ようこそ、わが家へ 毎週月曜よる9時 放送

INTERVIEW #5

2015.5.14 THU. UPDATE 保原万里江役 足立梨花さん

『ようこそ、わが家へ』の出演を知られた時は、
いかがでしたか?

“月9”に出演させて頂ける事は、すごいなって思いました。初めてでしたし、“月9”って歴史のあるドラマ枠ですよね。 そこに私が出させて頂くと思うと、緊張してしまって不安もありました。私自身が幼い時から見ていたドラマ枠でしたから、とにかく“ガンバらなくちゃ”とか、クランクインまではいろいろな気持ちが入り交じっていました。

今回はおそらく足立さんがご覧になられていた“月9”とは
違うイメージの作品だと思います。

そうですね。私が見ていたのは、キュンキュンしちゃうようなラブストーリーが多かったです。今回は、そんなイメージとは違う新たな“月9”という感じの作品ですので、それはそれで“どうなるんだろう?”と、楽しみにもなりました。毎回、次の台本を頂くと私もハラハラするストーリー展開ですから。“それで、結局、犯人は誰なの?”って。しかも、毎回のラストが衝撃的ですし。もう続きが気になって…。視聴者のみなさんと同じ目線で、みなさんよりも少しだけ早く台本を読むのを楽しんでいます。

『ようこそ、わが家へ』の原作は読まれましたか?

実は読んでいないんです。それには理由があって、クランクイン前に監督やプロデューサーの方々から“原作とは違うストーリー展開なので、先に読むと出来事が混乱してしまうかもしれないので…”と。ですので、みなさんとは逆にドラマが終わってから原作を読ませていただこうと思っています。

かなり違う設定もありますからね。

そうみたいですね。私が演じている万里江も、原作には登場していないようですし…。原作を読まれている方には、いろいろと“まさか!”の展開があるようです。ドラマならでは、小説ならでは…の違いを楽しめるのも面白いのではないでしょうか。

では、演じられている万里江さんは
どのようなキャラクターと捉えていらっしゃいますか?

大学生で学校に通いながら、読者モデルをやっているぐらいですから、すごく自分に自信を持っていて、目立つことが大好きな子だと思っています。みなさんに伝わっていれば良いのですが…。特に、自分に自信を持っている感じを出したいと思って演じています。

そして、倉田七菜(有村架純)の親友でもあります。

はい。常に七菜ちゃんのことを心配していて、彼女を想うことだけで頭がいっぱいになっているんじゃないかな? って、思ってしまうぐらいですよね(笑)。

七菜は元カレの辻本正輝(藤井流星)に
ストーキングされていますから…。

いつも“どうしたの?”って思うぐらい遠いところから、七菜ちゃんを見つめているんですよ(笑)。撮影では、架純ちゃんと“今日は、あんなところから覗いているんだね”なんて、少し楽しんでいます。本当だったら怖いですけど…。

もし足立さんご自身が、そんな行為をされたら?

ガンバって撒きます(笑)。でも、もしかしたら、誰かに見つめられているのに気がついたら、じっと見つめ返してしまうかもしれません。どっちが先に視線をそらすか、根比べみたいな? いや、それは危険ですね(笑)。誰かを追い回したりする人の気持ちって、私には全然わからないんですよ。話しかけてみれば良いのに…って、思ってしまいます。ドラマの辻本くんも、七菜の元カレなんだから、見ているだけじゃなくて話せば良いのに…。ストーカー行為をしてしまったら、気持ち悪いと思われて、心はどんどん離れてしまうんじゃないでしょうか。ですので、そういう行為は絶対にしない方が良いと思います。

収録現場の雰囲気はいかがですか?

良い雰囲気ですよ。私は架純ちゃんと一緒のシーンが多いんですが、最初は“大人しい、人見知りな人”なんじゃないかなという印象を持っていたんです。でも、初日から架純ちゃんに質問してきてくれて…。“休みの日は何しているの?”、“趣味は?”とかグイグイ聞いてくれたので、全然人見知りじゃないんだ…と、印象ががらりと変わったんです。

役柄の設定も親友ですからね。

そうですね。でも、その話をメイクさんにしたら“いや、架純ちゃんは人見知りだよ”って…。それで、架純ちゃん本人に聞いてみたら“私はすっごい人見知りだよ。でも、あだっちぃーはそういう感じじゃないの”と言われて、嬉しくなりました。他にも現場には、人見知りなスタッフの方がいらっしゃるんですけど、私は最初から大丈夫だったようです。何かそういうオーラを持っているんでしょうか? でも、この現場では“あだっちぃー”と気楽に呼んで下さる方も多かったので、みなさんと仲良くなるスピードは速かったですね。

それでは、もし倉田家のような嫌がらせを受けたら?

どうすれば良いんでしょう? 難しいですよね。まず、倉田家が一軒家ということ。マンションなら引っ越してしまえば良いですが、一軒家だとそう簡単には引っ越せないですよね? だから、健太さん(相葉雅紀)のように、そこに住み続けるためには自分で、あるいは家族で何とかしようと思うでしょうし…。とは言え、隣近所の方たちへの迷惑もありますからね。一軒家ならではの問題があると思うんです。私だったら犯人は住人が慌てたりするのを楽しんでいる面があると思うので、冷静に何事もなかったかのように過ごしながら、密かに警察へ通報したり…。ただ、倉田家は嫌がらせしている犯人の気持ちが強すぎるので…やっぱり難しいですね。

では、そんな倉田家の家族たちをどう思いますか?

攻撃されているのに、暖かい雰囲気を保っていられる家族って素敵ですよね。普通の家族なら、神経が参ってしまうと思います。心にゆとりがある感じが良いですね。

最後に視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

ここから、さらに衝撃的な展開が次々と起こりますよ。明日香さん(沢尻エリカ)が怪我をしてしまいましたが、ついに倉田家にも?! 犯人に近づくにつれて、みなさんの心も晴れるような出来事と同時に、さらに二転三転して行きます。本当にここからは見逃せません。私もドキドキしていますので、みなさんも最終回までお楽しみ下さい。

INTERVIEW BACKNUMBER インタビューバックナンバー