ウチくる!?

放送終了

2018年3月4日(日)放送 あらすじ

中川家:新宿・スタミナ料理巡り

●韓花(ハンファ)
【住所】
新宿区新宿4-1-9新宿ユースビルPAX2階
【電話】
03-5363-3488
【内容】
韓国や日本各地から厳選した産直素材を使用し、本場韓国で鍛え上げたシェフが作る本格的韓国料理を頂けるお店。完全個室も完備しており、デートや接待、歓送迎会などでも利用することができる。

・チーズタッカルビ&ユッケジャン 1,547円(税抜)
日本でも若い人を中心にブームを起こしている韓国発祥の「チーズタッカルビ」を頂けるメニュー。お店オリジナルの特製甘辛タレと、香辛料のソースで味付けされたチキンを、濃厚なチェダーチーズとモッツァレラチーズに絡めて頂くチーズタッカルビと、ユッケジャンがセットになった一品。

【営業時間】
11:30~23:00

【定休日】
無休


----------------------------------------------------------------------------------------------


●サナギ 新宿
【住所】
新宿区新宿3-35-6国道20号線高架下
【電話】
03-5357-7074
【内容】
カフェ&フードホール・インキュベーション機能・イベントスペースの3つのコンテンツを軸に、様々なクリエーターと共に創り上げる空間で新しい日本の“カタチ”を発信しており、食を中心にアート・音楽・イベントなどあらゆるカルチャーに触れて楽しめる場となっている。店内は、独創的な6つのエリアに分かれており、“アジア”・日本の屋台村をテーマにしたそれぞれ違う空間を演出し展開しており、ヌードルや寿司、おでんなどのフードメニューを楽しむことができる。

・麻辣ヌードル 1,000円 ※ランチタイムは点心3点・ドリンクバー付
鶏ガラスープをベースにゴマのペーストの入った担々麺仕立てにしたスープに、豚挽肉をニンニクを効かせて甘辛く炒めた肉みそと、もやし、ニラ、カシューナッツ、オリジナルの黒七味、ピンクや緑などの色のついたえびせんをのせ、仕上げに花山椒唐辛子の入った麻辣油醬を加えた人気の一品。

【営業時間】
11:00~23:30

【定休日】
不定休


----------------------------------------------------------------------------------------------


●つばめグリル 新宿タカシマヤタイムズスクエア店
【住所】
渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 13階
【電話】
03-5362-7964
【内容】
1930年創業。都内や首都圏近郊にお惣菜店も含めて23店舗展開しており、その中でも、唯一のテラス席で味わえるリゾート地のような広々とした空間で、老舗洋食店の味を堪能することができるお店。

・つばめ風ハンブルグステーキ 1,490円
※トマトのファルシーサラダ パンまたはライス付き
牛・豚ともに丸ごと一頭仕入れ、1日に何度も厨房で肉を挽き、牛肉7・豚肉3の黄金比率で作ったパテに、4日間かけて煮込んだ自家製ビーフシチューをたっぷりかけて、仕上げにアルミホイルで美味しさを丸ごと包み込み蒸し焼きにした絶品メニュー。
※平日のランチタイム(11:00~17:00)のみの販売。

【営業時間】
11:00~23:00(L.O・22:00)

【定休日】
タカシマヤタイムズスクエアに準ずる


----------------------------------------------------------------------------------------------


●美々卯(みみう)
【住所】
新宿区新宿3-37-12 NOWAビル6階
【電話】
03-5379-7241
【内容】
創業200余年。伝統の味を守り続けるために、すべての店で2時間かけて出汁を引き、契約栽培した国産蕎麦を自社工場の石臼で製粉し、店で蕎麦を打つという手間をかけて料理を作っている老舗店。料理の味の決め手となっている出汁は、北海道産の利尻昆布、土佐清水産の宗太鰹節、枕崎産の本枯節から2時間かけてとり、灰汁を取り除くことにより、旨味を凝縮させた透明で澄んだ黄金色の出汁を作り上げている。

・うどんすき 3,800円 ※別途サービス料10%
土佐清水産の鰹節を使用した関西風のうす味の出汁に、白菜巻きやハマグリ、穴子、鶏肉、しいたけ、ニンジン、湯葉などの具材がたっぷり入った大阪名物のうどんすき。うどんは、店舗で製麺している煮込んでも煮崩れしにくい太めのものを使用。

【営業時間】
11:30~21:30(L.O)

【定休日】
不定休

キャスト

【MC】
中山秀征
中川翔子

スタッフ

【チーフプロデューサー】
大和田宇一

【プロデューサー】
須藤勝
中間恒
太田兼仁

【ディレクター】
山下浩一
磯田裕介