フジテレビ 秋の新番組・特別番組

今日よりちょっといい明日。 プラス フジテレビ

2014年 秋の新番組

※9月8日現在の情報になります。番組内容は変更になる場合がありますので、最新情報は「番組表」や
とれたてフジテレビ」でご確認ください。

ドラマ

2014年10月13日スタート
毎週月曜21:00~21:54
信長協奏曲

7月に「テレビアニメ」を放送し、10月から「連続ドラマ(実写)」、さらにその後「劇場映画(実写)」へと展開していく「フジテレビ開局55周年記念プロジェクト」。「月9」初の“時代劇”にして、“時代劇”の既成概念、さらには“日本の歴史”と“エンターテインメント”の常識を打ち破る、全く新しい「戦国エンターテインメント」に乞うご期待!

【内容】

「フジテレビ開局55周年記念プロジェクト」として始動するのは、月刊漫画雑誌「ゲッサン」(小学館)で2009年から好評連載中の大人気漫画「信長協奏曲(のぶながコンツェルト/石井あゆみ著)」の映像化。しかも、7月に「テレビアニメ」を放送し、10月から「連続ドラマ(実写)」、さらにはその後、「劇場映画(実写)」として展開していく超大型プロジェクト。これまで「フジテレビ開局55周年記念番組」や「フジテレビ開局55周年特別番組」という冠のついた番組はあるものの、“プロジェクト”として立ち上げるのは初めて。

 また、過去には人気原作漫画が、アニメ化、実写ドラマ化、実写映画化されたケースはあるが、いずれもアニメのヒットを受けた実写ドラマ化や、実写ドラマのヒットを受けての実写映画化などという形で、今回のフジテレビ開局55周年記念プロジェクト『信長協奏曲』のように、アニメ化、実写ドラマ化、実写映画化が同時に発表されるのは史上初となる。

『信長協奏曲』は、「マンガ大賞2012」、「このマンガがすごい! 2012」、「全国書店員が選んだおすすめコミック2012」など、数多くの賞にノミネートされる人気作。勉強が苦手で歴史についても無知という、どこにでもいそうな高校生のサブローが、突然、戦国時代(1549年)にタイムスリップしてしまい、そこで出会った自分の顔とそっくりな本物の織田信長に、「病弱な自分に代わって、織田信長として生きてほしい」と頼まれ、天下統一を目指すという物語。10月から放送される「連続ドラマ(実写)」、そしてその後の「劇場映画(実写)」(公開時期未定)に主人公・サブローとして主演を果たすのは、ドラマ、映画、CMなどで目を見張る活躍を続け、まさにエンターテインメント界を牽引しているトップランナーの小栗旬。なお、小栗は主人公・サブローだけではなく、サブローが出会う本物の織田信長も演じ、一人二役となる。“死ぬまでに一度でいいから、織田信長を演じてみたい”と言っていた彼にとって、これまでの役者人生の中で、初めて念願の織田信長役を演じることとなる。さらに、主題歌はMr.Childrenが担当。2001年10月期の『アンティーク~西洋骨董洋菓子店~』で、「youthful days」を書き下ろして以来、久しぶりに「月9ドラマ」へ書き下ろし楽曲を提供する。圧倒的な映像美と、Mr.Childrenが奏でる壮大なメロディーとのコラボレーションに注目してほしい。

『信長協奏曲』は、「月9枠」で放送されるが、1980年代後半の放送開始当初から常に話題を振りまいてきた「月9枠」で、時代劇が放送されるのは初めて。誰もが知っている織田信長が、現代からタイムスリップした普通の高校生だったという斬新な設定のもと、弱小大名にすぎなかった織田家の若武者たちが、未来から来たサブローの力によって「天下統一」という途方もない夢に向かってこぎ出し、やがてその夢を勝ち取る寸前までたどり着く姿を、戦国時代を舞台にした青春群像として描き出していく。時代劇ながら、主演に小栗旬を迎え、監督には『LIAR GAME』シリーズ、『失恋ショコラティエ』などでメッセージ性の強い、独自の世界観を構築し続けている松山博昭を起用し、これまでの“時代劇”の既成概念を覆す“ポップでスタイリッシュな時代劇”に仕立て上げる。「織田信長」という日本史上最大にして最強の英雄の謎をひもとき、“日本の歴史”と“エンターテインメント”の常識を打ち破る、全く新しい“戦国エンターテインメント”『信長協奏曲』に乞うご期待!

【キャスト】

小栗旬

【スタッフ】
脚本
西田征史
(『怪物くん』『妖怪人間ベム』『アフロ田中』『おにいちゃんのハナビ』 アニメ『TIGER&BUNNY』)
プロデュース
村瀬健
(『14才の母』『BOSS』シリーズ『女信長』『SUMMER NUDE』『PRICELESS』)
羽鳥健一
(『高校入試』『天誅~闇の仕置人~』『星新一ミステリーSP』『東京にオリンピックを呼んだ男』)
演出
松山博昭
(『失恋ショコラティエ』『鍵のかかった部屋』『ラッキーセブンSP』『LIAR GAME』シリーズ)
金井紘
(『HERO』『SUMMER NUDE』『PRICELESS』『ビターブラッド』)
林徹
(『大奥』シリーズ『極悪がんぼ』『東野圭吾ミステリー』『山おんな壁おんな』『愛し君へ』)
制作
フジテレビドラマ制作センター
2014年10月21日スタート
毎週火曜21:00~21:54
すべてがFになる

10月期火9は武井咲、綾野剛W主演!
スーパー理系頭脳を持つ、「リケジョ」の女子大生と工学部建築学科の准教授の師弟コンビが、天才的頭脳の持ち主の起こした猟奇的な密室殺人に挑む!

