フジテレビ 春の新番組・特別番組

LIFE is LIVE

2015年 春の新番組

※3月6日現在の情報になります。番組内容は変更になる場合がありますので、最新情報は「番組表」や
とれたてフジテレビ」でご確認ください。

報道・情報

3月30日スタート
毎週月~金曜日13:55~15:50
(14:55~15:50は一部地域を除く)
直撃LIVE グッディ!

異色のタッグがお昼の生番組に殴り込み!
個性派人気俳優・高橋克実と報道キャスター・安藤優子をMCに迎えてスタートする大型情報番組。
コンセプトは「フツーのニッポン人の見たい情報に
日本一寄り添う“ちょっと硬派な、どワイドショー”」。
とにかく今、視聴者が見たい・知りたいものを直撃!
あらゆるニュース・情報から、知りたいことを、知りたいように、知りたいだけお伝えする番組だ。
フジテレビの「LIVEな午後」から目が離せなくなる!

【内容】

 個性的な演技とキャラクターで幅広い層から人気を集める高橋克実と、取材現場を駆け回って30数年のベテランニュースキャスター安藤優子が、仲良し夫婦のような雰囲気で番組を進行。異色のタッグが、日本の午後を、GoodDay!「良い日」でGoody!「いいね」と思える午後にする。


※視聴者の知りたいことを、
知りたいように、知りたいだけ

 番組が扱うのは、事件、事故、政治、経済、芸能、スポーツ、グルメ、健康…、視聴者が見たい、知りたいと思うあらゆるニュース、情報だ。時には世の中を映し出す衝撃的な事件の裏の裏まで切り込んだり、時にはちょっと難しいけど放っておけない年金の話題を分かりやすく伝えたり、時にはミーハーな好奇心に応えて芸能人のセレブな生活を検証してみたり…。視聴者の興味ある話題をとことん掘り下げていく!

※異色のMCコンビを支える豪華多彩なパネラー&専門家

 曜日ごとに登場する日替わりの芸能人パネラーが視聴者目線でスタジオを盛り上げる。個々のニュースに視聴者が感じるであろうギモンや感情をスタジオでぶちまけ、ホンネとぶっちゃけ感のあるスタジオを実現する。また、ジャーナリストを始め、各分野で活躍する専門家ゲストが毎日数人登場、難しい話題を分かりやすく解説してくれる。MCの二人を囲み、日替わりパネラーと準レギュラーの専門家集団が、あーでもない、こーでもないと様々なニュースに斬り込んでいく!

※「現場の今」の情報を徹底的に伝える番組

 午後の時間帯は、ニュースがまさに動いている時間帯。その「現場の今」を徹底的にLIVEで伝える。スタジオからの知りたい要求に、すぐに生で対応できるフィールドキャスターを駆使するなどして、現場からのLIVEな情報にこだわるほか、新たに番組独自のシステムを作り、視聴者からの情報収集も積極的に展開。とことん、「今」を伝えていく!

※奥行きのある2次・3次情報を

 お昼だからこそゆっくりしっかりテレビを見られる視聴者が知りたいのは、奥行きのある情報。騒動の渦中にいる人物が会見では言わなかった本音、事件を起こした容疑者の半生や生活、汚職事件の裏にあるその業界の仕組み、難しそうな経済ニュースで自分が得になるノウハウ、大物芸能人同士の結婚で想像されるセレブな生活…。そんな視聴者の見たい関心に素直に応え、見応えのあるニュースに進化させて提供していく!

 ニュースだけでなく、流行、グルメ、趣味、健康などの生活情報も、テーマの新鮮さ、情報量の多さで、視聴者の知りたい欲求に応えていく!

※最強の“視聴者ファースト”番組!

 昔のワイドショーの、“視聴者の欲求にどれだけ素直になれるか”という好奇心丸出しの良さを面白がりながら、今の時代をしっかりと切り取ることで、いつの間にか知的な好奇心にも応えているという、最強の「視聴者ファースト(第一)!」。フジテレビが平日午後にお送りする「視聴者ファースト」な新番組『直撃LIVEグッディ!』が日本の午後を変える!

【キャスト】

MC
 高橋克実
 安藤優子
進行アナウンサー
 三田友梨佳(フジテレビアナウンサー)
情報キャスター
 倉田大誠(フジテレビアナウンサー)
日替わりパネラー
 土田晃之
 高橋茂雄(サバンナ)
 川島明(麒麟)
 他(調整中)
専門家ゲスト
 田崎史郎
 尾木直樹 
 他(調整中)

【スタッフ】
チーフプロデューサー
内ヶ崎秀行
プロデューサー
岡崎寛行
臼田玄明
吉川和仁
笹谷隆司
大貫伊都子
演出
荒木勲 
尾形征輝
制作
フジテレビ情報制作センター
制作協力
共同テレビ
FCC
バンエイト
制作著作
フジテレビ
『みんなのニュース』
3月30日スタート
毎週月~金曜日15:50~19:00
※『FNNみんなのニュース』17:54~ 『FNNみんなのニュース Weekend』
4月4日スタート
毎週土・日曜日17:30~18:00
みんなのニュース
FNNみんなのニュース
FNNみんなのニュース Weekend

4月からフジテレビの報道番組が大きく変わる!
15時50分から3時間の大型ニュース番組『みんなのニュース』がスタート!
メーンキャスターは実力派アナウンサー・伊藤利尋が初挑戦!!

【内容】

 4月からフジテレビの午後の報道番組が大きく変わる。

 1998年3月にスタートして17年間親しまれてきた夕方のニュース番組『スーパーニュース』が、3月30日(月)より『みんなのニュース』(月~金・15時50分~19時)として生まれ変わる。放送枠も現在の16時50分スタートから1時間拡大し、15時50分から19時までの約3時間の大枠となる。これにより、フジテレビの午後帯は、新情報番組『直撃LIVE グッディ!』(月~金・13時55分~15時50分/14時55分~15時50分は一部地域を除く)と合わせて、約5時間すべて生放送となり、徹底的に「LIVE」にこだわる。

 フジテレビの夕方のニュースは、1984年スタートの『スーパータイム』から、映像の持つ力を最大限に利用した「映像&インパクト最優先」という編集方針を掲げ、当時のニュース番組の常識を打ち破った。それから30年が過ぎ、バブル経済の崩壊や東日本大震災などでそれまで人々が信じていた右肩上がりの成長や世の中の安心感に対する考え方が大きく変わった。

 ネットをはじめとするさまざまなメディアに氾濫するニュースの表面的、断片的な情報で「知ったつもり」になって流されがちな時代に、世の中で起きていることの核心を捉えて伝えることで、人々の判断のよりどころとなる「羅針盤」としての番組を目指す。番組では今おきているニュースをお伝えするのはもちろん、ニュースの深層をとことん掘り下げ、わかりやすく解説する。

『みんなのニュース』のメーンキャスターは、情報番組やバラエティー、スポーツ実況など幅広いジャンルで経験を積んできた、実力派アナウンサー・伊藤利尋が務める。伊藤アナウンサーは、報道番組のメーンキャスター初挑戦となるが、情報のプレゼンテーション力やスタジオの展開力には定評があり、満を持しての起用となる。現在、『スーパーニュース』で親しみやすさに加えて報道キャスターとして成長する生野陽子アナウンサー、取材力と抜群の機動力をもつ椿原慶子アナウンサー、その他多彩なコメンテーター陣が伊藤アナウンサーの脇を固める。

 週末の『FNNスーパーニュース WEEKEND』も、『FNNみんなのニュース Weekend』とタイトルが変わり、冷静沈着で安定感のある佐々木恭子アナウンサーを中心に、松村未央、生田竜聖アナウンサーと共に週末のさまざまなニュースを掘り下げてお伝えする。スポーツコーナーは、引き続きサッカー元日本代表・永島昭浩キャスターが、週末のスポーツニュースに加え、5年後の東京オリンピックを見据えて、様々なスポーツの動きを取材する。

