坂上忍とみきママの超お手軽!マジックレシピ
坂上忍とみきママの超お手軽!マジックレシピ

今日早速マネしたくなるアイデア料理教えます!

7/4(月) ミラノ風ドリア7/5(火) 黒酢風 酢豚7/6(水) グリーンカレー
7/7(木) 七夕そうめん&かき揚げ7/8(金) スンドゥブチゲとじゃがいもチヂミ


2016/7/4(月)放送
ミラノ風ドリア

ミラノ風ドリア
作業時間 25分 1人前 168円(調味料は含まれません)

材料(2人分)
高野豆腐 3枚(50g)、サラダ油 大さじ2、玉ねぎ 1個(200g)
赤パプリカ 1個(200g)、トマト 中3個(400g)、ぶどうジュース 大さじ3
温かいご飯 3合分(約1㎏)、ターメリック 大さじ1/2、ピザ用チーズ 200g
みじん切りしたパセり 大さじ1

(A)薄力粉 大さじ4、水 大さじ2、塩・こしょう 各小さじ1/2

(B)おろしにんにく 小さじ1、顆粒コンソメ 大さじ1
   ケチャップ 大さじ5と1/2、中濃ソース 大さじ4、ナツメグ 3振り

(C)薄力粉 大さじ5、バター 50g、牛乳 500cc
   顆粒コンソメ 小さじ1、塩 小さじ1/4、ナツメグ 3振り

作り方
野菜を切る。トマトを3㎝くらいの角切りにする。玉ねぎをみじん切りにする。
 赤パプリカは2㎝の乱切りにする。ホットプレートを250度に熱しておく。
高野豆腐でひき肉を作る。高野豆腐をたっぷりの水で5分ほど戻し、
 水気をしぼって、包丁で横に4枚にスライスし縦に千切りにしてさらに横にして
 細かいみじん切りにする。ボウルに高野豆腐を入れ(A)を加えて手でもみこむ。
 ホットプレートに高野豆腐と玉ねぎ、サラダ油を入れて、
 ヘラで5分ほど水分を飛ばすようにそぼろ状になるまで炒める。
ミートソースを作る。にパプリカ、トマト、ぶどうジュース、(B)を加え、
 蓋をせずにさらに水分を飛ばすように8分炒める。焦げないように時々混ぜる。
ホワイトソースを作る。薄力粉とバターを耐熱ボウルに入れて、
 ラップをしないで600wで1分加熱しバターが溶けたら泡立て器でよくかき混ぜる。
 ダマにならないよう牛乳を少しずつ加えたら(C)を混ぜ、
 さらにラップをしないで600wで5分加熱する。加熱途中、3回取り出して、
 泡立て器で混ぜる。
トッピングのカリカリチーズを作る。30㎝×20㎝にカットしたオーブンシートに
 ピザ用チーズ(50g)を広げ、600wの電子レンジで3分~5分ほど、
 全体がきつね色になるまで加熱し、5分ほど粗熱をとる。
盛り付ける。ごはんに色むらができないようにターメリックを2回に分けて
 混ぜ込む。ミートソースをホットプレートの周囲の端に寄せて、
 温かいご飯を30cm×20㎝の長方形に広げ、ミートソースをご飯の真ん中にのせ、
 ご飯全体に広げる。のホワイトソースをご飯の端3㎝かかるように四方に
 まわしかけ、残りのホットプレートの隙間にもかける。
 残りのピザ用チーズをホワイトソース全体に散らして蓋をして2分加熱し、
 チーズが溶けたらパセリを散らす。
 のカリカリチーズを上部にさしてできあがり。

みきママポイント
★ポイント★
◆高野豆腐は刻んで、薄力粉と水をまぶしてコーティングすることで水分を含まなくなり、炒めるとポロポロしたひき肉のような食感になります。

◆赤ワインの代わりにぶどうジュースを入れることで、 赤ワインのコクと砂糖の甘みがでて、子供が大好きなミートソースの味になります。
◆電子レンジで簡単にホワイトソースを作ります。牛乳を少しずつ入れ、時々混ぜることでダマができなくなります。残ったホワイトソースは冷凍できます。
クリームパスタやクリームシチュー、クリームコロッケ、クロックムッシュなどに活用できます。

ページの最上部へ

2016/7/5(火)放送
黒酢風 酢豚

黒酢風 酢豚
作業時間 25分 1人前 210円(調味料は含まれません)