【内容】

 フジテレビ系10月期スタートの火曜夜9時枠の連続ドラマ『すべてがFになる』に武井咲と綾野剛がW主演を務めることが決定した。武井咲は2クール連続で連続ドラマ主演、綾野剛は民放連続ドラマ初主演を務め、二人は4年ぶりのドラマ共演となる。

 スーパー理系頭脳をもつ、「リケジョ」の女子大生と工学部建築学科の准教授の師弟コンビが、天才的頭脳の持ち主の仕組んだ、解の見えない密室殺人と猟奇犯罪方程式に挑むサイエンスミステリードラマ。

 原作は累計350万部のベストセラー。第1回メフィスト賞受賞当時、作者・森博嗣が現役の某国立大学助教授であることも話題になった「すべてがFになる」(講談社)。理系ミステリーという新しいジャンルを定着させた同作からはじまる「S&Mシリーズ」を初映像化。今回は「冷たい密室と博士たち」を皮切りに、一連のシリーズをそれぞれ2話完結の形でドラマ化する。

 武井咲演じる西之園萌絵(にしのその・もえ)は、莫大な資産家の家に育った世間知らずながら、抜群の瞬発力と発想力を持ち、驚異的な計算能力を有する理系女子。

 綾野剛演じる犀川創平(さいかわ・そうへい)は、少し変わり者のクールな二枚目で、ズボラな性格だが、警察からも頼られるほどの天才的な分析力と考察力の持ち主。

 事実の分析とそこから導き出される推論のみを重視する論理的思考を持つ二人は、事件の動機や隠された人間関係といった情的要素に目が行かない“理系ばか”。

 天才的頭脳の持ち主が仕掛ける驚がくのトリックと巧妙に張り巡らされたわなに対峙するその様が大きな見どころだが、このタイプの違う2人が交わす会話の面白さや、難事件が破格のスケールゆえになかなか映像化されずにいた同作を、ついにドラマ化するところも見逃せない。羽海野チカ、押井守ら多くのトップクリエーターたちも熱狂し愛してやまない同作が、テレビドラマの新たな可能性を広げる!

★「メフィスト賞」…講談社の小説雑誌『メフィスト』が募集するミステリー主体の新人賞。「すべてがFになる」は記念すべき第1回受賞作品(1996年)。

初回あらすじ

 神南大工学部の極地研究所の喜多准教授の誘いで、同施設を訪ねた西之園萌絵(武井咲)と犀川創平准教授(綾野剛)。その低温度実験室では氷点下20度という低温の状態で様々な実験が行われていた。犀川と萌絵たちが訪れた夜、不可思議な殺人事件が起こった。低温実験室の中で、男女2人の大学院生が死体となって発見されたのだ。完全密室のなかに、殺人者はどうやって侵入し、また、どうやって脱出したのか?

【キャスト】

武井咲
綾野剛

【スタッフ】
原作
森博嗣
(「すべてがFになる」他(講談社文庫))
脚本
黒岩勉/小山正太
編成企画
成河広明/加藤達也
プロデュース
小椋久雄(共同テレビ)
貸川聡子(共同テレビ)
演出
城宝秀則(共同テレビ)他
制作
フジテレビ
制作著作
共同テレビ
2014年10月14日スタート
毎週火曜22:00~22:54
素敵な選TAXI

主演・竹野内豊、脚本・バカリズムという異色の組み合わせが実現!
竹野内が独特でユーモラスなキャラクターで役者としての新境地!
過去に戻ることができる不思議なタクシー運転手と豪華ゲストたちによる、1話完結型の“人生”再生エンターテインメント!

【内容】

 10月クールの火曜22時の連続ドラマは、主演に竹野内豊、脚本に連続ドラマは初執筆となるバカリズムという異色のタッグで、これまでにない新たな魅力ある作品をお届けする。

 人生は選択の連続であり、一度選んだら後戻りはできないもの。しかし誰にでも「もしあの時、別の道を選んでいたら」と後悔することがあるはず。では、もしも本当に過去に戻って人生をやり直すことができたら…?そんな思いから誕生したのがこのドラマだ。

竹野内が演じる主人公は、乗客自身の望む過去まで連れていくことのできる不思議な乗り物「選TAXI(せんタクシー)」の運転手で、その名も、枝分(えだわかれ)。人生の選択に失敗して焦る乗客にひょうひょうとした語り口で話しかけ、時にさりげなく、時にユニークなアドバイスを送る。主人公でありながら登場するのはほとんどタクシーの車内。しかも話好きでおせっかい、甘い物好きというユニークなキャラクターで、竹野内が新境地を開く。

 一方、過去へ戻ることを決意した乗客は、料金を支払って自身の望む「過去の分岐点」へと運んでもらい、人生をやり直すチャンスをもらう。しかし、いざ別の選択肢でやり直してみると、その先には予想外のハプニングや新たな真実が発覚。必ずしも望んだ結末になるとは限らない。けれど、人生のやり直しを繰り返す中で、乗客は自分自身を見つめ直し、やがて自分にとって本当に大切なものが何なのかに気付いていく。そしていつしか、おせっかいだったはずの枝分に感謝することに…。

 人生の選択をやり直すチャンスを手に入れた乗客の、スリルと笑いあふれる“人生”再生の物語。はたして乗客が最後に選ぶ選択肢とは?そして、そもそも枝分とは、一体何者なのか?!

 毎話、乗客として豪華俳優陣が登場するのも大きな見どころとなる当ドラマ。枝分と乗客が繰り広げる車内の会話劇、乗客を待ち受ける予測不可能な結末、さらにバカリズム演じる迫田(さこた)店長が営む、枝分行きつけのカフェで交わされるクスっと笑えるやりとりなど、バカリズムならではの発想力に富んだ面白さも随所に散りばめられた大人のエンターテインメント。ぜひご期待いただきたい!

【キャスト】

竹野内豊
 ・
バカリズム
 ・
毎話ゲスト 他

【スタッフ】
脚本
バカリズム
音楽
本間勇輔
演出
筧昌也
星野和成(MMJ)
プロデュース
豊福陽子(関西テレビ)
遠田孝一(MMJ)
八巻薫(MMJ)
制作
関西テレビ
MMJ
2014年10月15日スタート
毎週水曜22:00~22:54
ファーストクラス

キャスト一新! 沢尻エリカの新たな敵!!
破格にバージョンアップした11人の悪女たちが出現!!
夏木マリ、余貴美子、木村佳乃の大人度アップの悪女たち
倉科カナ、篠原ともえ、市川実和子、小島聖、ともさかりえの実力派悪女陣!
“レミ絵×100倍”の脅威度=“猟奇的なレミ絵の姉・ナミ絵”を歌手・ドラマーとして注目株のシシド・カフカが女優デビューにして熱演!!
爽やかな朝の顔・鈴木ちなみも悪女を怪演!!
“沢尻悪女イレブン”結成!!