 視聴者の「本当のことを知りたい」にこたえるために、FNNが総力を挙げて取材し、キャスター陣がニュースの核心を分かりやすく解説する新番組『みんなのニュース』『FNNみんなのニュース Weekend』にご期待いただきたい。

【キャスト】

『みんなのニュース』
メーンキャスター
 伊藤利尋
キャスター
 生野陽子
 椿原慶子

『FNNみんなのニュース Weekend』
メーンキャスター
 佐々木恭子
サブキャスター
 松村未央
 生田竜聖
スポーツキャスター
 永島昭浩

【スタッフ】
編集長
青木良樹

『みんなのニュース』
チーフプロデューサー
立石修
プロデューサー
戸塚晶久
小室俊一
総合演出
安永英樹
近藤篤正
制作
フジテレビ報道局

『FNNみんなのニュース Weekend』
編集長
田村浩子
チーフプロデューサー
松井信樹
制作
フジテレビ報道局
3月30日スタート
毎週月~木曜日23:30~23:55
毎週金曜日23:58~24:18
LIVE2015『あしたのニュース』

フジテレビの夜のニュースが21年ぶりに大きく変わる!
1994年4月から続いた『ニュースJAPAN』からは雰囲気も内容も一新、
「あした」をキーワードに完全リニューアル!!
これまでなかった夜のニュース番組がここに!『あしたのニュース』。

【内容】

 未来予知の番組ではなく、いたって真面目なニュース番組。夜のニュースといえば、きょう一日のできごとをまとめて振り返る内容が当たり前だった。4月から始まる『あしたのニュース』はこの「常識」の殻を破り、「常にあしたのことを考える」ニュースを目指す。

 最新ニュースと「あした」にこだわった編集方針で、翌朝に読む新聞の中身を寝る前にお届けする「お得感」を実現。世の中で起きたさまざまなニュースについても「あしたからの生活にどんな意味をもつのか」の視点でわかりやすく読み解く。

 さらに、“いわゆる”ニュースのカベを越え、芸能・ネットなど“ニュース”であれば森羅万象なんでも取り扱うコーナーも新設予定。

 アップテンポな展開の中で、「あしたに向けた」ヒントや話題や活力を発見して、さわやかな眠りについていただきたく…そんなひと時を提供できるよう全力疾走する!

【キャスト】

キャスター
 大島由香里
 木村拓也(月~水)
 奥寺健(木・金)

【スタッフ】
編集長
山田博
チーフプロデューサー
上田平吉弘
制作
フジテレビ報道局

ドラマ

4月13日スタート
毎週月曜日21:00~21:54
ようこそ、わが家へ

月9初主演・相葉雅紀×フジテレビ初原作・池井戸潤
「ストーカーの恐怖」と「会社の不正」に立ち向かう家族の絆の物語

【内容】

ある日わが家に姿の見えない悪意が、やってきた

 とある郊外の一軒家。そこには、長男の倉田健太(くらた・けんた)、父親の太一(たいち)、長女の七菜(なな)、母親の珪子(けいこ)の家族4人が暮らしている。

 健太は人と争うのが苦手で、つい相手に合わせてしまう気弱な青年。職業はデザイナーだが自己主張の無い作品ばかりで売れていない。そんな健太の父・太一は健太とそっくりな気弱な男性。勤めている大手銀行の出世レースからは脱落し、今は、とある中小企業に総務部長として出向中だ。

 似たもの同士の父子だが、健太は太一の頼りない人間性に反発しており、その関係は決して良好ではない。そんな不和がありながらも穏やかな日々を倉田家が過ごしているのは、 明るくシッカリ者の七菜と少し抜けているが楽天家な珪子の存在が大きい。

 七菜は大学生で今は就活中。家族には秘密にしているが、最近別れた「元カレ」に追い回されている。専業主婦の珪子は子育ても一段落し、自分の時間を作ろうと主婦向けの陶芸教室に通い始めた。

 幸せとは言い切れないが不幸せではない、平凡な家族の日々。それは突然、終わりを告げる。

 ある日、健太はホームで女性を突き飛ばし、割り込み乗車をしようとした男を注意する。柄にもない行為で健太自身も驚くほどだが、仕事がうまくいかない鬱憤からだ。だが、その日を境に健太の家で様々な嫌がらせが起こり始める。花壇の花が一本残らず引き抜かれたり、自転車のサドルが切り裂かれたり、姿の見えないストーカーの影が、ちらつくようになる。

 健太はストーカーが誰なのかを突き止め、解決しようとする。しかし家族の周りから疑いのある人物が何人も出てくることに…。

 さらに時を同じくして太一は会社で、ある不正の疑惑を見つける。他部署の人間による交通費の二重取り。そして太一は、どう対応するべきか思い悩んでいた。よもや、それが姿の見えない謀略との闘いの始まりとは知らずに…。

ストーカーとの闘いと、池井戸作品真骨頂の企業ドラマを同時並行で描いていく

 4月の月9は月9史上初めてとなるサスペンスタッチのホームドラマとなる。原作はフジテレビ史上初の連続ドラマ化となる池井戸潤の同名小説。原作では父親の太一が主人公だが今回、ドラマ化にあたり立体的に、かつ深く物語を描いていくため長男の健太を主人公に据え、さらにオリジナルキャラクターも登場させるなど、フジテレビらしい大胆なアレンジをおこなった。

 ストーリーは「ストーカーの恐怖」と「会社の不正」との二つの闘いを同時並行で描き、それに立ち向かっていく家族の絆がドラマの主題となる。主人公・健太を演じるのは、今回が月9初主演となる相葉雅紀。さらに父の太一を寺尾聰が、長女の七菜を有村架純が、母の珪子を南果歩が、それぞれ演じ、これまでにない月9にふさわしい豪華な顔ぶれの家族が誕生。

 2013年には全国の警察が把握したストーカー事案はストーカー規制法が施行されてから過去最多となった。さらに「ブラック企業」という言葉が世に定着するなど就業環境の厳しさも増している今、この倉田家の物語は誰しもに起こり得る災禍と言っても過言ではない。ただし、このドラマは単なるサスペンスではない。池井戸作品らしい個性的なキャラクターも多数登場し、サスペンスタッチのホームドラマと言う通り、毎回、クスッとしてしまうような家族のやり取りも描かれる。そして、理不尽な悪意、苦難に直面しながらも、それを乗り越えようとする家族の姿は、見る人に必ずや共感と勇気を与えるだろう。緊迫の展開に手に汗握りながら家族そろって楽しめる、この春の「月9」に心からご期待いただきたい。

【キャスト】

相葉雅紀
有村架純
 ・
南果歩
寺尾聰

【スタッフ】
原作
池井戸潤
(「ようこそ、わが家へ」(小学館文庫))
脚本
黒岩勉
(代表作:『上流階級~富久丸百貨店外商部~』『ストロベリーナイト』『謎解きはディナーのあとで』など)
プロデュース
羽鳥健一
(代表作:『信長協奏曲』『東京にオリンピックを呼んだ男』『高校入試』など)
演出
中江功
(代表作:『若者たち2014』『海の上の診療所』『Dr.コト?診療所』シリーズなど)
谷村政樹
(代表作:『ラストホープ』『最後から二番目の恋』『のだめカンタービレ』など)
4月14日スタート
毎週火曜日22:00~22:54
戦う!書店ガール