黒酢風 酢豚

材料(2人分)
豚薄切り肉 6枚(200g)、片栗粉 大さじ2
冷えた卵 6個、ピーマン 2個
玉ねぎ 1/2個(100g)、なす 1本(80g)
サラダ油 大さじ1、ごま油 大さじ1/2
塩 ふたつまみ、こしょう 少々

(A)ブルーベリージャム 大さじ6、酢・醤油・水 各大さじ3、みりん 大さじ2
   鶏がらスープの素 小さじ1/2、片栗粉 大さじ1

作り方
ゆで卵を作る。20㎝の深鍋に冷蔵庫から出した冷えた卵を入れ、
 水を卵の1/3の高さまで入れ、蓋をして中火で熱し、沸騰したら4分加熱する。
 火を消して3分予熱で火を通す。冷水にとり、ボウルに冷水と保冷剤と卵を入れて
 完全に冷えるまで5分ほど冷やし、殻をむく。
野菜を切る。ピーマンは種を残すようにそぎ切りして5㎝の長さの乱切りにする。
 玉ねぎは芯を取り、6等分にくし切りする。なすは4㎝の長さの乱切りにする。
豚薄切り肉に塩こしょうで下味をつけて、片栗粉を両面にまぶし、のゆで卵に、
 卵が隠れるようにずらしながら巻きつける。26㎝のフライパンに豚肉をとじ目が
 下になるように置いて、サラダ油(大さじ1/2)を回し入れ、強火で熱して
 パチパチと音がしたら中火にする。とじ目がしっかりと焼き固まったら、
 上下左右転がしながら全体に焼き色がつくまで計6分ほど焼き、肉にしっかり火を
 通してお皿に取り出す。焼いている間に(A)をボウルに合わせておく。
のフライパンに、残りのサラダ油との野菜を入れて、時々混ぜながら
 強火で3分炒め、塩(ひとつまみ:分量外)を振って味を整え、
 お皿に取り出す。フライパンの汚れをキッチンペーパーでふき取る。
 (A)を完全に片栗粉が溶けるまで混ぜてからフライパンに入れ、
 強火で2分木べらでかき混ぜながら煮詰め、とろみがついたらの肉と
 野菜を戻してからめ、仕上げにごま油を入れてさっとからめてできあがり。

みきママポイント
★ポイント★
◆半熟卵は、常温の卵で作る場合は、同様の工程で4分加熱し、予熱の時間を2分にして調節してください。水も少なく、火入れ時間も短くなるので、節約にもなります。

◆ブルーベリージャムを使うことでジャムの豊潤なコクが加わり、少量の調味料で本格的な黒酢の酢豚になります。

ページの最上部へ

2016/7/6(水)放送
グリーンカレー

グリーンカレー
作業時間 25分 1人前 333円(調味料は含まれません)

材料(2人分)
鶏もも肉 1枚(250g)、塩 小さじ1/4、こしょう 少々、赤パプリカ 1/2個(100g)
なす 2本(200g)、しし唐 6本(50g)、サラダ油 大さじ1、バジル お好みで
米 2合、ジャスミン茶 360cc

(A)キウイ 1個(150g)、赤唐辛子(ホール) 10本(3g)
   おろしにんにく・おろししょうが・シナモン 各小さじ1/2

(B)ココナッツミルク缶 1缶(400cc)、水 150cc、カレー粉 大さじ1/2
   鶏がらスープの素・砂糖 各大さじ1と1/2、ナンプラー 大さじ1/2
   ピーナッツ 30g

作り方
下準備をする。内釜に米を2合入れ水でとぎ、ジャスミン茶を2合の目盛りまで
 入れて普通炊きする。鶏もも肉を一口大に切り、塩・こしょうをもみこみ、
 ココナッツミルクに15分漬け込む。
野菜を切る。キウイは皮をむき、5㎜角のみじん切りにする。
 パプリカは4㎝の乱切りにし、しし唐はヘタをとって斜めに半分に切る。
 なすは1㎝幅の輪切りにして塩ひとつまみ(分量外)をもみ込む。
 ピーナッツはビニール袋に入れて麺棒で20回ほどたたき粗く砕く。
カレーを作る。26㎝の深鍋に、(A)、サラダ油(大さじ1/2)を入れて、
 一度強火で熱する。弱めの中火にして、焦げないように時々かき混ぜながら
 3分炒める。
の漬け込んだ鶏肉を入れて、強火で肉の色が変わるまで2分炒め、
 (B)を入れて強火で5分煮る。
煮込んでいる間に、別の26㎝のフライパンに残りのサラダ油との野菜を入れて
 強火で熱し、焦げないように時々かき混ぜながら3分炒める。
 それをの鍋に入れて強火でとろみがつくまで2分煮る。
 皿にのライスと一緒に盛り付け、バジルを添える。