【内容】

 今年4月期に放送された土ドラ『ファースト・クラス』終了からわずか4カ月、フジテレビドラマ史上最速で10月期・水曜22時枠の連続ドラマとして続編が決定した沢尻エリカ主演の『ファーストクラス』。出版社からファッションブランド業界へと舞台を移し、新進気鋭のデザイナーとして働く沢尻エリカ演じる主人公・吉成ちなみの半年後を描いたものだ。そんなちなみの周りで“マウンティング”はもちろん、ここぞとばかりにかき乱す破壊力抜群の“新たなモンスター”が続々と登場!!ちなみが働いているブランドの創始者であり“ファッション界のゴッドマザー”に夏木マリ、“業界の新たな女帝”でブランドの再生のためにやってくるクリエーティブディレクターに木村佳乃、敵対する大手アパレルの新社長に余貴美子、さらに性悪デザイナー&パタンナー軍団には、倉科カナ、篠原ともえ、市川実和子、ともさかりえ、そして、プレスのトップで“ブルドーザークイーン”に小島聖、と人気と実力ともに兼ね備えた強烈で個性豊かな豪華女優陣が勢ぞろい!!また、175センチの長身とそのルックス、そして歌手・ドラマーとして今注目を集めているシシド・カフカが女優デビュー!!あのレミ絵すら頭が上がらないという超強烈キャラ・猟奇的な姉でデザイナー役を演じる。さらに、『めざましテレビ』のリポーターとしても活躍する鈴木ちなみも爽やかな朝の顔から一転、超絶悪女のプレスアシスタントを演じ、フレッシュな悪女たちも登場する。

 また、数少ない男性陣では、劇団EXILEのメンバーとしてドラマや映画に活躍めざましい青柳翔、そして若手俳優の最注目株として人気急上昇の淵上泰史、中村倫也、さらに岡本圭人(Hey!Say!JUMP)も登場!!物語にさらなるスパイスを加え、悪女たちの闘いをさらにヒートアップさせる要因となる“癖のある色男たち”を熱演する。

 これまで以上の破壊度・性悪度・大人度・衝撃度倍増でお届けする『ファーストクラス』。キラキラと輝くファッションブランド業界で、どんな泥沼の闘いが繰り広げられるのだろうか…?!そして雑誌・FIRST CLASSの面々はどう絡んでくるのか??さらなる話題を振りまき、10月期の注目ドラマとなること間違いなしだ。

【キャスト】

沢尻エリカ
木村佳乃
倉科カナ
青柳翔
シシド・カフカ
淵上泰史
篠原ともえ
鈴木ちなみ
中村倫也
岡本圭人(Hey!Say!JUMP
 ・
余貴美子
 ・
市川実和子
小島聖
ともさかりえ
夏木マリ

【スタッフ】
編成企画
太田大
(『ファースト・クラス』『名前をなくした女神』他)
脚本
及川博則
(『ファースト・クラス』『ねじれた絆』他)
プロデュース
浅野澄美
(『最後から二番目の恋』『名前をなくした女神』他)
演出
西浦正記
(『リッチマン、プアウーマン』『名前をなくした女神』他)
宮脇亮 
(『最高の離婚』『続・最後から二番目の恋』他)
制作
フジテレビ
制作著作
FCC
2014年10月スタート
毎週木曜22:00~22:54
木曜劇場 ディア・シスター

初共演・石原さとみ&松下奈緒の豪華W主演!
自由奔放で天真らんまんな妹×真面目で不器用な姉
凸凹姉妹が織りなす切ないラブコメディーが10月木10に登場!

【内容】

 10月クールの木曜22時枠の連続ドラマは、自由奔放で天真らんまんな妹と真面目で不器用な姉が織りなす切ないラブコメディー『ディア・シスター』をお届けする。傷つけ合いながらも、お互いに足りない部分を補い合って共に生きて行く姉妹の、笑えてドキドキして切なく楽しいラブコメディーが“2014秋冬”を盛り上げる!

“妹”を演じるのは、『リッチマン、プアウーマン』では内定がもらえず就職活動に奔走する東大生、『失恋ショコラティエ』では主人公が思いを寄せる小悪魔女子、など多種多様の役を演じられる数少ない女優・石原さとみ。一方、“姉”を演じるのは、NHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』で国民的人気女優となり、フジテレビ連続ドラマでは『CONTROL~犯罪心理捜査~』など3作品で主演を務めた演技派女優・松下奈緒。偶然、プライベートでも実際に“妹”だという石原と、同じく妹がいる“姉”だという松下の二人。さらに役の年齢設定も実年齢と同じ。そんな二人が姉妹役を演じることで、リアリティー感あふれる“等身大の姉妹像”が紡ぎ出されていく!

 石原が演じるのは、偏差値は低いけれど要領が良い27歳の妹・深沢美咲(ふかざわ・みさき)。天性の美貌に加え、生粋の甘え上手で、器用に生きてきた典型的な妹タイプ。高校卒業後、家出をして行方知れずになった彼女が、ある日突然姉の部屋に転がり込む!自由奔放に姉の家で振る舞う彼女だが、実は周囲に内緒にしている“ある秘密”を抱えていた…。そしてそんな彼女も姉とのぶつかり合いの中で、価値観が少しづつ変わっていく!?

 一方の松下が演じるのは、偏差値は高いけれど要領が良くない姉・深沢葉月(ふかざわ・はづき)。同じ職場で働く恋人との早期結婚を目指している区役所勤務の29歳! きちょうめんで潔癖な委員長タイプだが、ちょっぴり不器用。幼少期に母親からの愛情を全て美咲に奪われたという気持ちがトラウマになっている葉月の自宅に、美咲が転がり込んできて一体どうなる!? 実は、彼女も美咲には言えない“ある秘密”を抱えていた…。そんな凸凹姉妹の二人がひとつ屋根の下で暮らすとどうなってしまうのか!? 丁々発止の姉妹ゲンカはもちろんのこと、同居をきっかけに巻き起こる数々の騒動。生き方も性格も正反対の妹・石原と姉・松下が魅せる“姉妹・兄弟あるある”に共感せずにはいられない!

『私が恋愛できない理由』で男、セックス、仕事、結婚…女性が直面する悩みを等身大に描き、多くの女性から支持を受けたプロデューサー・中野利幸が「ずっとドラマ化したかった」という企画を、妹・石原さとみ、姉・松下奈緒が魅せる演技と、『ラスト・シンデレラ』が大好評だった中谷まゆみの脚本、そして『リッチマン、プアウーマン』のキラキラした映像が記憶に新しい田中亮演出という豪華布陣で贈る“等身大の姉妹物語”『ディア・シスター』をぜひお楽しみに!!