渡辺麻友(AKB48)&稲森いずみのW主演!
仕事も恋も譲れない!“働き女子”のプライドが激突水と油の二人が織りなすウーマンライフドラマ

【内容】

 4月クールの火曜22時ドラマは、渡辺麻友(AKB48)と稲森いずみのW主演で『戦う!書店ガール』を放送。20代と40代の働く女性が、世代間ギャップや境遇の違いから互いにぶつかり合いながらも、仕事や恋の困難に果敢に挑み乗り越えていくことで、自分自身に足りなかったものや、忘れていたものに気づき、互いに成長していく、春にぴったりのウーマンライフドラマだ。

 主人公“亜紀”を演じるのはAKB48の渡辺麻友。渡辺がゴールデン・プライム帯の連続ドラマで主演を務めるのは初めてのこと。AKB48での活動は言うまでもなく、数多くのジャンルに活躍の幅を広げている彼女が、本格的に女優として動き出す。もう一人の主人公“理子”を演じるのは数々のドラマや映画に出演し、等身大の女性の役からシリアスな役まで演じ、かわいさと気品を兼ねそなえた魅力で同世代を中心に幅広く共感を得ている女優・稲森いずみ。初共演となる二人がどのような化学反応を起こすのか、ご期待いただきたい。

 ドラマは、碧野圭の人気小説が原作。舞台は老舗書店「ペガサス書房」。ネット書店の台頭などから経営的にも厳しさを増している中、本に救われた経験をもつ二人の女性、書店員の北村亜紀(渡辺麻友)と副店長の西岡理子(稲森いずみ)が主人公だ。「結婚より仕事や夢!」気が強くて自由奔放な亜紀と、仕事にプライドを持って働いてきたが気づけば婚期を逃してしまった独身の理子。ふたりの間にあるのは…、23歳と40歳という世代間ギャップ。「コネ入社のお嬢様」と「たたき上げの苦労人」という境遇の違い。そして性格や経験の違いによる、仕事や恋に対するアプローチの違い。すべてが異なる水と油の関係な二人が、仕事、恋愛、人生と果敢に「戦う」姿を、痛快に描く。

 さらに、二人を取りまく個性豊かな共演者たちが脇を固める。亜紀のあこがれる先輩である一方、理子の一番弟子ともいえるイケメン店員には千葉雄大、亜紀に一目ぼれをするコミック編集者には大東駿介、女子二人の奮闘を見つめる謎の男には田辺誠一が決定。二人が働くペガサス書房の書店員で鈴木ちなみ、伊野尾慧(Hey!Say!JUMP)、濱田マリ、店長に木下ほうか、理子が通う沖縄料理店の店主でマキタスポーツ、理子の父親には井上順の出演も決定。

 また、脚本は『名前をなくした女神』や『ファースト・クラス』などで女性の赤裸々な素顔を描いてきた渡辺千穂。人間の表裏を隠すことなく描いたリアルなストーリーで、女子の共感を呼んできた彼女が“働き女子”のホンネを描く。頑張っているすべての女性にエールを送る、痛快でオンナ心満載なドラマ。是非お楽しみに!

【キャスト】

渡辺麻友(AKB48)
稲森いずみ
 ・
千葉雄大
大東駿介
鈴木ちなみ
伊野尾慧(Hey!Say!JUMP
 ・
マキタスポーツ
木下ほうか
濱田マリ
井上順

田辺誠一

【スタッフ】
原作
碧野圭
(「書店ガール」シリーズ(PHP文芸文庫刊))
脚本
渡辺千穂
(『名前をなくした女神』『ファースト・クラス(第1期)』)
演出
白木啓一郎
(『幽かな彼女』『銭の戦争』)
木内健人
(『ハングリー!』『トライアングル』)
プロデュース
山下有為
(『ブラック・プレジデント』 『新・ミナミの帝王』)
沖貴子
(映画「繕い裁つ人」「阪急電車」)
松井洋子
(『黄昏流星群』WOWOW『天使のナイフ』)
制作著作
関西テレビ
4月8日スタート
毎週水曜日22:00~22:54
心がポキッとね

病んでるオトナのラブコメディー!
キレちゃった男(阿部)×ストーカー女(水原)×悩めない男(藤木)×いい歳して自分探し女(山口)究極にめんどくさい四角関係に乞うご期待!

【内容】

 誰もが心に不安を抱え、生きている現代。一人一人が背負っているストレスも大きくなっていると言わざるを得ない。そんな中、今回お届けするのは、過去の失敗や心の傷のせいで、不器用にしか生きられず、とにかく他人にとっても、自分自身にとっても究極に面倒くさい存在となっている、いわゆる「病んでるオトナ」4人のラブコメディーだ。奇想天外に絡み合う人間関係を軸に、人と人とが心の奥深くでつながる関係を模索する姿を、軽やかに明るく、ブラックユーモアを交えて描き出す。喜劇であると同時に、現代人が抱える心の問題をとらえ、共感を呼ぶ泣きと笑いのドラマ。脚本は、岡田惠和による完全オリジナルストーリー。そして、監督は宮本理江子が担当。『最後から二番目の恋』を手がけた脚本家と監督のコンビがお送りする、個性の強いキャラクターが織りなす大人のラブコメディーだ!

 物語の舞台は東京。アンティーク家具店で家具の修理を担当している小島春太(40、阿部サダヲ)は、以前勤めていた大手企業を、オーバーワークとまわりからのプレッシャーで心を病んで退社。仕事も家庭も失って、ホームレス生活をしていたが、アンティーク家具店のオーナー、大竹心(38、藤木直人)に拾われ、その家具店で、一人ひっそりと作業をしながら暮らしている。自分の決めたルールをかたくなに守って、一人の世界に閉じこもり、自分の心が常に落ち着いていられるように、ストレスを感じないように…。そんな春太の、閉ざされた世界に突然飛び込んできた葉山みやこ(26、水原希子)。彼女は、男にほれるとまわりが全く見えなくなり、のめりこんでしまうストーカー気質。恋愛がらみで警察沙汰になり、以前勤めていた会社を退社している。偶然街で窮地を救ってくれた男にほれ込み、“神”と慕っているが、どこの誰だかはわかっていない。その男というのは、実は春太の恩人でもあるアンティーク家具店のオーナー、大竹心だった。しかし、心には美しく知的な彼女、鴨田静(45、山口智子)がいた。そんな完璧な女性・静は、実は春太の元・妻。心には過去を言えないまま…。それぞれがそれぞれの悩みを抱え、傷ついた心で恋をする…。

 明るい役のイメージも強い阿部サダヲが今回、心を病む役で新境地を開拓!「世代ごとに共感できて、笑えるドラマになったらいいなぁと思います!」とコメントを寄せている。

 共演にはモデル・女優として大活躍中の水原希子、今年、記念すべきデビュー20周年を迎える藤木直人、連ドラでのラブストーリー出演は『ロングバケーション』以来なんと19年ぶりとなる山口智子など、豪華なキャスト陣にもぜひご注目いただきたい。

 編成企画を務める若松央樹は「今回のみどころは、なんと言ってもこの4人の軽妙な掛け合い」とコメント。さらに、「そこから生まれる人の優しさや、生きる楽しさ、みたいなものを感じとっていただければ幸いです」と続ける。心に痛みを抱えて生きる現代人すべてに贈る人生への応援歌に、ぜひご期待下さい。

【キャスト】

阿部サダヲ
水原希子
 〇
藤木直人
山口智子

【スタッフ】
脚本
岡田惠和
編成企画
若松央樹(フジテレビ)
野崎理(フジテレビ)
プロデューサー
森安彩(共同テレビ)
演出
宮本理江子(フジテレビ)
都築淳一(共同テレビ)
宮脇亮
制作
フジテレビ
制作著作
共同テレビ
4月9日スタート
毎週木曜日22:00~22:54
木曜劇場 医師たちの恋愛事情

今、最もセクシーな俳優・斎藤工がフジテレビドラマ初主演!
年下の外科医が、恋を諦めた年上の女医に恋を思い出させる「医療ラブストーリー」誕生!