みきママポイント
★ポイント★
◆ジャスミンライスは、普通タイ米を使いますが、ジャスミン茶を使うことでジャスミンライスのような香り豊かなお米が炊き上がります。

◆鶏肉にココナッツミルクで下味をつけることで、旨みが増しエスニックな風味が漂う本格的なグリーンカレーになります。

ページの最上部へ

2016/7/7(木)放送
七夕そうめん&かき揚げ

七夕そうめん&かき揚げ
作業時間 25分 1人前 276円(調味料は含まれません)

材料(2人分)
素麺 2~4束(180~200g)、にんじん 1/2本(90g)、玉ねぎ 1/2個(100g)
小エビ 大さじ3(6g)、サラダ油 大さじ4、うずらの卵 2個、きゅうり 2㎝を1個
プチトマト 6個、のり 適量、オクラ 10本、とろろこんぶ 2g、薄力粉 70g
焼酎 大さじ2、水 大さじ3

(A)麺つゆ(3倍濃縮のもの) 80cc、水 150cc、氷 6個(60g)

(B)さば水煮缶 1/2缶(95g)、きゅうり 1/2本(50g)、みょうが 1個(20g)
   白ごま 大さじ1/2、レトルト味噌汁(具、味噌入り) 2食分、お湯 大さじ5
   みりん 大さじ2、氷 6個(60g)

作り方
野菜を切る。にんじんは3mmの輪切りにし、1枚ずつ星型にくり抜く。
 オクラはヘタの先を少し切り落とし、がくの硬い部分を包丁でくるりとむく。
 星型で抜いた残りのまわりのにんじんは2㎜幅に千切りにする。
 玉ねぎは芯をとり、2㎜幅に薄切りにする。きゅうりは1㎜幅の輪切りにする。
 みょうがは1㎜幅の小口切りする。プチトマトはへたを取り、
 1個は切らずにとっておき、残りの5個は横半分に切る。
26㎝の平らな耐熱皿に星型に抜いたにんじん、オクラをのせ、
 水(大さじ1:分量外)を入れ、ラップをして600wの電子レンジで2分加熱する。
 オクラは水につけて粗熱をとって5㎜幅の小口切りにする。
2種類の麺つゆを作る。小口切りにしたオクラは飾り用に3本分くらい
 とっておき、ボウルに残りを入れる。同じボウルに(A)、とろろこんぶを
 ちぎりながら入れ混ぜ、ねばねばダレを作る。別のボウルに(B)
 レトルト味噌汁の具と味噌とみりんを入れてお湯で溶かし、さば水煮缶を
 汁ごと入れ、身をスプーンでつぶしながらほぐし、そのほかの材料を入れて
 冷汁ダレにする。それぞれを器に入れて食べる時に氷を入れる。
素麺を茹でる。20㎝くらいの深鍋にお湯を六分目まで入れて、
 サラダ油(大さじ1)を入れて沸かす。素麺をそれぞれ一束ずつ端から
 5mmほどの長さのところに、15㎝の長さに切ったタコ糸でばらけないように
 しっかりと縛り(1束が90~100gのものは、1束を半分に分け、4束になるように
 タコ糸で縛る)、お湯が沸騰したら素麺を入れ、中心部は火が通りにくいので時々
 やさしくかき混ぜながら、1分30秒ほど加熱し、ザルに上げて流水で冷やして、
 氷水で1分ほど冷やしたら手で軽くしぼりながら水気を切る。
 タコ糸で縛った部分を3.5㎝ほど包丁で切る。残りは七夕の川をイメージして
 氷を盛ったお皿に流れるようにS字の形になるように、盛り付ける。
天ぷらを揚げる。ボウルに、で余ったタコ糸で縛っている部分の素麺のタコ糸を
 はずして、それぞれ6等分に割いて入れ、のにんじん、玉ねぎ、小エビを入れ、
 薄力粉を入れて全体にまぶし、水、焼酎を加えてさっくりとかき混ぜる。
 26㎝のフライパンに4等分にした生地を8㎝の平らな円形になるように4つに広げ、
 残りのサラダ油をまわし入れて、強火で熱し油が温まったら弱めの中火にして
 2分焼き、焼き色がついたらひっくり返してさらに2分焼き、最後に強火にして
 両面1分ほどカリッとするまで揚げ焼きする。キッチンペーパーにとって
 油を切り、器に盛り、塩をつけて食べる。
そうめんを盛り付ける。のお皿に、くり抜いたにんじんやオクラ、
 プチトマトをのせる。うずらの卵、きゅうり、プチトマト、海苔で
 織姫と彦星を作って飾り、つゆと天ぷらを添えてできあがり。