【キャスト】

石原さとみ
松下奈緒

【スタッフ】
脚本
中谷まゆみ
(『ぽっかぽか』、『ラスト・シンデレラ』他)
プロデュース
中野利幸
(『僕のいた時間』、『ビター・ブラッド~最悪で最強の親子刑事~』他)
演出
田中亮
(『医龍4』、『リッチマン、プアウーマン』他)
制作
フジテレビドラマ制作センター
2014年9月1日スタート
毎週月~金曜13:30~14:00
10/13(月・祝)休止
―昼の帯ドラマ50年― ほっとけない魔女たち

女性の開き直った会話、自由に話す姿は実におもしろい!
そして、世の男性より女性の方が正義感がとっても強い!!
そして、そして、女性には変身願望がある!?
そんなこんなをギュギュっ~と詰め込んだ昼ドラ新時代――。
超豪華キャストでお届けする、くすっと笑って、ほろっと泣ける、東京の下町を舞台にした、痛快な勧善懲悪の人情喜劇!!

【内容】

 長女の春子(室井滋)はスマホ用ゲームやネットオークション&ショッピングなどを手掛けるIT関連企業「LADYDO」の社長。亡き夫から経営を引き継いだ未亡人であり、根津に屋敷をもつ資産家だ。

 次女の夏江(浅野ゆう子)は浅草に近い隅田川沿いに小さなイタリアン「アマルコルド」を開いて5年になる。「うまい!安い!手伝って!」を合言葉に、シェフの近藤マモル(三宅健)と切り盛りし、店はそこそこ繁盛。独身を貫き、店の2階で一人寝起きしている。

 三女の秋代(松本明子)は専業主婦。高一女子と中三男子の母。平穏な、だが少々退屈な日々を送っている。

 四女の冬美(釈由美子)はフリーライター。取材しネタを仕込み雑誌に売る。世間の裏側には詳しくなったが、夢だった一流のジャーナリストからはほど遠い。

 ある日、春子から呼び出された姉妹たち。春子が皆に、自分は原因不明の難病で余命半年だと告げる…。ぼう然とする姉妹たち。空気を変えるように春子が指をパチンと鳴らすと、壁に映し出される「キャッツアイ」「プレイガール」「チャーリーズエンジェル」の映像。「こんな映画やドラマの主人公みたいに、女性らしいウイットとユーモアで悪い奴らを懲らしめて、世直ししたい!」と言い出す。あまりにとっぴで突っ込みどころ満載な春子の提案に、3人は仰天…。「生きた証が欲しい」と、どうやら本気のようで…。

 もう一度、指をパチンと鳴らすと、壁の奥から秘密のコスチュームまで現れてくる。そして四姉妹は、あるきっかけから、マモルが作った“作戦レシピ”をもとに動き出す…。春子が夢見ていた「キャッツアイ」や「チャーリーズエンジェル」のように…。

 こうして“ほっとけない魔女たち”は、「クレジットカードのスキミング集団」と闘ったり、「結婚詐欺」や「いじめ問題」を解決しようとしていく。また同時に、このシスターズの活動がみんなにバレそうになったり、夏江の初恋相手との恋が発展していったり、四姉妹それぞれが抱える個人的な問題が表面化したり、事件以外の物語も同時進行で展開していく。どうぞ、ご期待いただきたい!

【キャスト】

浅野ゆう子
三宅健
釈由美子
 ・
渡辺哲
神保悟志
 ・
松本明子
室井滋

【スタッフ】
ナレーション
友近
企画
横田誠(東海テレビ)
脚本
鈴木聡
(劇団ラッパ屋主宰『をんな善哉』2012年鶴屋南北戯曲賞受賞 NHK朝ドラ『あすか』『瞳』など)
森ハヤシ
吉高寿男
主題歌
V6「Sky's The Limit」(avex trax)
エンディングテーマ
上野優華「大切なあなた」(キングレコード)
音楽
森英治
有木竜郎
メインテーマ演奏
STORM(PRIMO)
演出
木下高男(共同テレビ)
都築淳一(共同テレビ)
小山田雅和(共同テレビ)
朝比奈陽子(共同テレビ)
プロデュース
服部宣之(東海テレビ)
鈴木伸太郎(共同テレビ)

バラエティ

2014年10月20日スタート
毎週月曜20:00~20:54
痛快TV スカッとジャパン

世の中にあふれる、イライラや不平不満、愚痴の数々に、“スカッとする解決策”をドラマ形式で再現!明日からの活力になるようなエネルギッシュな番組が、月曜20時に誕生!後味爽快で、思わず拍手を送りたくなるような“スカッとする話”だけを集めて、ショートドラマに!日頃たまったうっぷんをこの番組で晴らしてください!

【内容】

 理不尽な要求をしてくるクレーマーや、街中の酔っ払い、圧迫面接、診療拒否する病院、横暴なタクシーの運転手や、客の足元を見る店員、マナーの悪い不良や、しつけのなっていない親たち。

 私たちの身近にいる、意地悪で自分勝手な人たちを、ナイスアイデアや機転の利いたとんちで、あるいは手の込んだ頭脳作戦で撃退した、「本当にあった」“スカッとする話”をショートドラマ化。

 演じるのは、ドラマでもおなじみの名脇役たち。「あなたが体験したスカッとする話を、ドラマ化します」をコンセプトに掲げ、視聴者投稿をもとにしたショートドラマを制作する。スタジオではそんなVTRを見ながら、スタジオゲストと一緒に視聴者の方々にも“スカッと”してもらおうという番組だ。

 ちょっと憂鬱な月曜日。そんな夜に、明日からを乗り切る活力になるようなエネルギッシュで痛快で、見ると晴れやかな気持ちになる、そんな番組をお届け!ご期待いただきたい!