【内容】

 大学病院を舞台に、医師それぞれが「秘密」を抱えながらも、出世争い・恋愛・不倫・三角関係など、さまざまな欲望が渦巻く中で生きていく「医療ドラマ」と「恋愛ドラマ」が融合した「医療ラブストーリー」が、4月期木曜22時枠に登場する。

 主演を務めるのは、今、最もセクシーな俳優といわれる斎藤工。斎藤は、フジテレビ連続ドラマ初主演となる。

 社会現象を巻き起こした木曜劇場『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』をはじめ、そのセクシーさが世の女性をとりこにしている斎藤。今回は、セクシーな魅力あふれる演技で熱血外科医・守田春樹(もりたはるき)を演じていく。また、気になる恋の相手役は、斎藤とは初共演となる石田ゆり子。年下の斎藤と年上の石田との大人の恋愛模様にも期待が高まる。

 斎藤が演じるのは、365日・24時間、患者を救うことだけを考える心優しい性格で、利益と権威を第一とする大学病院の体制に反発する正義感の強い男。女性をひきつけるフェロモンがあふれている。そんな春樹が、外科医としての腕を磨きたいと大学病院に赴任してくるのだが、そこは、さまざまな欲望が渦巻く場所だった。そこで春樹は、外科医の先輩で、仕事に没頭するあまり婚期を逃した石田ゆり子演じる近藤千鶴(こんどうちづる)に出会い、徐々にひかれていく。その他、シングルマザーだが肉食女子の麻酔科医・河合奈々に相武紗季、春樹をライバル視し、恋愛では誰彼構わず手を出す、外科医・高橋宗太郎に平山浩行、不妊治療中の内科医・市川友子に板谷由夏、出世を目指してこびをうり、さまざまな女性にちょっかいを出す外科医・大根良太に三宅弘城、春樹の良き理解者で外科医の仁志祐介に伊原剛志、そして、売り上げ第一主義で、費用効率ばかりを考えているため、春樹と対立していく、大学病院の経営本部長・渡辺幹夫に生瀬勝久という、個性と実力を兼ね備えた豪華俳優陣が顔をそろえた。

「年下のセクシーな外科医が、恋を諦めた年上の女医に恋を思い出させる」大人のラブストーリー、木曜劇場『医師たちの恋愛事情』。この春、社会現象を巻き起こすに違いない。

【キャスト】

斎藤工
石田ゆり子
 ・
相武紗季
平山浩行
三宅弘城
 ・
板谷由夏
 ・
伊原剛志
生瀬勝久

【スタッフ】
プロデュース
中野利幸(フジテレビドラマ制作センター)
(『ディア・シスター』『ラスト・シンデレラ』他)
演出
田中亮(フジテレビドラマ制作センター)
(『医龍4』『ディア・シスター』他)
平野眞(フジテレビドラマ制作センター)
(『HERO』『ディア・シスター』他)
関野宗紀
(『ディア・シスター』他)
脚本
秋山竜平
(『流れ星』他)
坂口理子
(『私が恋愛できない理由』他)
小山正太
(『ビター・ブラッド』他)
3月30日スタート
毎週月~金曜日13:25~13:55
プラチナエイジ

ここから人生は輝きだす。
この物語は青春ドラマ。そして「友情」を描く。
主人公たちは、60代の夫婦。年齢を重ねたゆえに、肉体的、精神的、社会的に様々な異変が生じる。
その異変は本人にとっては対応に苦慮する、初体験のもの。
この先、どれだけの時間があるかはわからない。それでも人生を諦めて惰性で生きていくにはまだ早すぎる。
時にぶつかり合い、時に助け合い、人生の艱難辛苦をもがきながら乗り越える姿…。その姿を通じて、生きることの熱を徹底的に描く。
ともすれば落葉にも例えられる人生の一時期をあえて若葉の季節に描いていく。

何の変哲もない毎日にこそ、ドラマはあふれている。
少し夢が見られて、少し身につまされて。
今日見た人が明日の話が気になって仕方なくなる昼ドラならではの世界観。
ワクワクする物語で視聴者をとりこにする。
60歳の夢と冒険の物語──。

【内容】

60代の青春物語。

湘南で暮らす60歳になる3人の妻たち。

それぞれ人生の大きな岐路に立とうとしていた。

だが、そのことを3人ともまだ気がついていない。

 伊佐山香織(榊原郁恵)と速水智恵子(池上季実子)は何でも話せる二十年来の仲だった。定年間近な夫の吾郎(中本賢)と湘南へ越してきたばかりの岩村和子(宮崎美子)は、同じ年齢ということもあり二人と打ち解ける。

 子供たちも結婚し何不自由なくやってきた香織。弁護士である夫・晃司(宅麻伸)もそれなりに優しく、それなりに妻を愛していた。今、何よりの安らぎは築70年の古い家の台所のリフォームを考えているときだった。そのリフォームが新しい人生のきっかけに…。

 湘南で輸入家具店を経営する智恵子。子供はいないがその分、夫婦仲はよく二人は自由に生きてきた。だが、その夫・純一(春田純一)が智恵子も本人も気づかない間に認知症に…。

 和子の夫・吾郎は何事も計画通りにきっちり実現してきた。和子もそんなそこそこの人生に不満はなかった。しかしひょんなことから人生に嫌気がさし、皆が驚くようなことをやってみたいと思い、ホストクラブの若い男の子に入れ込むように…。

 そして…、彼女たちに起きる様々な出来事が、ほぼ同時に微妙にリンクしながら、ドラマは展開していく―。

 香織は台所のリフォームのため建築家・森山と何度も会うようになる。「あなたの世界はこんなちっぽけな場所だけじゃない」という言葉に反発しながらも、香織は次第に森山にひかれていく。

 智恵子も純一も、認知症という診断に動揺を隠せなかったが、時間は待ってくれない。二人で病気と闘っていく決意をする。

 和子は吾郎に離婚をきりだす。ホストクラブに通い詰めていた和子は大金を使っていた。好きな人のために使ったと言う和子の言葉に、吾郎は本気で離婚の計画を立て始めるが…。

 そんな葛藤を3組の夫婦は抱えながら、毎日は続いていく…。

 親として、子として、祖母祖父として、夫として、妻として。

 そして、友として。

 もう60歳。まだ60歳。

 どうぞご期待いただきたい。

【キャスト】

榊原郁恵
池上季実子
宮崎美子
(以上、トリプル主演)

春田純一
中本賢
宅麻伸

【スタッフ】
企画
横田誠(東海テレビ)
原作・脚本
清水有生
音楽
調整中
主題歌
調整中
演出
阿部雄一
プロデュース
市野直親(東海テレビ)
浦井孝行(国際放映)
河角直樹(国際放映)

バラエティ

4月スタート
毎週火曜日21:00~21:54
発見!なるほどレストラン
日本のおいしいごはんを作ろう!

フット後藤&木村佳乃が火曜21時にレストランを開店!
全国の食材を知り尽くす最強バイヤーたちが認める「“黄金食材”(まだ日の目を見ていない生産者のこだわり食材)」で作る「本当においしい日本のごはん」を召しあがれ!
見れば、おなかが空いてくる。見れば、日本の食に詳しくなる。
家族みんなの食欲をかき立てるグルメバラエティーが、新しい“火9”の定番になる!

