデル募集で 思いがけず採用されたのだ。
華やかなファッションの世界に渦巻くモデルたちの様々な思惑に困惑しながらも、 奈央は自分の中の「女」に、負けたくないという想いに気付く――。
人気女性誌「STORY」の大好評連載、待望の文庫化!

著者・唯川恵さんプロフィール

1955年、金沢市生まれ。
銀行勤務などを経て、84年『海色の午後』でコバルト・ノベル大賞を受賞しデビュー。 2002年『肩ごしの恋人』で直木賞、08年『愛に似たもの』で柴田錬三郎賞を受賞。
『セシルのもくろみ』の他、
『刹那に似てせつなく』『永遠の途中』『一瞬でいい』 『天に墜ちる』『雨心中』『テティスの逆鱗』 『ヴァニティ』『手のひらの砂漠』『逢魔』 『啼かない鳥は空に溺れる』など著書多数。