コメント

プロデューサー・浜野貴敏(フジテレビバラエティー制作センター)コメント

「何だか気分が乗らないなぁ…、疲れたなぁ…。そんな時、元気が出るサプリを1錠飲む。それと同じく、気軽な気持ちでご覧いただければ、元気、勇気、活力がもらえる、そんな番組にしたいと思っています」

【キャスト】

MC
内村光良(ウッチャンナンチャン)

【スタッフ】
チーフプロデューサー
浜野貴敏
プロデューサー
田岸宏一(クロスエイト)
鈴木康祝(イースト・エンタテインメント)
企画
木月洋介
演出
佐藤大輔(佐藤映像)
和田英智(フリー)
中澤智有(フリー)
大橋圭史(イースト・エンタテインメント)
VTR演出
長江俊和(ネビュラ)
編成
水野綾子
制作協力
イースト・エンタテインメント
2014年10月スタート
毎週日曜19:58~20:54
ニュースな晩餐会

豪華キャストが集結する「晩餐会」開催!アンジャッシュの渡部建、ゴールデンのレギュラー番組初MC!田中みな実、フリー後初のレギュラー番組MC!晩餐会を取り仕切るのは、フジテレビバラエティー初レギュラーの美輪明宏。

【内容】

 世の中にあふれるさまざまなニュース。この番組では、そんなニュースの中でも、ほっこり笑えたり、思わずグッときたり、そんな人間の感情に強く訴えかけてくる「本当に興味を持てるニュース」ばかりを取り上げる、他の番組とは一線を画した情報バラエティー。そんなニュースを語り合う場所として、「晩餐会」を開催!出席者は、“重鎮”“辛口女優”“イケメン俳優”“これまでほとんどテレビに出たことのない文化人・外国人・オネエ”など、さまざまなジャンルの一癖も二癖もある豪華な布陣。彼らが、それぞれ独自の意見や主張を繰り広げる。アンジャッシュの渡部建が初のゴールデンMC。田中みな実は、この番組がフリー後初のレギュラー番組。そして、フジテレビバラエティー初レギュラーの美輪明宏がこの晩餐会を主宰!日曜の夜が変わる!この秋注目の番組がここに登場する。

【キャスト】

MC
渡部建(アンジャッシュ)
田中みな実
主宰者
美輪明宏 他

【スタッフ】
編成企画
赤池洋文(フジテレビ)
プロデューサー
坂口和之進(共同テレビ)
古賀太隆(D:COMPLEX)
総合演出
河井二郎(共同テレビ)
制作協力
共同テレビ
D:COMPLEX
制作著作
フジテレビ
2014年10月26日スタート
毎週日曜21:00~21:54
オモクリ監督 ~O-Creator's TV show~

2度の深夜特番を経て、今年4月から月曜深夜のレギュラー番組として放送されている『OV監督』が、『オモクリ監督』にタイトルをあらため、日曜21時のゴールデンタイムに昇格!レギュラー監督(千原ジュニア、バカリズム、劇団ひとり)らが、あらゆる“オモ=おもしろいこと”を“クリエイト”していく!あなたの明日からがちょっと「オモ」になる『オモクリ監督』に乞うご期待!

【内容】

 芸能人や文化人が、「土下座」、「ゆとり世代」、「クレーム」など、今を切り取るユニークなテーマをもとに「おもしろいVTR=OV」を自ら企画構成、監督として映像化し、誰の「OV」が一番おもしろいかを競う“真剣勝負映像ショー”として、深夜番組ながら熱烈な支持を受け、多くのコアなファンを獲得してきた『OV監督』(4月14日~毎週月曜日・25時~25時30分)が、『オモクリ監督 ~O-Creator’s TV show~』とタイトルをあらため、10月から日曜21時のゴールデンタイムに昇格する。

 番組のキャッチコピーは、「あなたの明日からがちょっと“オモ”になる」。『オモクリ監督 ~O-Creator’s TV show~』は、一流のセンスをもつ「監督」と呼ばれる芸能人、文化人たちが、あらゆる「オモ=おもしろいこと」をクリエイトすることで、『サザエさん』放送終了後の日曜夜に誰もが感じる“明日からの憂鬱な1週間”をおもしろくする番組。

『オモクリ監督 ~O-Creator’s TV show~』では、『OV監督』と同様に、レギュラー監督の千原ジュニア、バカリズム、劇団ひとりと、ゲスト監督が、今を切り取るユニークなテーマのもと、自ら企画構成し、監督したVTRを発表し、誰のVTRが一番おもしろいかを競う「オモブイ」をメイン企画として構成するが、スタジオ部分の進行は、月9ドラマ『HERO』(2014年7月クール)で注目を集め、その美貌と大人の魅力で今最も旬と言って過言ではない女優・吉田羊を新たに起用する。深夜からゴールデンに昇格したことで、スケールアップする「オモブイ」の内容はもちろん、レギュラー監督の千原ジュニア、バカリズム、劇団ひとりやゲスト監督と、バラエティー番組レギュラー初挑戦となる女優の吉田羊がどんなトークを展開するのか、是非楽しみにしてほしい。

 さらに、『オモクリ監督 ~O-Creator’s TV show~』では、メーン企画である「オモブイ」による“真剣勝負映像ショー”とは別に、普段、頑張っている芸能人に、監督たちが考えた“おもしろいプレゼント”をサプライズで贈り、そのリアクションを楽しむ「オモプレ」や、監督たちの「これってどうなんだろう?」という、くだらない疑問を真剣に検証する「オモ検証」などの別企画も準備中。千原ジュニア、バカリズム、劇団ひとりという脂の乗った一流のセンスを持つ芸人たちが、芸人としての原点に立ち戻り、正面から“おもしろい”ことと向き合い、本気で汗をかく『オモクリ監督 ~O-Creator’s TV show~』に乞うご期待!

【キャスト】

レギュラー監督
千原ジュニア
バカリズム
劇団ひとり
進行
吉田羊
審査委員長
調整中
他、ゲスト監督や審査員など、豪華ゲスト多数

【スタッフ】
プロデューサー/演出
塩谷亮
制作
フジテレビバラエティ制作センター
2014年10月13日スタート
毎週月曜23:00~23:30
マネースクープ

“お金にまつわる&聞けば得する”旬なネタを大スクープ!
今夏放送した第1弾が高視聴率を獲得した人気バラエティーが月曜23時に登場!
酸いも甘いもかみ分けた、ベテラン俳優記者たちが自ら取材を敢行したくさんの笑いと意外な最新情報が詰まった“マネースクープ”を連発する!?

【内容】

 10月クール以降のフジテレビ月曜23時枠は、今夏の第1弾特番が22時台放送で高視聴率を獲得した新感覚バラエティーをお届けする!“お金にまつわる&聞けば得する”旬な話題を、酸いも甘いもかみ分けたベテラン俳優記者たちが取材し、“マネースクープ”として発表していくバラエティー番組。トレンディードラマ全盛期に一世を風靡した有森也実、田中美奈子、千堂あきほの“トレンディ3人娘”による、女性に大人気の最新女子会潜入リポートや、前回放送された特番で初共演を果たした野村宏伸&大沢樹生コンビによるちまたで話題の隠れたB級グルメスポット巡りは爆笑必至!さらに、海外生活を送るセレブ女優が海外特派員として最新リポートをお届け!?他にもお金にまつわるスクープ盛りだくさん!老若男女問わず、実はみんなが興味のあるテーマ“お金”を切り口に、たくさんの笑いと役に立つ最新情報をお届けする!月曜23時は『マネースクープ』をぜひお楽しみに!!