【内容】

 ここは、とあるレストラン。後藤輝基と木村佳乃が仕切るお店には、おなかを空かせたお客たちが「日本のおいしいごはん」を求めて、今宵もやってくる。

 火曜21時の新番組は、日本全国のおいしい食材にスポットを当てるグルメバラエティーをお届けする。

 いまや日本中の食材をデパ地下、スーパー、ネットで手軽に買える時代。それでも、いまだ脚光を浴びていない上質な食材が日本には数多く存在する。そんな食材を求めて日夜、全国を駆けめぐるのがスタジオに登場する最強の「食のバイヤー」たち。物産展などのプロデュースも手掛けるグルメのエキスパートである彼らが、その日のテーマ料理の決め手となる「食材三本柱」を求め、自らの足で日本全国へタレントと共に、調達の旅へ。バイヤーが仕入れた生産者こだわりの“黄金食材”を使い、「おいしい日本のごはん」作りがお客たちの目の前で繰り広げられる!

 さらにスタジオでは黄金食材の試食をかけて、クイズを出題。普段の生活でも役立つ豆知識に、あなたも思わず「なるほど」となること間違いなし!また、テーマ料理を愛してやまない有名芸能人や食のプロが、様々なジャンルごとにイチオシの名店を紹介する。

 MCはフットボールアワー後藤輝基と木村佳乃。数々のバラエティーで仕切りの才能を発揮する後藤が、初めて「食」がテーマの番組でツッコみまくる!さらにその“相方”となる木村は、ゴールデン帯バラエティー初のMCに挑む。気品あふれる女優としての魅力に加えて、最近ではバラエティーで奮闘する姿にお茶の間が驚がく&絶賛した彼女の新たな魅力にも大注目だ。「芸人×女優」のレシピが、番組をさらにおいしくする。

 料理のおいしさがジュワっと伝わる映像が盛りだくさん。見れば、家族全員がその料理の“口”になる。火曜21時の新定番となる食材発掘グルメバラエティーがいよいよ開店する。

 日本のおいしいごはん、いただきます!

【キャスト】

MC
 後藤輝基(フットボールアワー)
 木村佳乃
出演者
 中山秀征
 岩尾望(フットボールアワー)
 他

【スタッフ】
チーフプロデューサー
東田元(関西テレビ)
演出・プロデューサー
坂田佳弘(関西テレビ)
プロデューサー
長野聡(関西テレビ)
制作
関西テレビ
4月15日スタート
毎週水曜日19:57~20:54
(初回2時間スペシャル 19:00~20:54)
水曜歌謡祭

21年ぶりにフジテレビで生放送の音楽番組がスタート!司会は音楽番組初MCとなる森高千里、そしてアンジャッシュの渡部建!子供から大人まで、誰もが口ずさめる名曲だけを選び抜き、コラボレーションやカバーなどの企画満載、あの『FNS歌謡祭』の制作スタッフが集結してお届けする本格音楽番組。

【内容】

 4月から、フジテレビのタイムテーブルを盛り上げる新番組、水曜20時の生放送レギュラー音楽番組『水曜歌謡祭』がスタートする。年に一度のプレミアムな祭典『FNS歌謡祭』のスタッフが制作する本格音楽番組で、子供から大人まで、誰もが口ずさめる名曲だけを選び抜き、コラボレーションやカバーなど企画満載でお届けする予定だ。フジテレビのレギュラー番組で生放送の音楽番組は、『夜のヒットスタジオ』(1968年11月4日~1990年10月3日)という歴史があるが、1994年に放送終了した『MJ -MUSIC JOURNAL』(1992年10月14日~1994年3月23日)以来21年ぶりとなる。

 番組の司会には、数々のヒット曲を放ち、音楽界に旋風を巻き起こしたガールポップの女王・森高千里と、多彩なお笑いセンスと着実な進行ぶりでバラエティー番組に引っ張りだこの渡部建(アンジャッシュ)。まさにフジテレビの看板音楽番組にふさわしい華と人気を持つペアだ。とりわけ、音楽番組初MCとなる森高千里がどんなトークを繰り広げるのか、フレッシュでキュートな司会ぶりに期待が高まる。

 1987年にデビューした森高千里は、1989年「17才」でブレイク。独自の視点から描かれる歌詞の世界観や、楽器演奏もこなすアーティストとして独自の立ち位置を確立し、男女を問わず多くのファンを獲得。「雨」、「私がオバさんになっても」、「渡良瀬橋」、「私の夏」、「気分爽快」、「ララサンシャイン」など数々のヒット曲を生み出す。1999年に結婚。子育てをしながらCMや雑誌などを中心に活動。2012年にデビュー25周年を迎え、音楽活動も再開、今年も精力的にライブ活動を行う。

 渡部建は、1993年に児嶋一哉とお笑いコンビ・アンジャッシュを結成。お笑いネタブーム時代に実力派芸人として頭角を現し、現在はその鋭いトーク・センスをいかして数多くのバラエティー番組、ラジオで活躍。そのほか雑誌の連載を抱え、小説を出版するなどマルチな才能をみせる。FMラジオのナビゲーターでは旬の音楽やエンタメ情報を紹介している。

『水曜歌謡祭』は“生、ライブ”にこだわり、生放送、生演奏で、かつてないクオリティーのパフォーマンスを目指している。生放送ならではのハプニングに、何が起こるかわからないドキドキ感、今起こっている出来事を共有するワクワク感満載のエンターテインメント番組だ。年々、フェスやコンサートの動員数は伸びてきているとの調査報告があるが、『水曜歌謡祭』はまさに人々がリアルな体験としての音楽を求める時代にぴったりの番組である。まるでコンサート会場に来たかのような興奮と満足感を擬似体験してもらうことができるに違いない。

 ゲストには、フジテレビならではの珠玉のアーティストが顔をそろえる予定。豪華な出演者たちが毎回、音楽史に残る無数の名曲、ヒット曲を歌い上げる。誰もが口ずさめる名曲ばかりの構成、華やかできらびやかな音楽エンターテインメント・ショーをお届けする。

 森高千里と渡部建というフレッシュなMCがお送りするこの番組は、「名曲、代表曲、コラボレーション、カバー」のみに限った構成で、プレミアムなパフォーマンスをそろえ、趣向をこらし、流行にとらわれずに上質な音楽を紹介。1時間たっぷり音楽の素晴らしさをたたえる新しい形の音楽番組。まさに“本物”だけを“生”のままお届けする『水曜歌謡祭』は、4月から毎週水曜20時に生放送。家族や恋人と、友達や仲間とご一緒に、どうぞお見逃しなく。

【キャスト】

MC
 森高千里
 渡部建(アンジャッシュ)

【スタッフ】
制作
佐々木将
チーフプロデューサー
板谷栄司
黒木彰一
三浦淳
演出
浜崎綾
プロデューサー
河本晃典
土田芳美
宇賀神裕子
後藤夏美
スーパーバイザー
石田弘
制作
フジテレビバラエティ制作センター
4月10日スタート
毎週金曜日19:00~19:57
(初回2時間スペシャル 19:00~20:54)
世界HOTジャーナル

『世界HOTジャーナル』がゴールデン進出でパワーアップ!
世界の“HOT”な話題を毎週、生放送でお届けする!
MCには、フジテレビゴールデン帯情報バラエティーMCは初という東野幸治と山里亮太、
そして出産後、初の仕事復帰となるフリーアナウンサーの西尾由佳理に決定!
(初回2時間スペシャルは収録で放送)

【内容】

 世界を騒がせている驚きのニュースを番組独自の映像とともにお届けしている土曜朝の情報番組『世界HOTジャーナル』が、4月から金曜19時のゴールデンタイムに進出することが決定した!世界で話題になっている事件を番組独自の目線で徹底的に追跡取材し、直撃インタビューを敢行!世界の“今”をより深く伝えていく。今回、番組がゴールデン帯での放送に変更するにあたり、パワーアップするポイントは3点。(1)世界で起きた一週間のお騒がせニュースを独自の目線で紹介していく「WEEKLY HOT7」。(2)世界の衝撃映像の真相をどこよりも早く突き止めて解明する「直撃!スクープ撮り」。(3)世界でまさに“今”起きている自然現象やお祭りなどの映像で世界を体感してもらう「生中継企画」。他では絶対に見られない貴重な映像満載の新番組にぜひご期待いただきたい。

