ラブホの上野さん

Story

ラブホテルへの誘い方

五反田の繁華街にそそり立つラブホテル【五反田キングダム】。その道路脇に寝ている男、童貞大学生の一条昇(柾木玲弥)。一条は昨夜このホテルの前で、気になっている同じ大学のななみ(阿部菜渚美)が男と一緒に歩いている所を見かける。2人の関係を信じたくない一条は、夜通しホテルの前で見張っている内にそのまま寝てしまっていた。目を覚ます一条の目の前にいたのは、このラブホのマネージャーである上野(本郷奏多)という男だった。彼の失礼な言葉と、警察に通報したという客室清掃員の三田悦子(麻丘めぐみ)にビビる一条は逃げるようにその場を去る。

そのまま登校した大学で、昨夜と同じ服ではないななみを見かけ、見間違いだったと安心する一条。そんな彼の前にまたあの変な男・上野が姿を現す。
大学の講義中に現れた上野は、後ろの席の女性に足りない資料を優しく取ってきてあげたり、消しゴムを落としては拾ってくれた女性となんだか楽しそうに会話している。羨ましくも凄いと思ってしまう一条だが、しかしそれらは全て偶然を装った女性を落とすテクニックだった!上野の巧みな恋愛テクニックを目の当たりにした一条に、上野は恋愛指南をしてあげても良いと誘うのだが…。