【キャスト】

MC
天野ひろゆき(キャイ~ン)
堀潤
進行
フジテレビ女性アナウンサー
マネースクーパー(50音順)
有森也実
飯尾和樹(ずん)
大沢樹生
千堂あきほ
田中美奈子
野村宏伸
宮川一朗太

【スタッフ】
企画
赤池洋文
プロデューサー
高橋洋子(クリーク・アンド・リバー)
演出
広瀬陽一
制作
フジテレビ
2014年10月17日スタート
毎週金曜23:00~23:30
どぅんつくぱ~音楽の時間~

今までになかった世界観の音楽番組がこの秋誕生する!
音楽とは本来、「音」を「楽」しむもの。子どものように純粋な心で音を楽しみたい!そんな人たちに向けて送る新感覚の音楽番組。
なんと司会は子ども!そして、妖精たち!音楽番組の常識を覆す「子ども×ミュージシャン」という斬新な組み合わせが生み出す化学反応に乞うご期待!

【内容】

 今までになかった新型音楽番組がこの秋スタート!トップアイドルから人気グループ、さらには新人バンドまで、毎回2~3組のミュージシャンが出演予定。話題の新曲を披露するだけでなく、時にはカヴァーやコラボレーションなどで名曲を披露する。いたってオーソドックスな音楽番組かと思いきや、司会を担当するのは、なんと子ども!そして、妖精たち!

 ここは、音楽の妖精たちが住む世界。音楽の妖精たちは、毎日「音」を「楽」しんで過ごしている。そこにやってきたミュージシャンは、司会の子どもたちや、妖精たちとのトークを展開。しかし、子どもや妖精と侮るなかれ!音楽にやたら詳しく、専門的な質問もしちゃう“クラシックの妖精”、ゲストの恋愛トークが大好きな“ポップの妖精”、プライベートな質問ばかりする“ロックの妖精”、タブーに切り込む“ヒップホップの妖精”というバラエティーに富んだ妖精たちが、番組を盛り上げる!

 音楽番組の常識を覆す、「子ども×ミュージシャン」、さらには妖精のスパイスまで効いた斬新な組み合わせでお送りする新番組。さぁ、楽しい『おんがくの時間』のはじまりだ!

コメント

プロデューサー・三浦淳(フジテレビバラエティ制作センター)コメント

「子どもの頃に初めて触れた音楽を覚えていますか?僕はおそらく『みんなのうた』で流れていた曲か、童謡だったと思います。でも最近の子どもは普通にJ-POPの楽曲を歌っています。街中や電車の中でも小さな子どもがAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」やアナ雪の「Let It Go」、妖怪ウォッチやきゃりーぱみゅぱみゅを歌っているのをよく耳にしますが、子どもの声で大人の曲を聞くとものすごく癒されます。“音を楽しむ”ってこういうことだなぁ、とあらためて思いつつ…子どもが音楽に触れられる機会はもちろん、子どものように純粋に音を楽しめる機会をどんどん増やしていきたいと思っています。この番組は決して子ども向けの番組ではないのですが、子どもが思わず見たくなるような、親子で一緒に見られる音楽番組になればいいなと思っています。トークセットやキャラクターの衣装など、番組の世界観を打ち合わせするたびに、新しい事が始まるワクワク感でいっぱいです!アーティストが“遊びに行きたくなる場”を目指したいと思います!そして、このような実験的な番組にチャンスを頂き本当に感謝しています。実験で終わらせないよう頑張りますので、応援お願い致します!」

【キャスト】

王子様
調整中
お姫様
調整中
世話役お姉さん
調整中
音楽の妖精たち
調整中

【スタッフ】
チーフプロデューサー
三浦淳
プロデューサー
河本晃典
菊岡いくえ
演出
佐藤正樹
住田崇
制作
フジテレビバラエティ制作センター
2014年10月17日スタート
毎週金曜23:30~23:58
バナナマンの決断は金曜日!

大好評『バナナマンの決断までのカウントダウン』がパワーアップ!
有名人が下す決断の瞬間に密着するほか、大きな決断をした一般人にもスポットライトを当てたコーナーを新展開!

【内容】

 4月にスタートした『バナナマンの決断までのカウントダウン』が10月からはさらにパワーアップ。“決断”をテーマに、有名人が人生で下した決断の真相を紹介する独占インタビュー企画や、有名人の知られざる素顔に迫るプライベート密着企画の他、新たに一般人の決断の瞬間を調査する新コーナーが登場する。スタジオで決断VTRを見るのはバナナマン(設楽統、日村勇紀)と平成ノブシコブシ・吉村崇の3人。有名人の意外な一面に驚きを見せたり、一般人の赤裸々な本音に突っ込みを入れたり…3人が繰り広げる爆笑トークにもご注目いただきたい。リアルな決断の瞬間をのぞき見られる、進化したトークバラエティーをお届けする。

「有名人の決断」企画では、豪華有名人たちが人生を変える重大な決断をした時のエピソードや心の動きを、再現ドラマとインタビューで徹底的に掘り下げる人気コーナーを続行。また、現在ブレイクしている旬な有名人のプライベートに密着し、日常での決断を積み重ねていく姿から意外なキャラクターをあぶり出す話題沸騰の企画も必見である。さらに、全く異なるバックグラウンドを持つ芸能人が一緒に旅をする姿を追った“決断旅”や、有名人が懐かしい相手と再会する決断、有名人が人生で初めてのことに挑戦する決断など、見る者を引きつける斬新な企画を続々と用意している。

「一般人の決断」企画では、一般の方々が大きな決断をしそうな場所を張り込み、決断の裏側にはどんな心の移り変わりがあったのか、そのリアルな思いを聞き出していく。市役所で婚姻届を出した人、高級外車を購入した人など、その決断を出口調査方式で取り上げる。予想外な展開も期待できる一般人の密着ロケは、『決断までのカウントダウン』リニューアルを盛り上げてくれる注目の新コーナーである。

 有名人と一般人の驚くべき“決断”をさまざまな形でお見せしていく、みどころ満載のバラエティーをお楽しみに!