 番組MCは、フジテレビゴールデン帯情報バラエティー初MCとなる東野幸治と、現在コメンテーターとして出演している山里亮太(南海キャンディーズ)、そして昨年11月の放送より産休に入っていたフリーアナウンサーの西尾由佳理が復帰し、この3名で担当することに決定した。あらゆるジャンルに博識でMCとして抜群の安定感を持つ東野幸治と、これまで“世界のお騒がせ事件の事情通”と言うべき存在で番組を盛り上げてくれた山里、実はこの二人はプライベートでも大の仲良し。この二人に西尾が加わり、スタジオもますますHOTになること間違いない。

 スタジオには「HOTコメンテーター」として、これまでご意見番として出演していた木村太郎のほか、各分野から毎週HOTなゲストが出演する予定。驚くべき映像を見た出演者のリアルなコメントも楽しみだ。さらに番組の名物「HOTジャーナリスト」として、元アナウンサー、俳優、アイドルなどのメンバーが世界のHOTな現場を飛び回る!世界各地のHOTな現場に遭遇した「HOTジャーナリスト」が見せる素のリアクションは必見である。

 今、世界が注目しているニュースとは一体何なのか?思わず知りたくなる、見たくなる、そして誰かに話したくなる世界の熱い話題をいち早くお届けする『世界HOTジャーナル』。この番組で、「日本と世界の“今”」が見えてくる!!

コメント

塩田千尋(チーフプロデューサー)

「世界では、私たちの想像をはるかに超えるような出来事が日々起きています。スキャンダル・事件・感動のストーリー…。そんな最新のHOTな話題を皆さんにお届けする『世界HOTジャーナル』の新しい番組MCは、毎週土曜日午前中に放送していた時から出演していただいている山里亮太さん、昨年11月の産休からこの番組で仕事復帰となり、母となった新たな顔を見せてくれるであろう西尾由佳理さんに、今回新たに東野幸治さんに加わっていただくことになりました!東野さんは、お笑いと見識の絶妙なバランス感覚をお持ちでこれまでも数々のバラエティー番組でスタジオを間違いなくHOTにされていますので、『世界HOTジャーナル』のスタジオもさらにパワーアップすること間違いなしです!毎週、視聴者の皆様にとって、“驚き”や“発見”があるような番組作りを目指していきますので、よろしくお願いします!」

【キャスト】

MC
 東野幸治
 山里亮太(南海キャンディーズ)
 西尾由佳理

【スタッフ】
チーフプロデューサー
塩田千尋
プロデューサー
池田睦也(スタッフラビ)
総合演出
原島雅之(スタッフラビ)
制作著作
フジテレビ
4月17日スタート
毎週金曜日19:57~20:54
ダウンタウンなう

金曜20時はダウンタウンによる新番組が登場!

【内容】

 金曜20時はダウンタウンによる新番組がスタート!ダウンタウンを筆頭に、質問力のある芸能人が“ちょっと変わった人生”を歩んできた人たちから、視聴者が興味津々の“他では聞けない話”を聞き出す。一体どんな質問をするのか!?何が起こるか分からない!ハプニング&アクシデントと常に隣り合わせの“予定不調和”なダウンタウンのトークバラエティーに乞うご期待!

【キャスト】

ダウンタウン 他

【スタッフ】
チーフプロデューサー
中嶋優一
プロデューサー
松本祐紀
総合演出
蜜谷浩弥
制作
フジテレビバラエティ制作センター
4月11日スタート
毎週土曜日19:00~19:57
(※初回 19:00~20:54)
有吉のニッポン元気プロジェクト
お~い!ひろいき村

有吉弘行がフジテレビのゴールデン番組MCに初挑戦!
深夜で好評だった『おーい!ひろいき村』がパワーアップして土曜19時にお引越し!
芸能人が体を張って限界まで挑戦するカルチャー体験&HOW TOバラエティー!!!

【内容】

 今やテレビで見ない日はない程、レギュラー番組のMCを務めている有吉弘行。意外にもフジテレビのゴールデンのレギュラー番組では今回が初MCとなり、満を持して土曜19時枠に登場する。タイトルは『有吉のニッポン元気プロジェクト お~い!ひろいき村』。

 昨年10月から毎週月曜深夜に放送している『おーい!ひろいき村』では芸能人たちの過酷なチャレンジやおもしろ実験・検証VTR、さらに有吉と村人と称する中堅芸人との軽快なトークを中心に、他では見せることのない有吉の楽しそうな姿をお届けしてきた。

 ゴールデンへのお引越しに向けて、内容や企画をさらにパワーアップ!アシスタントの加藤綾子アナウンサーとは初タッグとなる。「芸能人が体を張って限界まで挑戦するカルチャー体験&HOW TOバラエティー」として、今まで通り体当たりロケを芸能人たちが体験し、ひたむきに努力する姿はもちろん、番組を通していろいろな文化や遊び方、学び方などを知ることができる企画をお送りしていく。一層パワーアップした『有吉のニッポン元気プロジェクト お~い!ひろいき村』にご注目いただきたい。

【キャスト】

MC
 有吉弘行
 加藤綾子(フジテレビアナウンサー)
 他

【スタッフ】
チーフプロデューサー
浜野貴敏(フジテレビ)
プロデューサー
金井尚史(フジテレビ)
上原敏明(ユーフィールド)
演出
谷中憲(ユーフィールド)
制作協力
ユーフィールド
制作著作
フジテレビ
4月6日スタート
毎週月曜日23:00~23:30
キスマイBUSAIKU!?

ジャニーズなのにブサイク!?
キスマイが“本気で汗かく”冠番組が月曜23時に昇格決定!

【内容】

「キスマイってブサイクじゃない?」…。ファンからさえもネット上でそう陰口をたたかれていたことを知ってしまったKis-My-Ft2メンバーたちが、「誰もが認める“真のカッコイイ男”になってやろうじゃないか!」と一念発起して始まったバラエティー番組『キスマイBUSAIKU!?』が4月6日より月曜23時枠に昇格する!

 放送開始以来、「ジャニーズなのにブサイクってウケる!」、「今までになかった番組で面白い!」といった視聴者からの声が多数届き、毎回、放送中にはTwitterなどのSNSも大盛況になるほど。さらに2013年10月5日の放送では、先輩・SMAP中居正広がKis-My-Ft2のシングル曲でソロパートがない横尾渉、千賀健永、宮田俊哉、二階堂高嗣の4人のみをメンバーとした新ユニットをプロデュースすることを突然宣言。ユニット名を「舞祭組(ブサイク)」と命名して、次々と新曲を発表、多くの話題を振りまいている。

 2012年、Kis-My-Ft2デビュー1周年のタイミングで発表された『キスマイBUSAIKU!?』は、計5回の単発放送を経て2013年4月からは毎週日曜深夜枠でレギュラー放送に、そしてちょうど1年前の2014年4月からは毎週木曜深夜枠で全国ネット放送に昇格していたが、今回ついに深夜24時の壁を越えることとなった。

 番組のメーン企画「キスマイBUSAIKU!?ランキング」では、Kis-My-Ft2(キスマイ)メンバー7人が“BUSAIKU”卒業を目指して【カッコいい“ドライブデート帰りのキス”の仕方】、【玄関での別れ際に彼女をドキドキさせる1分間】、【年上の彼女に甘える1分間】、【女性に贈るステキな下着選び】など、“自分のカッコ良さが最も出る瞬間”をテーマにチャレンジ。各メンバーが本気で“かっこいい”と思うシーンを考え、自らが主演した映像を制作する。そのセルフプロデュースした映像を、キスマイのことをよく知らない20~30代の女性100人に審査してもらい、1位(=チョーカッコイイ)から7位(=BUSAIKU)まで順位付けされるため、各メンバーは必死に上位を狙っていく。女性100人による審査はとても厳しく、映像上に出るテロップのコメントはランキング上位のメンバーには“文句なし!”、“恋愛マスター!”といった絶賛ワードが並ぶ一方、下位メンバーには“キモイ”、“女心が分かってない”、“怖い”といった辛辣な言葉が並ぶのも、斬新な演出方法として好評を博している。月曜23時に昇格してからの「キスマイBUSAIKU!?ランキング」は、さらにパワーアップ。キスマイを知っている人たちはもちろん、よく知らなかった人たちも世代を問わず楽しめる番組をお届けしていく!

