CAST

YUI

志田ゆい しだ ゆい

佐久間由衣(さくま ゆい)

この物語のもう一人の主人公。
プロのカメラマンを目指して、大学で写真の勉強をしていたが、カメラマンの佐伯に師事するようになり、一日も早く一人立ちするため、大学を中退。小学校1年生のクリスマスに父が出ていってからは、母と2人で生きてきた。母にはわがままを言わないようにと努めてきたせいか、口数が少ない。いまは「祈り」というテーマで写真を撮っている。佐伯とは、かつて恋愛関係にあった。ある神社で小百合を見て、その健気な様子に、理屈なしに心惹かれる。

閉じる

ウィンドウを閉じる