コメント

チーフプロデューサー・坪井貴史

 これまでの有名人の日常・半生での“決断”のさらに深堀り、さらにさらに、一般の方々の生活や人生での重大“決断”の瞬間まで幅を広げた“決断VTR”を、バナナマンが、のぞき見感覚で“ウォッチング”していきます。

【キャスト】

バナナマン(設楽統 日村勇紀)
平成ノブシコブシ・吉村崇

【スタッフ】
チーフプロデューサー
坪井貴史
プロデューサー
増谷秀行
三好剛
開発勇輔
演出
平野彰子
ディレクター
原武範
大平進士
伊藤嘉彦
制作協力
IVSテレビ
プラットフォームインク
クリーク・アンド・リバー社
制作著作
フジテレビ
2014年10月18日スタート
毎週土曜23:10~23:55
ミレニアムズ

豊作と言われる2000年デビューの中から厳選された芸人5組によるお笑い番組!
「売れているけど、まだフジテレビで看板を持った事がない」
そんな5組が、いま一度、初の冠番組で横一線に並びお互いをライバル視しながら競い合うエンターテインメント・ショー!

【内容】

 フジテレビ秋の改編の目玉のひとつ、土曜23時10分放送の新番組『ミレニアムズ』。土曜23時台といえば、かつて『めちゃ2モテたいッ!』(『めちゃ2イケてるッ!』の前身番組)や『ピカルの定理』といったエポックメイキングな人気お笑い番組を排出してきた時間帯だ。そこへ、オードリー、ウーマンラッシュアワー、ナイツ、流れ星、山里亮太(南海キャンディーズ)ら5組のメンバーがタッグを組み、満を持してフジテレビのレギュラー番組に挑む。

 オードリー、ウーマンラッシュアワー、ナイツ、流れ星、山里亮太(南海キャンディーズ)メインパーソナリティーを務めるこの5組の共通点は、“花の2000年デビュー組”ということ。俳優、芸人、アーティストと数多くのスターを生んだといわれる2000年デビュー組でありながら、「売れているけど、まだフジテレビで看板を持った事がない」という彼らが、満を持してこの秋、一世一代の飛躍のチャンスと勝負に賭ける、ガチンコお笑いバラエティーである。

 それなりに知名度、実力、経験、賢さを持っているが、常にどこか自虐的で、男としてもひねくれていて、不器用で照れ屋ではしゃぐこともできず、結果モテない……そんな屈折した一面を持っているミレニアムズ・メンバー。ところがそんな彼らにも、まだまだ知られざる一面、いや二面も三面も違う別の顔があった。それは、「俺たちは、本当は少年だ。俺たちは、ウケたい。俺たちは、モテたい。俺たちは、張り合う。俺たちは、サイテーで、俺たちは、サイコーだ。嘘つきで、すいません」

 そんなやんちゃな精神のもと、この番組では、あえて彼らの「人としてカワイイ、本当の素の部分」にフォーカスを当て、迫っていく。5組のお笑い芸人が、いま一度、初のフジテレビ・レギュラー番組でメインパーソナリティーとして横一線に並び、お互いをライバル視しながら競い合えるような企画をめいっぱい盛り込んでいく予定である。

 記念すべき初回となる10月18日(土)の放送は、いきなり彼らへの「どっきり企画」からスタートする。9月1日(月)正午、ある特番の打ち合わせと言われてフジテレビ入りするオードリー、ウーマンラッシュアワー、ナイツ、流れ星、山里亮太(南海キャンディーズ)の面々。彼らは、突然スタッフにつかまり、目隠しをされ、どこかへ連れ去られる。彼らが目隠しを取ると、そこには……、たくさんのお客さんが待っている超豪華なバラエティー番組のセットが!?びっくり仰天、驚く彼らをよそにレギュラー番組『ミレニアムズ』がすでにスタートしていることが知らされる。まったく何も聞かされてなかった彼らは、突然の大ニュースに訳もわからず、ただただ大騒ぎして右往左往するしかない。こうして『ミレニアムズ』の初回は、騒々しくも華々しい、新世紀の大きな幕を開ける。

 新お笑いバラエティー『ミレニアムズ』、初回は10月18日(土)23時10分から放送。ミレニアムに誕生した5組の芸人たちがフジテレビ新時代の“顔”を目指すべく、大暴れする。フジテレビ秋の改編の起爆剤として期待される番組『ミレニアムズ』に乞うご期待。

【キャスト】

オードリー
ウーマンラッシュアワー
ナイツ
流れ星
山里亮太(南海キャンディーズ)

【スタッフ】
チーフプロデューサー
亀高美智子
プロデューサー
児玉芳郎
桐谷太一
和田健
演出
当麻晋三
構成
田中直人
制作
フジテレビバラエティ制作センター
2014年10月スタート
毎週日曜13:30~14:00
KinKi Kidsのブンブブーン

KinKi Kidsが日曜お昼に登場!行く先々で出会った人たちに“おもてなし”をしていくロケ・バラエティー番組。どこへ行くのか、何をするのかわからない、予定“不”調和なKinki Kidsの脱線だらけのドライブが始まる!

【内容】

 フジテレビのバラエティーで数々の伝説を作ってきたKinKi Kidsによる新番組として、新たに日曜昼にリラックスして楽しめるロケ・バラエティーがスタートすることが決定した。KinKi Kidsとしては久しぶりの本格ロケ番組で、何が起こるかわからない展開になりそうだ。

 この番組では目的地へ向かう移動の車からロケがスタート!時に目的地を間違えたり、時にKinKi Kids自ら車を運転したり、時に見知らぬゲストが乗車してきたり…。車中という限られた空間で乗車ゲストとトークしながら、目的地へと向かう。毎回、ロケ先で気になるお店に寄り道したり、ゲストに散々振り回されたり、急きょぶらり旅をしたりしながら、様々な土地で予定不調和なロケが予想される。

 10代の頃からトップアイドルだったため、これまで気楽にどこかに出掛けたり、気ままに旅に出たりすることができなかったKinKi Kids。どちらかと言えば「インドア派」な印象の強い二人が毎週町に繰り出す!知らなかった町へ出かけ、見たことのない景色を目にして、縦横無尽に目抜き通りや路地裏や大自然の中、多種多様な人々と触れ合う。そんなKinKi Kidsの新たな扉を開ける番組だ。

 また、テレビ的に段取りよく進行する一般的なロケ番組と違い、「やりたくない」「行きたくない」「食べたくない」と素直な感情を出し、自然体で振る舞う“35才の堂本光一、堂本剛”を唯一見る事ができる番組となりそうだ。いつまでたっても子どもみたいにやんちゃな部分と、意外にもイブシ銀の趣味の持ち主だったりもする大人の部分、両方同時に味わえる一粒で何度もおいしい番組である。

 KinKi Kidsがスペシャルなゲストとともに気の向くままに突き進む10月の新番組は日曜13時30分スタート。楽しいハプニングとミラクルの連続に乞うご期待!