 番組がスタートしてから約2年半の間、数々の試練を乗り越えて“己のカッコよさ”に磨きをかけてきたKis-My-Ft2メンバー。カッコイイ男を目指す、北山宏光、藤ヶ谷太輔、玉森裕太、宮田俊哉、千賀健永、横尾渉、二階堂高嗣の7人が、とにかく本気で汗をかく『キスマイBUSAIKU!?』は、月曜午後11時でさらにパワーアップすること間違いなし!乞うご期待!

コメント

演出:木月洋介、プロデューサー:河本晃典

「“ジャニーズなのにブサイク!?”というウワサを払拭するために“カッコイイ男とは何か?”を問い続けた2年間。とんでもないブサイクな失敗もやらかす中で、なにより今までキスマイを知らなかった方々に7人それぞれの個性や魅力が伝わってきたような気がしています。“カッコいいVTR”には女性はキュンキュン。男性はこういう男になろうと学べる。その一方で“ブサイクVTR”には何も考えずに笑える、と今までキスマイを知らなかった方々からも、ありがたく好評をいただいております。23時台になっても基本精神は変えずに“カッコイイ男”をめざすべく、今までよりも少し“幅を広げた”テーマにも挑戦していただく予定です。7人の得意不得意はだんだんわかってきたので、より波乱の展開を狙います。ご期待ください」

【キャスト】

出演
 Kis-My-Ft2
進行
 佐野瑞樹(フジテレビアナウンサー)

【スタッフ】
チーフプロデューサー
黒木彰一
プロデューサー
河本晃典
西敏也(ビー・ブレーン)
演出
木月洋介
制作協力
ビー・ブレーン
制作著作
フジテレビ
4月17日スタート
毎週金曜日23:00~23:30
全力!脱力タイムズ

普通のニュース番組ではまず取り上げられない、バカバカしくて思わず脱力してしまうような世界各地の「脱力ニュース」を、有識者たちが鋭くマジメに読み取り、全力で徹底解説!メーンキャスターに有田哲平(くりぃむしちゅー)、アシスタントにマツコ・デラックスを迎えお贈りする、斬新なコンセプトの“ニュースバラエティー”に乞うご期待!

【内容】

 2014年末に、特番として放送され好評を博した『全力!脱力ニュース』が、早くもレギュラー番組に昇格! 昨年末の特番時は、2014年に作成された映像のみを紹介したが、レギュラー化に際しては、毎週最新の「脱力ニュース」をピックアップし、思わず脱力してしまうネタから、意外にタメになるネタまで、さまざまな情報を発信していく。

 また、メーンキャスターの有田哲平(くりぃむしちゅー)に加え、アシスタントとしてマツコ・デラックスがさまざまな形で出演。歯に衣着せぬ物言いながら、的確なコメント力に定評のあるマツコ・デラックスが、この番組では新たな一面を垣間見せる! さらに、「脱力ニュース」を鋭くマジメに読み取り、全力で徹底解説をする「全力解説員」にも、魅力あふれる多彩な顔ぶれをキャスティングしていく。

 メーンキャスターの有田哲平、アシスタントのマツコ・デラックス、そして真剣に熱弁をふるう「全力解説委員」が作り出す、今まで見たことのないシュールな世界感が魅力の新しすぎるニュースバラエティー『全力!脱力タイムズ』に乞うご期待!

【キャスト】

メーンキャスター
 有田哲平(くりぃむしちゅー)
全力解説委員
 吉川美代子
 岸博幸
 出口保行  他
アシスタント
 マツコ・デラックス

【スタッフ】
編成企画
狩野雄太(フジテレビ)
石川綾一(フジテレビ)
チーフプロデューサー
神原孝(FCC)
プロデューサー
大泉正太(ファウンテン)
中村倫久(HiHo-TV)
演出
名城ラリータ(FCC)
制作協力
FCC
制作著作
フジテレビ
4月17日スタート
毎週金曜日23:30~23:58
さまぁ~ずのご自慢列島ジマング

全国から集められた様々な「ご自慢VTR」をもとに、さまぁ~ずを中心とした出演者が体を張ってチャレンジ!バカバカしくも温かい、不思議な世界観にハマる人急増中!
『さまぁ~ずのご自慢列島ジマング』が金曜の夜に昇格!

【内容】

「ホントにすごい自慢」から「ちょっとくだらない自慢」まで、全国の自慢したい人が大集結!MCはさまぁ~ずの二人!この番組は、VTRを紹介するだけにとどまらず、スタジオでさまぁ~ずと豪華ゲスト陣が体を張ってチャレンジするのが最大の見どころ。「そんなの簡単だろ!」と意気揚々だった出演者も、実際にやってみると…撃沈…、なんてこともしばしば。

 女優・モデルさんが「こんな事に体を張るの?」という驚きや、さまぁ~ずが作り出す「ジマング特有の空気感」は、番組が昇格しても変わらない!深夜時代から変わることのない「くだらないことに一生懸命」な姿を、引き続きお楽しみいただきたい。

 今年1月に誕生した新企画「さまぁゲ~!」も話題になってきており、今後も新企画をどんどん開発予定!

 「学校」や「仕事」に一週間疲れ果ててしまった方も…、旦那様が明日から休日でちょっと憂鬱な奥さま方にも…、嫌なことを一瞬でも忘れられる!笑えてちょっと元気になれる!そんな金曜の夜をお届けする!

【キャスト】

MC
 さまぁ~ず
司会
 久代萌美(フジテレビアナウンサー)

【スタッフ】
編成企画
南條祐紀
プロデューサー
野田義人
金山美菜子
総合演出
海野裕二
制作
フジテレビ
制作著作
SION
4月18日スタート
毎週土曜日23:10~23:40
さんまのお笑い向上委員会

『オレたちひょうきん族』以来26年ぶりに、毎週土曜夜に明石家さんまが帰ってくる!
毎回1組の旬の芸人を向上させるため、明石家さんまと豪華芸人たちが英知を結集!
今年60歳を迎える明石家さんま“笑撃”の新番組がお笑い界に新たな嵐を巻き起こす!

【内容】

 フジテレビ2015年春の改編の目玉のひとつとして、毎週土曜23時10分の新番組『さんまのお笑い向上委員会』が4月18日(土)よりスタートする。明石家さんまが毎週レギュラーで土曜夜のフジテレビお笑い番組にメーンで出演するのは、『オレたちひょうきん族』以来26年ぶりのこと。明石家さんまがメーンパーソナリティーを務め、瞬間最高視聴率26.7%を獲得した『FNS27時間テレビ!!みんな笑顔のひょうきん夢列島!!』(2008年)の伝説のコーナー企画「向上委員会」、そして『FNS27時間テレビ 女子力全開2013 乙女の笑顔が明日をつくる!!』の『明石家さんまの大反省会」が進化し、装いも新たにレギュラー番組『さんまのお笑い向上委員会』となる。

『さんまのお笑い向上委員会』は、毎回1組の芸人を“向上ゲスト芸人”として迎え、彼らがお笑い芸人として次のステージへ向上すべく、明石家さんまが“向上長”となって、向上委員会のメンバーと英知を結集する。さんま向上長と委員会メンバーの指導によって、芸人たちはさらなる高みを目指す!