みきママポイント
★ポイント★
◆素麺を茹でる時、お湯にサラダ油を入れることで吹きこぼれを防止することができます。お湯の泡の成分(皮膜)は、油に似ていて、サラダ油を入れることで、油は油に溶ける性質のため、油に似た泡がサラダ油で溶けて消されて、吹きこぼれを防ぐことができます。そうめんはサラダ油を入れて茹でても、よく洗えば味は変わらず美味しく食べられます。

◆天ぷらの衣に焼酎を入れることで、サクサクの美味しい衣になります。焼酎に含まれるアルコールは揮発性がよく、沸点が低いので衣を激しく沸騰させることができるため少ない油でもサクサクの天ぷらになります。

ページの最上部へ

2016/7/8(金)放送
スンドゥブチゲとじゃがいもチヂミ

スンドゥブチゲとじゃがいもチヂミ
作業時間 25分 1人前 182円(調味料は含まれません)

材料(2人分)
いかのあたりめ 30g、レタス 1玉(400g)、にんじん 1/2本(90g)
長ねぎ 1本(100g)、ニラ 1束(100g)、絹ごし豆腐 1丁(300g)、卵 2個
白菜キムチ 200g、じゃがいも 3個(240g)、一味唐辛子 お好みで

(A)水 6カップ(1200cc)、甘酒 大さじ3、顆粒鶏ガラスープの素 大さじ2と1/2
   コチュジャン 大さじ3、塩・こしょう 各小さじ1/4

(B)小エビ 大さじ1(2g)、顆粒鶏ガラスープの素 小さじ1、薄力粉 大さじ2
   ごま油 大さじ1

作り方
食材を切る。いかのあたりめを食用ばさみで3㎝幅に切る。レタスは4等分に
 くし型に切り、水で洗い、芯を取る。にんじんは1㎝幅4㎝長さの短冊切り、
 長ねぎは斜めに1㎝幅に薄切りして、ニラは3/4束を5㎝の長さに切る。
チゲスープを作る。26㎝の深めの鍋にいかのあたりめとキムチを入れ、
 強火で1分炒め、(A)とにんじん、長ネギを入れ、5分煮込む。
じゃがいもチヂミを作る。を煮込んでる間に、じゃがいもは皮をむき、
 おろし金ですりおろしてボウルに入れる。残りのニラ1/4束を5㎜幅の
 小口切りにする。じゃがいもを入れたボウルに、ニラ、(B)を入れ混ぜる。
 26㎝のフライパンに生地を4等分にして入れ、直径7㎝の円形に広げて、
 ごま油(大さじ1/2)を回しかけ強火で熱して、パチパチと音がしたら
 弱めの中火にして3分焼き、焼き色がついたらヘラでひっくり返して、
 残りのごま油を加え、押さえながら弱めの中火でさらに3分焼く。
 最後に強火にして両面1分ほどかりっとするまで焼いてお皿にのせる。
のチゲに、レタスをかたまりごと入れ、レタスの周りに豆腐を手で
 6等分にちぎって入れて、残りの二ラ、卵を真ん中に加えて
 2分ほど加熱したらできあがり。お好みで一味唐辛子をかけて食べる。

みきママポイント
★ポイント★
◆スンドゥブは、普通白菜を使いますが、今が旬のレタスを使うことによって安価で栄養価が高く、旨みもあってシャキシャキとした食感が楽しめます。

◆酒と砂糖の代わりに発酵食品である甘酒を加えることによって、栄養価もアップし、ワンランク上のスンドゥブになります。

ページの最上部へ

前のページに戻る / このウィンドウを閉じる