【キャスト】

KinKi Kids 他

【スタッフ】
プロデューサー
三浦淳
演出
城間康男
浜崎綾
制作
フジテレビバラエティ制作センター
2014年10月スタート
毎週日曜23:15~23:45
ヨルタモリ

タモリがフジテレビレギュラー番組に復活!
『笑っていいとも!』以来約6カ月ぶり!
タモリワールド全開!
宮沢りえ出演決定!初バラエティーレギュラーに!

【内容】

 フジテレビのレギュラー番組にタモリが帰ってくる!

 今年3月31日、ついに『笑っていいとも!』が32年間の歴史に幕を閉じた。終了当日はアルタ前から新宿駅前に何千人もの人の波がうねり、主要駅各所では号外が配られ、『笑っていいとも!グランドフィナーレ 感謝の超特大号』(20時~23時14分放送)は28.1%という高視聴率を獲得した。『笑っていいとも!』終了後も「タモロス現象」と名付けられたほど、昼の12時にタモリがいないという事実を受け止めきれない人々が続出。そんな悲しみに暮れていた日本国民が待望する新番組がついに、約6カ月の時を経て放送を開始することになる。

 タモリによる新番組、その名も『ヨルタモリ』。日本のお昼の顔として32年間君臨してきたタモリが、フジテレビの夜へやってきて「夜のタモリ」を始めるのである。さらに「ヨル」はタモリが「寄る」、タモリに会いに芸能人が「寄る」番組という意味も込められている。

 舞台は、とあるお店らしき空間。そのお店にはタモリに会いに、夜な夜な芸能人が訪ねてくるのだった。タモリと、豪華ゲスト、そしてお店のママなどとトークを展開することとなる。

 さらにこのお店のママとして登場するのが、バラエティー番組初レギュラーとなる宮沢りえ。女優として活躍する宮沢りえが、今回タモリの新番組でバラエティー番組レギュラーデビューを果たすこととなった。これまで『笑っていいとも!』には8回テレフォンショッキングゲストで登場した他、プライベートでも何度も偶然出会うなど、不思議な縁のあるタモリと宮沢りえが、視聴者を釘付けにすることに!タモリによって宮沢りえのまだ誰も見たことのない一面も引き出されることになりそうだ。タモリワールド全開となることは確実、ぜひ秋からはじっくり、どっぷりと『ヨルタモリ』にはまっていただきたい。

【キャスト】

タモリ
宮沢りえ

【スタッフ】
チーフプロデューサー
中嶋優一
演出
木月洋介
制作
フジテレビバラエティ制作センター
2014年10月スタート
毎週月曜24:10~24:35
おーい!ひろいき村

今、乗りに乗ってる有吉弘行の新番組が月曜深夜に登場!有吉村長を中心に作られた「ひろいき村」に集結した若手芸能人たちが、さまざまなことに挑戦!

【内容】

 今、彼の勢いを止めることはできない!有吉弘行の新番組が満を持して登場する!有吉村長を中心とした「ひろいき村」をつくり、そこに旬の若手芸能人たちが「村役場の職員」として集結!「ひろいき村」を世界に誇れる村にするべく、さまざまなチャレンジや実験や検証を行っていく。例えば、ひろいき村の女性職員たちで「シンクロナイズドスイミング」チームを結成。シンクロを極め、世界各国で開かれているアマチュア大会で優勝を目指したり、“ドミノで人の心を一つにする”を合言葉に450万個のドミノに挑戦したり…。“真剣”に頑張る新しい形のバラエティー番組が月曜深夜に誕生する!

【キャスト】

村長
有吉弘行
ひろいき村の職員
狩野英孝 庄司智春 バービー FUJIWARA 小峠英二(バイきんぐ) 我が家 他

【スタッフ】
プロデューサー
浜野貴敏(フジテレビ)
上原敏明(ユーフィールド)
総合演出
谷中憲(ユーフィールド)
制作協力
ユーフィールド
制作著作
フジテレビ
2014年10月14日スタート
毎週火曜24:10~24:35
オサレもん

【内容】

 次世代を担うブレイク候補芸人が、番組と世間から“推され”ることを目指し、ネタでアピール!“推され”れば、次週の出演権を獲得できる勝ち抜き型ネタ番組!ブレイク候補芸人2組が、推されることを目指して、3分ネタで対決!ネタ終了後、“どっちの芸人を推したいか?”をジャッジ!支持を多く集めた芸人が次週の出演権を獲得。毎週8組の芸人が登場し、4回の対戦を想定。勝ち抜けば連続で番組に出演でき、ブレイクのチャンスをつかむことができるという新しい芸人発掘ネタバラエティー。

【キャスト】

おぎやはぎ(小木博明 矢作兼)
松岡茉優

【スタッフ】
演出・チーフプロデューサー
藪木健太郎
2014年10月スタート
毎週水曜24:10~24:35
※AKB調べ

いつも「選ばれる」存在のAKB48が、この番組では「選び、発信する」側に!AKB48が世の中の気になる事象について赤裸々に本音を言う、マーケティングバラエティー。

【内容】

 最年少12歳から、最年長28歳まで、ティーンから20代という広告業界・テレビ業界にとって、最も重要な若い女性層であるAKB48。彼女たちの、本音や指向、考え方は、ある意味、同年代の代表とも言える。この番組では、そんなAKB48メンバーに、芸人でつきあうなら誰?好きな男性のしぐさは?いまハマっている食べ物は?など、世の中の気になる様々な事象について、赤裸々に本音を言わせてしまう。

 いつも誰かに「選ばれる」存在である、AKB48メンバー。選抜総選挙、番組の出演、公演の立ち位置…。常にスタッフに、ファンに選ばれる立場である彼女たち。しかし、そんな彼女たちが、この番組では「選び」、「発信する」側になるのである。ありそうでなかったマーケティングバラエティー『※AKB調べ』。この番組を見れば、今一番知りたい“世の中”がわかる!

【キャスト】

指原莉乃(HKT48)
土田晃之
AKB48

【スタッフ】
プロデューサー
浜野貴敏
制作
フジテレビバラエティ制作センター
PAGETOP