 第1回目の向上委員会メンバーには今田耕司、堀内健(ネプチューン)、ずん、土田晃之、児嶋一哉(アンジャッシュ)、秋山竜次(ロバート)、澤部佑(ハライチ)といったそうそうたる顔触れが並ぶ。そして毎回1組選ばれる向上ゲスト芸人、栄えある初回には、2014年~2015年の年末年始1週間に35本もの番組に出演し、今一番ノリにノっている若手コンビ、流れ星を迎える。そして、さらなる向上を望む同じ事務所の先輩、キャイ~ンも愛のクレーマー芸人として登場! 

 番組は、まず視聴者や関係者から集めた“向上してほしいポイント”を紹介。さんま向上長と委員会メンバーで、向上ポイントをひとつひとつ検証する。さらにゲストをよく知る人物も登場する予定。家庭事情などのプライベートにまつわる裏情報や、知られざる欠点など、重箱の隅をつつくように根掘り葉掘りチクりながら、向上ポイント、鍛え直しポイントをどしどし提示するという。

 また、向上ゲスト芸人のみならず、さんま向上長および委員会メンバーまでもがお互いをチクりあう、壮絶なツッコミ合戦に発展する可能性も否めない。収録スタジオは、出演者が一瞬たりとも気を抜けない戦場となること必至だ。

 明石家さんま向上長、人気芸人の委員会メンバー、ゲスト芸人たちによる、無限に広がるトーク展開!お笑い界に嵐を巻き起こす、ハラハラドキドキの『さんまのお笑い向上委員会』に乞うご期待!

【キャスト】

MC
 明石家さんま
アシスタント
 久代萌美(フジテレビアナウンサー)

委員会メンバー
向上ゲスト芸人

【スタッフ】
チーフプロデューサー
亀高美智子
プロデューサー
大江菊臣
演出
鈴木善貴
監修
渡辺琢
木村剛
制作
フジテレビバラエティ制作センター
4月14日スタート
毎週火曜日24:25~24:55
そんなバカなマン

ありそうでなかった“バナナマン”と“バカリズム”の初コラボ番組『そんなバカなマン』。
昨年の4月1日以降、3回放送された特番が好評を博し、ついにレギュラー化!

【内容】

 出会って20年!芸人としてもMCとしてもコメンテーターとしても超一流となった3人が「そんなバカな!?」をキーワードに爆笑トーク&ロケ&コントなどに挑戦。

 この番組でしか見られない3人の空気感は、お笑いなのに不思議と温かい気持ちになり今の時代にもぴったり!

 ぜひご注目いただきたい。

【キャスト】

バナナマン
バカリズム

【スタッフ】
チーフプロデューサー
飯村徹郎
演出
塩谷泰孝(シオプロ)
4月15日スタート
毎週水曜日24:25~24:55
僕らが考える夜

社会の矛盾、世代間のあつれき。現代の若者=AKB48が若手の論客と共に、時に静かに時に激しく、日本の今を考える。

【内容】

 格差に不満があるのに選挙には行かず、人手不足なのに失業率が高くて、世界に誇る技術があるのに使おうとしないで、ダメな国かと思えば世界から憧れられている。この番組は、そんな素敵でどこかヘンな国=ニッポンについて、現代を生きる若者の代表であるAKB48のメンバーが、若手の論客と共に考えるトーク番組。考えるAKB48からは、次の日ニュースになるような、今の彼女たちにしか言えない珠玉の一言が飛び出すはず。まだ世間に対し無知な彼女たちならではの自由な言葉だ。そして、彼女たちの一言はテレビを飛び出し、世の中に波紋を広げ、この国について考える事を広めていくことになるかもしれない。今の日本が見えてくる、考えるトーク番組。AKB48が仕掛けるソフトでポップな現代の学生運動となるか?

【キャスト】

指原莉乃(HKT48)
土田晃之
AKB48
新しい世代の論客

【スタッフ】
プロデューサー
浜野貴敏
演出
新沢学(ユーフィールド)
制作
フジテレビバラエティ制作センター
4月15日スタート
毎週水曜日24:55~25:25
村上信五とスポーツの神様たち

関ジャニ∞の村上信五が“トーク乱闘”?!“神”&“神映像”満載!!
スポーツ界のレジェンドに“アノ真相”を直撃!!

【内容】

 スポーツ界のレジェンド“神(ゲスト)”をスタジオに迎え、番組MCの村上信五が“神が舞い降りた神映像”を見ながら“トーク乱闘”を展開する『村上信五とスポーツの神様たち』が深夜のレギュラーで放送決定!“競技との出会い”や“今だから話せるあの試合の裏側”そして“試合中に起きた奇跡”などの“神映像”をきっかけに“神(ゲスト)”を掘り下げていく。去年11月にスペシャル番組で放送された当番組。MCは引き続き、ドラマをはじめバラエティーや舞台で大活躍の村上信五が務めることに!“神映像”&“神”そしてMC村上信五による深夜の“トーク大乱闘”をお見逃しなく!

【キャスト】

MC
 村上信五(関ジャニ∞)
ゲスト
 スポーツ界のレジェンド“神”
 他豪華キャスト

【スタッフ】
チーフプロデューサー
吉田昇
プロデューサー
永盛健之(D:COMPLEX)
制作
D:COMPLEX
制作著作
フジテレビ
4月17日スタート
毎週金曜日24:40~24:55
華丸大吉の2020

博多華丸・大吉が、2020年にブレークしていそうな“才能ある卵たち”を迎えて送るトークバラエティー番組。

【内容】

『日清食品 THE MANZAI 2014』で優勝した博多華丸・大吉がMCを務めるトークバラエティー番組。毎回、ゲストに2015年現在ではまだ売れていないものの、5年後の2020年には“国民的スターになっている可能性のある才能ある卵たち”を迎え、番組自体は2020年に収録され、2015年に放送しているという設定で送る。ゲストは、2020年の大ブレークまで、どのように売れていったかなどの妄想トークや、大ブレークのきっかけになった(と思われる)ネタや芸などを披露していく。『日清食品 THE MANZAI 2014』の認定漫才師をはじめ、注目のパフォーマーやアイドルなど、多彩なゲストたちと博多華丸・大吉が、どのような妄想トークを展開していくのか、是非楽しみにしてほしい。

【キャスト】

MC
 博多華丸・大吉

他 豪華ゲスト多数

【スタッフ】
チーフプロデューサー
中嶋優一
演出
矢崎裕明
制作
フジテレビバラエティ制作センター
4月19日スタート
毎週日曜日24:50~25:20
魁!MUSIC HOUR(仮)

音楽の「今」を切り取り、「リアル」を伝える音楽ニュースショーが日曜の夜に登場!

【内容】

 毎週2~3組の歌唱パフォーマンス!ベテランから注目のニューカマーまで幅広いアーティストが登場し、最新曲を披露する!また、この番組独自の切り口で展開されるロケ企画では、ミュージシャンが“普段は見せない顔”を見せる!

 番組のナビゲーターは、人気モデルでありながら歌手・女優としても活動、マルチな才能を発揮し、若い世代からの圧倒的な支持を得ている西内まりや。

 新しいことに挑戦し続けるフジテレビ音楽番組の新たな世界観に乞うご期待!

【キャスト】

ナビゲーター
 西内まりや

【スタッフ】
チーフプロデューサー
三浦淳
プロデューサー
河本晃典
菊岡郁枝
演出
佐藤正樹
ディレクター
森田幸子
金澤賢史
中澤俊介
編成
清水麻利子
PAGETOP